スポンサーリンク

私の幸せな結婚ネタバレ10話(2巻)あらすじ感想も!美世をよく知る使用人

漫画ネタバレ

『わたしの幸せな結婚』は、ガンガンONLINEにて連載されている顎木あくみ原作による高坂りとの人気漫画です。

 

わたしの幸せな結婚10話では、街で香耶と偶然再会し、散々罵声を浴びてショックを受けて帰ってきた美世。

 

そんな美世の元へお客さんがやってきます・・・。

 

本記事では、『わたしの幸せな結婚』10話「泣かない婚約者」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 9話 一覧 11話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画『わたしの幸せな結婚』10話のあらすじネタバレ

街から帰ってきた美世はすっかり落ち込んでしまい、その夜清霞が家に帰ってきて出迎えた時も夕食の用意はしてあるから自分は下がらせてもらうと言って部屋にこもります。

 

心配で付き添っていたゆり江は、清霞に謝り、街で香耶と出会ったことを全て話をします。

 

それを聞いた清霞は美世になんて声をかけたらいいか分からない、どうしたら自信を持ってくれるのだろうかとぼそっと言います。

 

するとゆり江がそんなのは簡単だと言います。

 

女性は愛されて自信を持つものだから、坊ちゃんが美世を大事にしたら美世も心強いはずだと言います。

 

清霞は美世の部屋の前に行き、少し話がしたいと言います。

 

しかし美世はふすまを少しだけ開けて、申し訳ないが少しの間放っておいてほしいと伝えます。

 

それを聞いた清霞は、いずれお前の悩みはなくなるからあまり深く考えるな、何か言いたいことができたらいつでも聞くからと言います。

 

この日から1週間経っても、美世は変わらず食事を一緒にとることも、見送りや出迎えもなくなってしまい、清霞は頭を抱えていました。

 

さらに斎森家からも何も連絡もなく、変わらず鳥型の式も途切れることなく見張られていて、一体どうしたものかと悩んでいました。

 

そこへ部下の五道がやってきて、隊長がまさか女性のことでこんなに調子を崩すなんて思いもしなかったと少しからかいます。

 

清霞はお前には美世はやらないと言い返しながらも、明日頼んだぞと五道に言います。

 

五道は言われた通り、昼過ぎに駅に行って車で隊長の家に行きますと言います。

 

翌日も美世は部屋にこもり、組み紐を編んでいました。

 

清霞にプレゼントする組み紐はもう編めているが残りの紐で違う図柄を編んでいました。

 

美世は清霞の傍にいたいけれど、本当のことを言わないといけない、言ったらここにはいられないと葛藤していました。

 

そこへゆり江がお客様が来たから部屋に通してもいいかと声をかけます。

 

美世は一瞬香耶が来たのかと思いましたが、聞き覚えのある声を聞いてその人物を部屋に通してもらいます。

 

その人はかつて斎森の家で使用人として働いていて、いつも美世の味方だった花でした。

 

久しぶりに会う花はさらに穏やかで優しい表情で美世に話しかけます。

 

自分は結婚して子どもを産み、今は夫と畑仕事をして幸せに暮らしていると言います。

 

そして美世は幸せに暮らしているかと尋ねます。

 

さらに花は美世が一番辛いときに継母に解雇されたとはいえ傍にいることができずに申し訳なかったと謝ります。

 

何の力にもなれなかった自分は美世に合わせる顔がないと思っていたけれど、今ここに来れたのは美世の幸せな顔を見たかったから来たと、美世の手を取って優しく話します。

 

そんな花の姿を見て美世は今まで抑えていた感情が溢れ出します。

 

私には異能もないし、見鬼の才もないから旦那さまの妻にふさわしくないと美世は泣き出します。

 

美世は旦那さまのそばにいたいけれど、それが叶わないことに悲しくて仕方がありませんでした。

 

美世を抱き寄せた花は、落ち着いた言葉で話します。

 

斎森の家と縁のなくなった花がどうしてここに来られたのか。

 

最初、手紙をもらった時は驚いたと言う花は続けて、「久堂さまは良い方ですね」と話します。

 

美世は旦那さまが花に連絡をしてくれたのだと気付きました。

 

スポンサーリンク

漫画『わたしの幸せな結婚』10話の感想と考察

10話の美世と花のやりとりは、読んでいて私もう号泣でした。

 

美世は今まで自分の本当の気持ちを言うことは斎森の家にいた時からずっとなかったんだと思います。

 

今回久しぶりに花と再会し、自分の唯一の味方だった花を前に、美世の苦しい本当の気持ちを吐きだすことができたのでしょうね。

 

美世の辛い気持ちが痛いほど伝わってきて泣けました。

 

そしてその花を美世の元へ連れてきたのは清霞だというから、もうなんて優しい男性なんだろうと思いました。

 

美世が心許している人を探し出して連れてきてくれるなんて、清霞の美世への気持ちは十分に美世に伝わっているのではないでしょうか。

 

あとはもう早く正式に婚約して、美世を安心させてあげてほしいです。

 

そして美世も作った組み紐を渡して、自分の気持ちを清霞に伝えてほしいなと思います。

 

<< 9話 一覧 11話 >>
私の幸せな結婚を漫画BANKやzipダウンロード以外で無料で全巻読める方法!
本記事では漫画『わたしの幸せな結婚』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました