スポンサーリンク

アクタージュ110話ネタバレ考察感想あらすじ!一歩も引く気配のない景!

アクタージュ

2020年4月27日発売の週刊少年ジャンプ2020年21・22合併号で、『アクタージュ』110話が掲載されました。

 

アクタージュ110話は、CM撮影の仕事を子役である皐月と共に行う景でしたが、憑依型の彼女にとってはバックボーンが漠然としている演技のCMは余り向いていません。

 

大衆のスターになるためには場合によって仮面をつける事も必要なのですが、嘘をつけない景はそれが出来ませんでした。

 

それでもCMを完全に成功させるために景は商品を好きになる事を決意して、商品の開発者に電話を始めました。

 

果たして、この調子でCMを完成させる事が出来るのでしょうか。

 

本記事では、アクタージュ110話『宣伝』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 109話 一覧 111話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

アクタージュ110話のあらすじネタバレ

漠然としたバックボーンのCMに苦戦しながらも景は子役の皐月と共に演技をします。

 

監督は凄い迫力だったと感心している様子でした。

 

皐月は景のお芝居がさっきと今とでは全然違ったのでどういう事なのかと尋ねました。

 

対して景は人物に設定がないから母親が命を落として父親がいなくなったから全部が嫌になって走り出すけど、支えてくれるのは何時だって家族なのを思い出した娘という設定を作ったと答えました。

 

そんな中、関係者の表情は渋いものでした。

 

その理由は景の演技には迫力があったものの、本当は可愛い姉妹の掛け合いとシェアウォーターを美味しそうに飲むのがCMのコンセプトなので今の景の演技はコンセプトとはかけ離れたものだったからでした。

 

関係者は監督にその事を伝えると、監督は今のを抑えにして最初のパターンを撮ろうと言います。

 

しかし、最初のでは気持ちが入らないので景としては余り納得がいきません。

 

監督はどっちも撮って後でどっちを使うか決めようという妥協案を出すが、さっきはOKだったのにどうしてと景は引き下がらない構えです。

 

様子を見ていたアリサは監督の言葉は絶対なのだから受け入れるように言ったので、場の空気がピリピリし始めます。

 

皐月もその空気を感じ取ったので引き下がるように小声で言いますが、景は役を考え直すから監督はどういう気持ちでこの話を考えたのかを教えてと言って引き下がる気配が一向にありません。

 

せめて黒山みたいにどういう気持ちを撮りたいのか教えてほしいと思う景。

 

しかし、CMは目には見えない理想に応えるような芝居が必要なので、景には経験したことが無い芝居でした。

 

千世子が言っていたのはこういう事でずっとこの世界で演じてきたんだと思った景でしたが、アリサに対して自分の納得が出来ないお芝居は出来ないと言いました。

 

対してアリサは俳優の都合はこっちには関係ないから、俳優は意地でも求められる芝居をするように言うも、景は人形を演じろと言っているようにしか聞こえないので応じられません。

 

そうしたらアリサからこの世界での戦いを覚えろと言っているだけで人形を演じろとは言っていないと、人が人に何かを紹介したくなるのはどういう時なのかと景に問いかけたのです。

 

景は自分が好きなものを好きなって貰いたい時だと呟くと、シェアウォーターを飲みました。

 

飲んだ結果、余り美味しくないと言うのが景の感想でした。

 

景は監督にシェアウォーターを作った人の気持ちが知りたいと直談判し、監督は開発者はもう引退していると困り気味に言います。

 

そうしたらアリサが後押ししてくれたので、景は開発者の方と電話をし始めました。

 

クライアントは自分達の商品を好きになりたいと言ってくれている景を止める様子はありませんでした。

 

皐月はこうまで引き下がらない景の姿勢に疑問を抱くと、アリサは景をよく見ておくように言います。

 

アリサは景がこの世界にやって来たことでここから更なる矛盾や理不尽が襲い掛かって来るかもしれないから、誰の頬も痛ませないように正しい戦い方を学ぼうと心の中で呟きました。

 

スポンサーリンク

アクタージュ110話の感想と考察

普通だったら絶対に出来ないような行動をする景はいい意味でも悪い意味でも凄いなと思いましたね。

 

いい意味で捉えれば、俳優として誇りやプライドを持っており、俳優の仕事を全力にこなそうとしているように感じられると思います。

 

悪い意味で捉えれば、自分の意志を決して曲げる事のない頑固者であり、扱いづらいと感じられるでしょう。

 

場の空気は景の姿勢を悪い意味で捉えており、下手すれば二度とこのような仕事は舞い込んでこない感じになり、最悪干される可能性も十分あると思います。

 

しかし、景は納得できない仕事に関しては納得するまで引き下がらないので干される覚悟もあるのではないでしょうか。

 

この空気を払拭するには開発者との電話で知った事を自らに憑依する事によって、演じる事しか方法としてはありませんので頑張ってほしいと思います。

 

次回111話は景が改めて憑依した演技を披露する事になるのではないでしょうか。

 

開発者の方と熱心に電話をし、説明を聞きながらメモを取っている様子や開発者が笑っている様子からかなり順調に役に入りこめる準備を整えていると言えると思います。

 

それ故にここにいる全員が納得するような演技をすることになるのではないでしょうか。

 

<< 109話 一覧 111話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました