スポンサーリンク

エデンズゼロ92話ネタバレ考察感想あらすじ!ラビリアに起きる異変

漫画ネタバレ

2020年4月28日発売の週刊少年マガジン2020年22号・23号で、『エデンズゼロ』92話が掲載されました。

 

『エデンズゼロ』92話は、まず魔王四煌星とエレメント4のバトルに決着がつきます。

 

ホムラとシルフ&ウィッチとラグナ、それぞれ勝者はどちらだったのでしょうか?

 

続いて、ドラッケンがあることに気づきますがそれは何だったのでしょうか?

 

そして、倉庫で話すレベッカたちでしたが、突然ラビリアが話し時めるのと同時に異変が起きます。

 

その異変とは?

 

本記事では、エデンズゼロ92話『エデンズの剣』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 91話 一覧 93話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

エデンズゼロ92話のあらすじネタバレ

「ドラッケンに吸収…される」

 

パニック状態に陥ったシルフをホムラはじっと見ていました。

 

その直後、髪飾りが起動した途端、感情を抑えるための機能が作動してシルフは冷静さを取り戻しました。

 

「あなたの風は私が受け止めてあげるの」

 

そう言って、再び風を起こすシルフに対してホムラも風を起こして防ぎます。

 

吹き荒れる風の中で吹き飛ばされるシルフとホムラ。

 

そんな中、風に巻き込まれてとんできたテーブルを足場にして移動するホムラでしたが、シルフの風に閉じめられそうになります。

 

「戦乙女二刀亜流鶴楼風陣‼︎‼︎」

 

ホムラはこの技で脱出してシルフに迫ろうとします。

 

ホムラの強さを目のあたりにして気が動転するシルフ。

 

この時、髪飾りは感情の変化を察知して起動していました。

 

「戦乙女一刀流竜閃華‼︎‼︎」

 

この技喰らってついにシルフはダウンしてしまいました。

 

一方、ウィッチとラグナの戦いにも決着がつこうとします。

 

「エデンズグリッター‼︎‼︎」

 

直撃を受け苦しむラグナはダウンしてしまいました。

 

これにより、エレメント4と魔王四煌星の戦いは魔王四煌星の全勝で幕を閉じるのでした。

その頃、容器の中にいたドラッケン。

 

腕は老化して細くなっていましたが、握って力を入れると若返って元の姿に戻りました。

 

「急いでキャットの力を手に入れねば」

 

少しでも早く若い肉体に戻りたいドラッケンはあることに対して疑問を抱きます。

 

それは、ラビリアが捕まっていることを知らないはずのシキたちが堂々と乗り込んできたのかということ。

 

さらに、エデンズゼロに侵入したマリアたちから連絡がないことにも疑問を抱きます。

 

「覚醒しているのかキャットリーパー」

 

これらのことから、レベッカのキャットリーパーの能力が覚醒していることと、その力をいまのレベッカが引き継いでいるのではないかと考えました。

 

一方、倉庫で話すレベッカたち。

 

その時、レベッカは生命維持装置がどこかにあるのではないかと考えていました。

 

それを探すことをワイズは考えていましたが、シビルはその場所に心当たりがあるようでした。

 

しかし、ドラッケンを倒すのは無理だと思っていたので戦わないように説得しようとします。

 

シビルがそのように考えたのは、生命維持装置を壊したとしてもドラッケンの体はすぐに老化しないと思っていたからでした。

 

シビルの話を聞いて残念がるレベッカと一時撤退すべきと考えるピーノ。

 

「ドラッケンを倒すなんて面白いじゃない」

 

今までみんなの話をただ聞いているだけだったラビリアが突然話し始めます。

 

急に話し始めたので彼女の方を振り向くレベッカでしたが、その直後、突然驚いた表情をします。

 

同時にシキとワイズも驚いていました。

 

「いいわ手を貸してあげる」

 

ラビリアはこのように言いますが、この時彼女は顔は口だけ残して他は渦の模様になっていました。

 

スポンサーリンク

エデンズゼロ92話の感想と考察

まずは、ホムラvs.シルフの勝負に決着がつきましたが、『吸収』ということは謎のままに終わってしまいました。

 

今後の展開でシルフがどうなるか期待しようと思います。

 

そして、『エデンズの剣』というタイトルにふさわしいホムラの必殺技の『竜閃華』。

 

決着の付け方としてはとても良かったと思います。

 

さらに、ウイッチとラグナの戦いも決着がつきましたが、『シスターvs.ラグナ』という形で

描かれなかったのは少し残念でした。

 

29号世界でラグナとバトルがエレメント4の中で少し長めに描かれていたので、その代わりに30号世界では他のエレメント4のバトルを注目させたのかもしれません。

 

続いて、ドラッケンがついにレベッカのキャットリーパーの力が覚醒していることにを気づきました。

 

そして、一番驚いたのはラビリアの異変。

 

果たしてラビリアに変装しているのは一体誰なのかについてですが、もしかするとシャオメイの可能性が高いと思います。

 

次回の最初はまず最初に正体が明らかになると思うので、誰なのかとても楽しみです。

 

そして、次回の『処刑場』の展開予想ですが、まずラビリアに変装してた人物が明らかになり、ドラッケン打倒について作戦を告げる。

 

その後、作戦どおり行動するシキたちの前にドラッケンが登場してバトルが始まろうとするところで続くという終わり方になると思います。

 

<< 91話 一覧 93話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました