スポンサーリンク

リビドーズ48話ネタバレ考察感想あらすじ!見事に復活したイサム!

漫画ネタバレ

2019年12月5日発売の週刊ヤングジャンプ2020年1号で、『リビドーズ』48話が掲載されました。

 

リビドーズ48話は、助けを求めるクラタを前にして手術着の男ことイサムは雄叫びを上げました。

 

彼は眠りから覚めたと同時に徐々に記憶を取り戻し、高校生時代のイサムの幻覚と共に歩いていると今の状況に出くわしたのです。

 

アンドロギュノスを目の前にした幻覚のイサムは即座に逃げるように促すも、初瀬の事を想っているイサムは自らの拳を大きくしてリビドーズと呟きました。

 

果たしてイサムは、怪物を相手に勝てる事が出来るのでしょうか。

 

本記事では、リビドーズ48話『変わり果てちまって』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

リビドーズ48話のあらすじネタバレ

アンドロギュノスに捕らえられているクラタは目の前にいる男性ことイサムに助けを求めます。

 

しかし、イサムは何も言わなかったのでクラタは思わずおいと声を荒げてしまうのです。

 

そう言われたイサムは僅かに息を吸うと、言葉にならないくらいの大声を叫びました。

 

余りにも大きな声を前にしてクラタは思わず体中が痺れるくらいの衝撃を感じ、近くにいた鳥達やネズミ達は逃げ出すもアンドロギュノスは動じていなかったのです。

 

とても大きな声を出したイサムは息切れを起こしており、クラタは気でも触れてしまったのではないかと思っていました。

 

そしてイサムの脳裏にはある建物が浮かび上がっていたのです。

 

その建物内でイサムは全裸の状態で繭みたいなものの中におり、それが何らかのきっかけで破れて中にいる男性はまるで繭から誕生したかのように出てきました。

 

イサムは咳き込みながら立ち上がろうとするも、突然頭痛を起こして苦しみ始めるのです。

 

そしてイサムはガラスで自分の姿を見ると、自分のほっぺを触り、自分の頭の傷跡を見て、自らの体を触っているうちに記憶が蘇り始めてきました。

 

やがて初瀬の事を思い出すと同時に、記憶が完全に戻ったのかイサムは涙を流すと共に嗚咽し始めるのでした。

 

イサムはこの繭のおかげで助かったのかと思いつつ、ロッカールームへと向かって手術着を着ると、頭の中の奴は取れなかったのかと思います。

 

そして誰かの遺体に目を向けると同時に、高校生時代のイサムの幻覚が姿を現したのです。

 

高校生時代のイサムは今のイサムを見て、大分変わり果ててしまったと、可哀想だと同情しますが今のイサムは何も言いません。

 

そして外へと出ると、人っ子一人いなかったので高校生時代のイサムはえらい状況になっているなと呟くと、どのくらい時間が経ったのかと呟いたのです。

 

取りあえず外を歩き始め、見つけた自動販売機で飲み物を買って飲んでいくが一気に飲んだせいか咳き込んでしまいました。

 

今のところ、誰も見ていないので高校生時代のイサムはもう誰もいないんじゃないかと言うと今のイサムは頭を弄ったせいで幻覚が見えているのかと思ったのです。

 

そして誰かいないのかと心の中で思いながら町を彷徨い始めました。

 

それからアンドロギュノスに捕まっているクラタと出会って、現在に至ったのです。

 

高校生時代のイサムはアンドロギュノスを一目見たら、これはやばいと感じて今のイサムに急いでこの場から逃げるように促しました。

 

逃げるように促す高校生時代のイサムに対し、耳障りだと言わんばかりに五月蠅いと呟く今のイサム。

 

それと同時に初瀬の事を思い出すと、自身の右腕を巨大化させてクラタを驚かせ、同時にクラタは何処かで見たことがあると言う顔をします。

 

高校生時代のイサムはやる気なのかと言うと、今のイサムは何も言いませんでした。

 

そして今のイサムは物陰から様子を伺っていたミキヤに気づいていたのか、自分はリビドーズだと言いました。

 

スポンサーリンク

リビドーズ48話の感想と考察

今回の話で幻覚として高校生時代のイサムが登場しましたが、彼が同乗するのも理解できますね。

 

恐らくこの幻覚のイサムは力を手に入れる前の彼なので、未来の自分がこんな目に遭っているのであれば同情しちゃいますよね。

 

それにアンドロギュノスに遭遇した際も逃げろと促しているのを見ると、普通の人の感覚なのでしょうね。

 

しかし、今のイサムは力を手に入れたので普通の人ではなくなったが故に、目の前にいる敵に立ち向かうのだと思います。

 

クラタが捕まっている状態の中、どう戦うのか気になるところです。

 

次回はイサムがアンドロギュノスを相手に戦う事になるのではないかと思われます。

 

イサムは自らの右腕を巨大化させていましたので、間違いなく戦う気満々なのでしょう。

 

この戦いの結果は、余程の事が無ければ間違いなくイサムが勝つものと思われます。

 

その理由はアンドロギュノスはそれ程理性が無いと思われるからです。

 

知能が優れていれば、捕まえているクラタを人質にする事は造作もないと思われるのに、それをしないのは只々目の前の相手を襲うことしか出来ないくらいの知能しかないからに他なりません。

 

それ故に戦いになれば、攻撃さえ受けなければイサムが勝つことになるでしょう。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました