スポンサーリンク

鬼滅の刃203話ネタバレ考察感想あらすじ!炭治郎を救う手

漫画ネタバレ

2020年4月27日 発売の週刊少年ジャンプ2020年21・22合併号で、『鬼滅の刃』203話が掲載されました。

 

鬼滅の刃203話は、鬼になってしまった炭治郎に誇張の薬を投与したところから始まります。

 

鬼と化し自我を失い、無差別に人を襲う炭治郎。

 

赤い日輪刀も陽光も効かない炭治郎を、みんなが傷だらけで抑えようとします。

 

カナヲは胡蝶が残した、鬼を人間に戻す薬に一縷の希望を託し、命からがら炭治郎の背中へと打ち込みました。

 

本記事では、鬼滅の刃203話「数多の呼び水」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 202話 一覧 204話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

鬼滅の刃203話のあらすじネタバレ

涙を流しながら「家に帰ろう」と、炭次郎に呼びかける禰豆子。

 

禰豆子の声は炭治郎に届いていました。

 

炭治郎は、無惨の意識下の中で肉の塊のようなものに埋もれ、「帰りたい」と涙を流しています。

 

左腕を宙に伸ばし、家に帰して欲しいと神様に願う炭治郎。

 

その腕には無惨の思念として、二つの目がまとわりついています。

 

「家族の死骸が埋まっているだけの家に帰ってどうなる」と問う無惨。

 

「幸せな日々の思い出が残ってる、だから帰る」と炭治郎は塊から向け出そうとします。

 

無惨は炭治郎に、それは無意味で禰豆子は炭治郎が殺して死んでしまったと伝えます。

 

しかし、炭治郎はそれを信じません。

 

そして現れたのは、炭治郎の背中を押す無数の手。

 

死んでいった炭治郎の家族が塊の中から現れ、炭治郎を塊から押し出します。

 

無惨は、仲間達を傷つけた炭治郎の戻りなど誰も望んでいないと言い、炭治郎を留めようとします。

 

「戻って謝りたい」との炭治郎に「謝っても許されない」と無惨。

 

炭治郎は、背中を押してくれる力を借りて左腕を更に上へと伸ばします。

 

みんなが炭治郎を心配している事を、匂いで感じ取っている炭治郎。

 

無惨は、伸ばした腕の思念から実体化し炭治郎に言います。

 

「お前は私の意思を継ぐものだ」と。

 

痣の代償で炭治郎の命はあと数年だが、鬼でいれば無限の命を手に入れられると続ける無惨。

 

人を信じたり希望を見ず自分のことだけを考えろ、と無惨は炭治郎を諭します。

 

それでも、炭次郎は人間として死ぬ事を選び、みんなの所に帰るため必死に腕を伸ばします。

 

そんな炭治郎に無惨は、大勢のものが死んだのにお前だけが生き残るのかと突き付けます。

 

炭治郎の表情が固まり、無惨の肉のが炭治郎の体を覆おうとしたその時。

 

炭治郎は背中に感じる、さっきとは違う複数の手に気がつきます。

 

それは、鬼との戦いで死んでいった柱や鬼殺隊の仲間達。

 

手を伸ばしている先からは、胡蝶のような藤の花の匂いがしてきます。

 

炭治郎の視線の先には一面に藤の花が。

 

そこから2本の腕が伸びてきます。

 

「お兄ちゃん帰ろう」と禰豆子が、炭治郎の手をしっかりと両手で握りしめます。

 

無惨は、行かないでくれと必死に炭治郎にしがみつき叫び続けます。

 

自分の意思を継いでほしいと、何度も頼み訴える無惨。

 

藤の花からは、新たに善逸、伊之助の手が丹次郎の腕を掴みます。

 

「戻ってこい」「負けるな、こっちだ」と。

 

2人だけではなく、たくさんの腕が炭治郎を引きあげていきます。

 

そして、そこに残るのは炭次郎から引き剥がされた、無惨の悲痛な叫びだけでした。

 

炭治郎は藤の花に包まれ目を閉じます。

 

次に目を開けると、炭治郎は沢山の鬼殺隊に囲まれています。

 

泣きながら炭治郎を呼ぶ禰豆子に、怪我をさせた事を謝る炭治郎。

 

鬼殺隊達は炭治郎が戻ってきた事に大喜びです。

 

炭次郎に胡蝶の薬をさしたカナヲも一命を取り止めています。

 

建物の中から様子を見守っていた兪史郎。

 

大喜びする鬼殺隊達の声を聞き、珠世の簪を握りしめ涙を流しながら戦いが終わった事を

伝えます。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃203話の感想と考察

炭治郎が戻ってきてくれました。

 

最終決戦が始まり、毎回息もつかぬ展開で涙涙でしたが、今号の話が一番泣いたんじゃないかと思う位でした。

 

もちろん、炭治郎が目を覚ました事もそうですが、無惨と炭治郎のやりとり中も涙が溢れてきます。

 

戻った場所には自分が傷つけた人達がいる、それでも戻って謝りたいと思う炭治郎。

 

そして、その炭治郎を助け出すかのように下から押し上げる無き家族と柱や鬼殺隊の仲間。

 

頑張れ炭治郎!と何度も頭の中で叫びました。

 

そして、無惨の最後の叫び。

 

なんだか、心に響くものがありました。

 

大勢の人たちに助けられていく炭治郎とは対照的に、無惨は1匹取り残されます。

 

無惨も彼なりに、誰かと、何かとつながっていたかったのかな、と。

 

ひとりぼっちになるのは無惨でも、やっぱり寂しいものなのかなと心がギュッとなりました。

 

そして、死んでいった人達は下から、生きているもの達は上から炭治郎を救おうとする構図にも、心を打たれました。

 

何はともあれ、炭治郎が復活。

 

大泣きしながら炭治郎から離れない伊之助の気持ちが、痛いほどわかります。

 

次号クライマックスとの表記があり、戦いの後にみんな何を思うのかが楽しみです。

 

<< 202話 一覧 204話 >>
鬼滅の刃を漫画BANKやpdfダウンロード以外で無料で全巻読める方法を調査!
本記事では、漫画『鬼滅の刃』の全巻を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法を調査しました...
鬼滅の刃1期アニメ動画をアニチューブやパンドラ以外で無料でフル視聴する方法を紹介!
本記事では、『鬼滅の刃1期』のアニメ動画を全話無料で視聴する方法を紹介いたします。 もちろんアニチューブやパンドラなどの違法動画サイトとは違って、安心して安全に無料視聴できる方法ですので、ぜひ参考にしていただければと思います。...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました