スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい177話ネタバレ考察感想あらすじ!波乱の修学旅行が終わりを告げる

漫画ネタバレ

2020年4月30日発売の週刊ヤングジャンプ2020年22・23合併号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』177話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜177話は、早坂は事後処理もあってこれ以上修学旅行に同行する事は出来なくなりました。

 

主従関係も終わったので、ここからは自由にやりたいことをすると言って去っていく早坂。

 

翌日、かぐや達は思いっきり修学旅行を楽しみ、楽しい時間はあっという間に過ぎていってしまいました。

 

そして学校へ登校する際、ある人物とかぐやは会う事になったのです。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜177話『早坂愛と四宮かぐやの友達』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 176話 一覧 178話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

かぐや様は告らせたい177話のあらすじネタバレ

かぐやとの主従関係も無くなり、早坂は自分の修学旅行はここまでだと言いました。

 

その理由は雲鷹の側近を振り切る際に髪を切ったからなのと、事後処理があるからでした。

 

かぐやはそれが終わったらどうするつもりなのかと尋ねると、早坂はまだ何も未定だがかぐやに仕えてからかなり多くの貯蓄があるから最初は海外を回ろうとしていたけど、折角自由になったからやりたい事をすると言いました。

 

最後に早坂は修学旅行を楽しむように言ってかぐやの元から去っていきました。

 

翌日、白銀の元に女子生徒達が早坂の事について聞こうと向かってきたのです。

 

噂としては早坂の身内の人が小豆の先物取引の詐欺に遭い、養殖してたアザラシが集団脱走してしまった事になっており、滅茶苦茶な噂に白銀は驚いている様子でした。

 

更に風祭と豊崎もやって来ると、白銀の祖母のポテチの転売に大失敗と言う噂は本当なのかと聞きに来ました。

 

白銀は千花に誤魔化すように指示していましたが、余りな誤魔化し方に白銀はどういうストーリーを話せばこうなるんだと彼女を睨みます。

 

対する千花はてへぺろをしていたのでした。

 

そして女子生徒達と豊崎、風祭に早坂はもう来れない事を報告すると女子生徒達は残念がっており、風祭は今日は一緒に回れるんだろうと白銀に聞きます。

 

そうしたら白銀は理由をつけて別行動をしてもいいかと提案し、その理由はかぐやとデートをするためでした。

 

かぐやは白銀達の会話を聞きながら何度も振り向いたり、そわそわしていました。

 

その様子から女子生徒達は白銀とかぐやはデートをするんだと思っており、早坂と白銀がいい雰囲気だったのを見ていた彼女達の脳内は恋愛脳状態でした。

 

白銀の別行動を許可した風祭と豊崎も最後のチャンスとしてマスメディア部のかれんとエリカにガチで告白しようとして、猛ダッシュで彼女達の元へと向かいます。

 

そうしたら女子生徒達は早坂もかぐやもいないから一緒に回らないかと風祭と豊崎を誘うと、彼らはあっさり了承しました。

 

その事を感じ取ったかれんは怒りに満ちている様子でした。

 

そして白銀とかぐやは一緒に行動すると共に早坂について話をしていました。

 

かぐやは早坂はいつも自分の感情を抑えていて、ずっと助けてほしいと言っていたのに早坂の苦しみに理解してあげられなかったと主人失格と言う表情をしながら言います。

 

話を聞いていた白銀はカラオケの時ももしかしたら早坂なりのヘルプだったのかもと心の中で呟いたみたいです。

 

最初は白銀と早坂が京都を回ると言い出した際には嫉妬したけど、白銀が早坂を守っていたのだと気づけたかぐやはその事でお礼を言います。

 

白銀は礼を言われるようなことはと言いかけるも、振り返ったら言われるようなことしかしてなかったけどそれを言うのもカッコ悪いので隠蔽したようです。

 

最後に早坂はこれからどうするのかをかぐやは呟きつつも、彼女のために修学旅行を楽しもうと言って白銀の手を握りました。

 

それから一緒でしたが、途中で千花がやって来てしまったので結局3人で行動する事になりました。

 

そして楽しい修学旅行はあっという間に終わりを告げたのでした。

 

翌日、かぐやはいつも通り車で学校へ行こうとしていましたが、シュシュを左手につけていて髪も少し切った早坂が緊張した面持ちで一緒に学校へ行こうと言い、かぐやの事も呼び捨てにしました。

 

かぐやもこうなれたらいいと思っていたと泣きそうな顔をしていて、早坂の事を下の名前である愛と呼んで一緒に学校へと徒歩で向かうのでした。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい177話の感想と考察

殆どの生徒達が知らない中繰り広げられていた四宮家の騒動が一応決着を迎えたようですね。

 

話の最後から察するに、早坂はかぐやに仕える従者として学校に通うのでなく一生徒としてかつかぐやの友人として学校に通う事を決めたみたいですね。

 

以前早坂はかぐやみたいに恋をしたり、色々な事に一喜一憂したりと普通の女子生徒みたいな生活がしたいと言っていましたからこの決断に至ったのだと思います。

 

かぐやもこうなれたらいいと言っていたので、早坂とは主従関係以外では対等に話し合えるような友達として接したがっていたのでしょうね。

 

それを踏まえると主従関係ではないけど、友達としての関係で再スタートとなるのでハッピーエンドではないかなと思いますね。

 

次回178話は石上とつばめのデートの話になるのではないかと思います。

 

時期的にはかぐや達が修学旅行をしていた頃なのではないかと思います。

 

ようやくデートにまでこぎつけたのですから、石上も舞い上がっている事でしょう。

 

しかし、このデートは一筋縄ではいかないのではないかと思います。

 

その理由は生徒会が調査していた石上の過去に関するファイルを伊井野の友人である大仏がつばめに渡したからです。

 

全てはつばめがファイルを読んでどう思うかで、デートの結果は変わって来ると思います。

 

<< 176話 一覧 178話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました