スポンサーリンク

ヒットマン91話ネタバレ考察感想あらすじ!若葉の告白の答えを言う龍之介

漫画ネタバレ

2020年4月28日発売の週刊少年マガジン2020年22・23合併号で、『ヒットマン』91話が掲載されました。

 

ヒットマン91話は、若葉の部屋へと行った龍之介は彼女に対して告白の返事をしようとしていました。

 

しかし、若葉は仕事の関係者とか未成年だからという理由での断りは認めないつもりでした。

 

龍之介は何故自分なのかと若葉に聞くと、彼女は色々な理由があるがそれらではなく直感だと答えると共に龍之介なら結婚したいし、子供を産みたいと積極的に攻めます。

 

果たして、超肉食女子が如くグイグイ押してくる若葉に対して龍之介はちゃんと返事を言えるのでしょうか。

 

本記事では、ヒットマン91話『若葉への返事』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 90話 一覧 92話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ヒットマン91話のあらすじネタバレ

意を決して若葉の部屋へと立ち入った龍之介は若葉に対して告白の返事を言おうとしていました。

 

今にも言おうとしていた龍之介だったが、何故か若葉の手によって自らの口を塞がれてしまいました。

 

その理由はフラれるかもしれないのが分かったからでした。

 

若葉曰く自分は馬鹿ではあるが、そういう空気なのは把握できるとの事です。

 

そして若葉は自分がフラれる理由が仕事上の関係である事であるとかまだ未成年であるからという理由では納得できないと龍之介にはっきりと言います。

 

その理由はその条件をクリアすればOKになるからでした。

 

そういう前提を踏まえて返事をしてほしいと言う若葉に龍之介は戸惑いつつも、自分も質問していいかと言います。

 

龍之介は何で自分みたいなイケメンでもないし、金も権力もない奴の何処が好きになったのかと若葉に聞きます。

 

それを聞いた若葉は自分で言って虚しくないかと言いつつ、外堀から埋めよう作戦としては悪くないと言ったのだが、龍之介からしたらただ聞いただけなのでそのつもりはありませんでした。

 

理由としては無名の自分をヒロインの座に推し、困っていたら助けてくれて、ボイストレーナーを懸命に探してくれて、自分の方言を信じてくれたからです。

 

しかし、それらが理由ではなく、ただの直観だと若葉は言います。

 

若葉は龍之介と会って話した際にこの人が好きだと、この人だったら結婚したいし子供も欲しいと思っていたのです。

 

それ故に自分と結婚して子供をいっぱい作ろうとグイグイ迫る若葉。

 

その姿に龍之介は大いに戸惑っていました。

 

若葉は今はお試しでもいいから自分を彼女にしてほしいと頼み、龍之介は本当に変な子だなと思っていました。

 

そして龍之介は若葉を彼女にしたら楽しいだろうなと言いつつも、自分には翼がいるから付き合えないとはっきりとNOを突きつけたのです。

 

対して若葉は翼は誤魔化し方が下手だったから何となくそうかなと分かっていたみたいでした。

 

そんな彼女に龍之介はそれならどうしてと聞くと、若葉は自分の事が大事で彼女がいる事も秘密にすると言う中途半端な気持ちで翼と付き合っているならチャンスがあるのではないかと思ったと言います。

 

しかし、実際そうではなかったので駄目だったみたいと泣き始める若葉。

 

そんな彼女を龍之介は宥めようとしますが、若葉は嘘泣きをしていました。

 

若葉曰くラブレター2話目のシーンに納得がいかず、ヒロインと同じ事をすれば理解できると思って龍之介を巻き込んでしまったとの事でした。

 

そうしたら龍之介は完全に騙されたと笑みを浮かべながら言うと共に立石の伝言として福島でヘッジホッグスのライブがあるからサプライズゲストのオファーがあった事を報告しました。

 

用件を伝えたので龍之介は去ろうとし、それと同時に自分が若葉と付き合うと言う選択肢を蹴った事を後悔するくらい凄いライブをして大人気声優になるように言いました。

 

その事を聞いた若葉は凄いライブすると言うと、龍之介はおやすみと言って出ていったのです。

 

一人になった若葉はそういうところが好きになったのだと呟き、龍之介は何処か罪悪感に満ちた表情をしていました。

 

スポンサーリンク

ヒットマン91話の感想と考察

まぁ、龍之介からしたら翼という彼女の存在がありますので当然の返答だったとは思いますが、結構な罪悪感があったのではないでしょうか。

 

若葉は直感で龍之介の事を好きになったようですが、彼女の様子からだと龍之介が自身の初恋の対象になったと言っても過言ではありません。

 

だから一人になった際に落ち込んだ様子を見せたりしたのではないかと思います。

 

そんな純真な子の告白を翼がいるとはいえフッてしまったのですから、もしかしたら龍之介は初恋だったかもしれないから傷ついてしまったのかもとか、下手すれば恋愛不振になってしまうのではないかとか、仕事に支障をきたしてしまうのではないかと思っているはずです。

 

次回92話ではヘッジホッグスのライブの話になって来るのではないかと思います。

 

取りあえず一番最初は現場への移動のシーンになると思いますが、龍之介と若葉の間には間違いなく気まずい空気が流れる事になるのではないでしょうか。

 

龍之介は若葉をフッてしまった罪悪感があって、彼女と会ってもどんな顔をして会えばいいのか分からず、顔を合わせづらいのではないかと思います。

 

対して若葉も龍之介の前では普通に対応すると思いますが、心の中ではかなり辛い思いを抱いているのではないでしょうか。

 

<< 90話 一覧 92話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました