スポンサーリンク

虫かぶり姫ネタバレ7巻(7話)考察感想あらすじ!4年前交わされた婚約条件

漫画ネタバレ

『虫かぶり姫』は、月刊コミックゼロサムにて連載されている由唯原作による喜久田ゆいの人気漫画です。

 

虫かぶり姫7話では、貴族全員からエリアーナは認められ、クリストファーの妃として迎えることに拍車がかかり、クリストファーは喜びました。

 

これまでの想いを真剣に伝えるクリストファーに、エリアーナは・・・。

 

本記事では、『虫かぶり姫』7話(分冊版7巻)のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 6話 一覧 8話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画『虫かぶり姫』7話のあらすじネタバレ

テオドールは、エリアーナの身に何かあってはいけないと思って王宮書庫から遠ざけようとしていたとエリアーナに謝ります。

 

アレクセイとグレンも、エリアーナの身に何もなくてほっとしている表情を見て、エリアーナはまたこの方たちと一緒にいていいことに、とてもほっとしていました。

 

テオドールは、よくあの状況で成婚話に持っていったなとクリストファーに言うと、最後まで認めてもらえなかったカスール伯爵も認めてもらったからベルンシュタイン翁も納得してくれるだろうと言います。

 

エリアーナは、クリストファーが「ベルンシュタイン翁」つまり、自分のおじいさんの名前を出したことが不思議でなりませんでした。

 

そこへアランがやってきて、エリアーナに挨拶します。

 

エリアーナは4年間いたのにも関わらずアランがクリストファーに仕えている宮廷楽師とは知らなかったと謝ります。

 

すると今度はエリアーナの兄がやっていて、騒ぎがあったと聞いたが大丈夫かとエリアーナを心配します。

 

クリストファーはエリアーナの兄に、ベルンシュタイン翁と侯爵に条件は全て満たしたと伝えてほしいと言います。

 

兄は伝えますと言った後、また妹にあんな辛い顔をさせたら一族総出の頭脳で許しませんからとクリストファーに警告します。

 

そして兄は、クリストファーとエリアーナに、陛下と宰相閣下が事の説明をするように呼ばれていたと伝えると、クリストファーは王家の存亡に関わる一大事だから少し時間をもらうと伝えてほしいと言います。

 

クリストファーはエリアーナを連れていきます。

 

クリストファーが言う「王家の存亡に関わる一大事」とは何事なんだろうとエリアーナが慌てていると、連れてこられたのは、いつもの執務室でふたりっきりになっていました。

 

クリストファーはエリアーナの頬に手を当てながら、今まで誤解と不安をたくさん与えてしまってごめんと謝ります。

 

エリアーナはクリストファーとの距離が近くて、胸がドキドキしていました。

 

クリストファーはエリアーナと婚約する4年前に何があったのかを話し始めます。

 

4年前、エリアーナのおじいさんであるベルシュタイン翁と、エリアーナのお父さんである侯爵の2人から婚約するための条件を2つ出されたと言います。

 

1つは、ベルシュタインの隠し名を使わずに、貴族たち全員から二人の結婚の賛同をもらうことで、もう1つは、エリアーナの関心を本よりもクリストファーに向けることを出されました。

 

さらに期限は4年でそれまでに2つの条件が満たされなければ婚約は解消すると、ベルシュタイン翁と侯爵から言われたのでした。

 

スポンサーリンク

漫画『虫かぶり姫』7話の感想と考察

テオドールもグレンもアレクセイも、エリアーナのことを避けていたわけではなく、エリアーナを守るために少し冷たいと感じるような態度になっていたことがはっきりしてほっとしました。

 

クリストファーがエリアーナと二人きりで今まで不安と誤解を与えてごめんねと謝るところが、すごく優しくて紳士で、かっこいいですよね。

 

ふたりっきりで、それも頬や耳を触られながら話をされたら、エリアーナが赤面してしまうのも分かります。

 

エリアーナの身体が恥ずかしくて固まってしまうところも可愛いですね。

 

本当に今までエリアーナは男性を好きになることがなくて初めてのことなんだなと思うと、純粋で素直で、そんなエリアーナがとっても可愛いです。

 

しかし4年前の婚約前に、エリアーナのおじいさんとお父さんからそんな条件を出されていたなんて想像もしていませんでした。

 

それにベルシュタイン家の「隠し名」ってなんなんでしょうか。

 

エリアーナは全く知らないけれど、どうやらベルシュタイン家ってめちゃくちゃすごい一族のようですね。

 

お父さんもお兄さんもエリアーナも、みんな本が大好きで、穏やかな優しい性格の家族というくらいしか思っていなかったのですが、エリアーナの一族には秘密があるのかもしれません。

 

次の8話でベルシュタイン家の謎について明らかになってほしいです。

 

<< 6話 一覧 8話 >>
虫かぶり姫を漫画BANKやpdfダウンロード以外で無料で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では漫画『虫かぶり姫』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後までし...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました