スポンサーリンク

リビドーズ52話ネタバレ考察感想あらすじ!クラタの妻子も島にいる!?

漫画ネタバレ

2020年1月23日発売の週刊ヤングジャンプ2020年8号で、『リビドーズ』52話が掲載されました。

 

リビドーズ52話は、アカリがいる島へ向かう事にしたイサムと間渕に対し、翌朝にはクラタとミキヤも加わる事になりました。

 

早速動き出すと、すぐさま軍に気付かれてしまったのでイサムが追い払ったのです。

 

そしてクラタは自分は結婚していて男女が隔離される前に子供を身ごもっている妻がいると、そして子供も生まれているはずであり、彼女達はアカリと同じ島にいるはずだと言いました。

 

果たして、クラタの家族は無事なのでしょうか。

 

本記事では、リビドーズ52話『顔も見ねぇで死ねるかよ』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

リビドーズ52話のあらすじネタバレ

イサムと間渕がアカリを助けに行くと決めたその日の夜、彼らの話を聞いていたクラタとミキヤは中々寝付けずにいました。

 

その理由は彼らの話を聞いた事で興奮しているからで、ミキヤはイサムやアカリの事を気にしており、イサムみたいに大事だと心底思える人がいないから羨ましく思っているようでした。

 

対してクラタは無言で聞いており、可愛らしい熊のぬいぐるみを見つめていました。

 

翌日、イサムと間渕は出発する準備を終えており、イサムに関しては服装や髪がかなりさっぱりしていたのです。

 

そんな中、ミキヤは自分も行きたいと言って挙手し、運転ができる上に封鎖されていない道も知っているから役に立つはずだと述べます。

 

クラタは外にはアンドロギュノスが沢山して、勝手に動いたら軍隊が動いて始末されるからやめるようにミキヤに言うと、彼はワクワクするような方へ行くって決めてると帰したのでクラタはあんぐりしたのです。

 

イサムは足手纏いにならなければ構わないと言い、間渕は足が悪いので若い者がいれば心強いと言うと、クラタはどうすると聞きます。

 

そしてクラタに生半可な気持ちならやめておいたほうがいいと忠告する間渕。

 

一瞬、赤ちゃんのエコー画像が頭に過ぎったクラタは答えに窮しており、イサムは早く決めるように急かします。

 

そして間渕は昨日の騒ぎで住民にこの動きが気づかれているかもしれないからすぐにここから出ると言うのでした。

 

間渕の予想通り、住民からのタレコミで様子を伺いに来た自衛隊員達がやって来て、間渕達がいる仮住宅に踏み込むと誰一人いません。

 

4人は道路を走っており、成り行きで行動しているクラタにミキヤは本当に良かったのかと聞くと、彼は分からないと答えるのでした。

 

しかし、かなり早い段階で自衛隊員達が乗る車に見つかってしまいます。

 

捕まらないように走るクラマの脳裏には妊娠している女性の姿が浮かび上がっていたのです。

 

自衛隊員達が乗る車の目の前に右腕を巨大化させたイサムが急に現れると、その一撃で車を止めると邪魔をするなら許さないと言いました。

 

生きていた自衛隊員は拳銃をクラタに向けるも、彼は子供の顔を見ないで死ねないと思って撃たれる前に拳銃を蹴り飛ばして、自衛隊員を殴るのでした。

 

そしたら女の子だったんだと意味深な言葉を述べるクラタ。

 

彼は隔離される前に付き合っていた女性が妊娠したから結婚して、産まれてくる女の子のために、仕事を頑張ってきて子供ために生きようとしていたのにこんな事になっちまったと涙を滲ませながら語ります。

 

そして知り合いの情報屋に探らせたら何処の駐屯地にも存在しないから、もしかしたらアカリと同じ島に妻子がいるかもしれないとクラタは言ったのです。

 

続けてクラタは熊のぬいぐるみを取り出し、これを娘に渡したいから自分も連れていってほしいと頼みます。

 

クラタの娘の名前はのぞみだったので、間渕は涙を抑えきれないのか手で顔を隠しつついい名前だと呟くのでした。

 

スポンサーリンク

リビドーズ52話の感想と考察

クラタに妻子がいるとは思いませんでしたね。

 

人は見かけによらないとはこのことだなと思いましたね。

 

妻子のために島に行きたいという強い思いに間渕は感動した様子であり、イサムもクラタにとって妻子の存在は自分で言うところのアカリみたいなものだと思っていると思いますので、仲間に加えてくれるでしょう。

 

しかし、ミキヤはワクワクする方に加わると言っていましたが、間渕はクラタに生半可な気持ちで参加するなと言っていましたがミキヤの気持ちも生半可じゃないかなと思いましたが、彼らからしたら問題ないのでしょうね。

 

次回は車を奪って動き出すのではないかと思います。

 

追手の自衛隊員達が右腕を巨大化させたイサムの一撃で阻止しましたが、他の自衛隊員達が動いた者達が中々戻ってこないからしくじったなと思って動き出す可能性は十二分にあるでしょう。

 

幾ら、イサムが強くても他の3人は普通の人間ですので戦いは避けたいはずですので使えそうな車を拾って今の場所から離れるのではないかと思います。

 

運転はミキヤが出来るそうですし、地理も頭に入っていると言っていましたから彼が中心になって来るでしょう。

 

それに、今回の話の最後で正式に仲間になったクラタが出来る事も次回明らかになるのだと思います。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました