スポンサーリンク

新サクラ大戦10話ネタバレ考察感想あらすじ!憤りの夜叉、偽りの帝都、偽りの帝国華撃団

漫画ネタバレ

2019年12月19日発売の週刊ヤングジャンプ2020年3号で、『新サクラ大戦 the Comic』10話が掲載されました。

 

帝国歌劇団の公演は大盛況を成し遂げ、来るべき世界華撃団大戦に臨む帝国華撃団のメンバー達。

 

各国の華撃団が登場する中、空中戦艦が撃墜される事態が起こります。

 

襲撃した犯人と思わしき仮面の女性が言葉を紡ぐ中で、天宮さくらはその声から正体を察し、その場に座り込んでしまいました。

 

言葉を紡ぎ終え、仮面を外したその女性の正体はかつて天宮さくらが憧れを抱き、自らの夢のきっかけを与えてくれた真宮寺さくらその人でした。

 

真宮寺さくらが何故空中戦艦を撃沈させたのか?

 

真宮寺さくらは何故に強大な妖力を放出させることが出来るのか?

 

かつての帝都を守り抜いたヒロインは帝国華撃団の敵となってしまったのか?

 

本記事では、『新サクラ大戦 the Comic』10話『夜叉の慟哭』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

新サクラ大戦 the Comic 10話のあらすじネタバレ

天宮さくらは力なく「真宮寺さくら」の名を呼びました。

 

質問を投げかけた彼女の思いは「どうして」と言うもの。

 

それに呼び掛けに対して真宮寺さくらと思わしき者は自らを「夜叉であり、幻都(げんと)よりの使者」であると返します。

 

そして、その場に居る者達へ「封印の鍵である帝鍵を差し出すように」と通達します。

 

夜叉の言葉を戯言と断じ、剣を抜く倫敦(ロンドン)華撃団アーサーでしたが、夜叉の放つ強大な妖気によって引き起こされた重圧によって、その場に足止めされてしまいます。

 

天宮さくらがアーサーの名を呼び、神山隊長は夜叉の放つ凄まじい妖力に驚愕します。

 

「帝都で好き勝手はさせない」との言葉と共に夜叉の背後に現れた甲武。

 

その甲武には上海(シャンハイ)華劇団のシャオロンが乗り込んでいました。

 

夜叉と鍔迫り合いを行いながらも、鍔迫り合いの隙を突いて夜叉の後背に回り込んだ上海華劇団のユイは「亜細亜の平和は自分達が守る。帝都は第二の故郷」との掛け声と同時に夜叉へ甲武よる一撃を見舞います。

 

そのユイの言葉に「守る? 貴方達が?」と冷たく言い放つ夜叉。

 

背後からの完璧な奇襲による一撃を顔面に受けた夜叉に「決まった!」と確信するシャオロンとユイ。

 

その一撃を受けた夜叉は平然と笑い、「帝都の平和は貴方達には守れない」と告げ、ユイの搭乗した甲武に剣を向けます。

 

天宮さくらが逃げるようにと叫ぶ間もなく、全身から血の如きオイルを撒き散らして敗残するシャオロンとユイの2人。

 

事態の緊急性に狼狽する者達を余所に、夜叉は仮面の下から涙を流しつつ、「私を忘れたのか。私に刃を向けるのか」と会場の皆に告げます。

 

そして、両の掌を上に向け、「偽りの帝都、偽りの華撃団」と激昂するのでした。

 

その夜叉が居る場所に目掛けて突如として煌めきながら炸裂する砲弾。

 

会場の一部が破壊され、さくらに伏せるようにと彼女を庇う犬山隊長。

 

爆音の正体はWLOFの秘密兵器46センチ砲によるものでした。

 

秘密兵器が完成していたことに驚く犬山隊長と咳き込みながら夜叉の居た場所を確認するさくら。

 

その場所に夜叉の姿はなく、忽然と姿を消した夜叉にさくらは俯きながら「嘘だ」と顔を両手で覆うのでした。

 

シャオロンとユイノの容態を確認し、事態の収束に動く会場のスタッフ達。

 

時が経ち、シャオロンとユイの容態を確認する東雲初穂はとクラリス。

 

犬山隊長は2人に意識が戻っていないことを告げ、事態の深刻さと夜叉と名乗った者の詮索を始める帝国華撃団のメンバー達。

 

それに対して目を伏せて夜叉の名を否定するさくら。

 

さくらは夜叉の正体は真宮寺さくらであったと強く主張します。

 

真宮寺さくらが「帝都と帝国歌劇団を恨んでいた」ことを涙目ながらに口にするさくら。

 

それに対して、神崎すみれ司令は「違う」と断定します。

 

「真宮寺さくらとは帝都を愛しこそすれ、恨むような人」ではないと続ける神崎すみれ司令。

 

その言葉に少しだけ勇気付けられるさくらに神崎すみれ司令は「自らが共に戦っていた中であること分かるのだ」と彼女を諭します。

 

真宮寺さくらは「幻都にいるはずなのですから」と説明を続け、幻都の存在に疑問を抱く犬山隊長に対して「かつて世界中の歌劇団が消滅する要因となった二都大戦」について語り始めるのでした。

 

スポンサーリンク

新サクラ大戦 the Comic 10話の感想と考察

世界華撃団大戦中に会場を襲った夜叉と名乗る謎の仮面の女。

 

その正体はかつて帝都を守り、その為に命を賭して戦った真宮寺さくらと思わしき人物でした。

 

しかし、彼女は自らを夜叉と名乗り、上海華劇団のシャオロンとユイの甲武による攻撃をいとも簡単に防ぎ、逆に返り討ちにしてしまします。

 

夜叉はシャオロンとユイの「帝都を守る」と言う発言に嘲笑し、シャオロンとユイを圧倒する実力の持ち主でもありました。

 

夜叉の凄まじい妖力を用いた攻撃は会場全ての華撃団を圧倒し、「偽りの帝都、偽りの華撃団」と激昂します。

 

自身に攻撃を仕掛ける華撃団達へ涙を流す姿も夜叉が真宮寺さくらであるのか、どうかなのかと謎は深まるばかり。

 

砲弾の一撃で夜叉は姿を晦ますも、憧れの存在であった真宮寺さくらの変わり果てた姿に絶望する天宮さくらの葛藤。

 

実力で言えば、世界中から集められた強豪達を圧倒する力は帝都を脅かす脅威と言えます。

 

しかし、帝都を愛する故か涙を流し憤る夜叉の姿はやはりかつて帝都の平和を守る為に命を懸けて戦った真宮寺さくらを彷彿とさせるものでした。

 

夜叉が封印を解く帝鍵を渡すように通達したこと、幻都の存在とは一体何なのか?

 

そもそも、封印とは何を封印したものなのか?

 

二都大戦で世界の華撃団が崩壊することになったのは何故なのか?

 

謎は深まるばかり、突如として現れた強敵の存在に今後も目を離せない展開となることでしょう。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました