スポンサーリンク

私の幸せな結婚ネタバレ6話あらすじ感想も!美世を気遣う優しい清霞

漫画ネタバレ

『わたしの幸せな結婚』は、ガンガンONLINEにて連載されている顎木あくみ原作による高坂りとの人気漫画です。

 

わたしの幸せな結婚6話では、清霞と美世は初めて二人で街へ出かけます。

 

粗相のないように気を遣う美世ですが・・・。

 

本記事では、『わたしの幸せな結婚』6話「初めてのデヱト(前編)」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 5話 一覧 7話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画『わたしの幸せな結婚』6話のあらすじネタバレ

車で出かける美世と清霞。

 

今日はどこへ出かけるのかと美世が尋ねると、清霞はまず仕事場に行くと話します。

 

美世は仕事場に自分のようなものが行っていいのかと戸惑いながら尋ねると、帝国陸軍本部とは別の施設に対異特務小隊はあるのでそこに車を置きに行くだけだと答えます。

 

車を置いて行こうとすると、清霞に声をかけてくる男性がいます。

 

清霞の側近の五道という人物で、美世に興味を持ちながらも、持ち場に戻れと清霞に言われ去っていきました。

 

街へ着くと、清霞は何か欲しいものはあるかと美世に聞きます。

 

まさか自分の欲しいものを聞かれるとは思ってもいなかったので驚きつつも特にないと答え、清霞は自分の買い物に付き合ってもらおうかなと言います。

 

街は美世にとってとても興味深いところでした。

 

見る物全てが気になり、キョロキョロしていると、清霞が「楽しいか?」と声をかけます。

 

それを聞いてすぐに美世は謝り、自分は付き添いで来ているのに清霞に恥をかかせてしまったのかもしれないと思います。

 

しかし清霞は美世の頭を優しく触り、迷惑なんてかけていないからそんなことを考えなくていいと言います。

 

美世の歩調に合わせて歩いてくれる清霞を見て、なんて優しい人なんだろう、自分に異能があればずっとついていくのにと美世は思います。

 

清霞の目的地は呉服店でした。

 

久堂家が長年贔屓にしているお店だと紹介されます。

 

中に入ると、おかみさんが出てきて挨拶をし、清霞は奥へ入ろうとすると、美世は店の中で見て待っていると言います。

 

おかみさんは初めて清霞が女性を一緒に連れてきたことがとても嬉しく喜んでいました。

 

清霞は、ゆり江から美世が自分の着物を縫って直していたことを聞いていたので、美世に着物を仕立ててあげたいというのが目的で呉服店に来たのでした。

 

おかみさんから反物をいくつか見せてもらっていると、ふと目にした桜色のきれいな反物に目が留まります。

 

おかみさんは今から仕立てると季節が合わなくなるかもしれないと言います。

 

清霞はこの美しくきれいな桜色の着物は美世にきっと似合うと思い、そんな美世の姿を一瞬想像すると、自分のことが恥ずかしくなり美世に特別な意味はないのにと一人焦ります。

 

そして来年の春にでも着られるからとその桜色の反物でも仕立ててもらうように、そして他にもいくつか仕立ててもらうようおかみさんに頼みます。

 

そしておかみさんは、清霞に頼まれていたものと言って小さな箱を渡し、「あのお嬢様は絶対離してはいけません!」と清霞に食いつきます。

 

磨けば光る原石のようなお嬢様なので清霞と並んでも問題ないくらい美人になる、そうしたらこれから美人を着飾る楽しみが増えるとおかみさんは言います。

 

それを聞いた清霞は「それも悪くないな」と一瞬思いますが、美世に愛情などないと自分を否定します。

 

清霞が奥から出てくると、美世はずっと桜色の着物を見入っていました。

 

清霞がそれが欲しいかと尋ねると、美世は慌ててそうではなく、母の形見の着物に似ていたからと答えます。

 

美世は遠慮ばかりして自分から何も欲しがらないので、清霞は呉服店に来た目的は美世の着物を仕立てるためだということを言わなかったことは、正解だったと思います。

 

2人は呉服店をあとにしました。

 

スポンサーリンク

漫画『わたしの幸せな結婚』6話の感想と考察

清霞ってめちゃくちゃ優しい人じゃないですか。

 

美世のために着物を何着か仕立てるために内緒で呉服店に来たなんて、カッコよすぎます。

 

それに清霞の一人妄想にはちょっと笑ってしまいました。

 

女性に興味はなくて、笑うこともしないような男の人かなと思っていましたが、美世のことは特別に好きとかそういうのではなかったとしても、気になっていることが分かってなんだか嬉しいです。

 

呉服店のおかみさんの、美人を着飾る楽しみが増えるっていう言い方がなんともお金持ちのする遊び方ですよね。

 

でもそれも一瞬悪くないと思った清霞は、だんだん美世に対して好意を持ってきているように私は感じました。

 

今までにない令嬢のタイプの美世は、清霞にとってはどんぴしゃな女性像ではないでしょうか。

 

絶対2人はお似合いだと思うし、このまま結婚に至ってほしいですね。

 

お互い少しずつ惹かれあっているのが見ていてなんだかキュンキュンします。

 

次の7話で2人はどんな展開になるのか楽しみです。

 

<< 5話 一覧 7話 >>
私の幸せな結婚を漫画BANKやzipダウンロード以外で無料で全巻読める方法!
本記事では漫画『わたしの幸せな結婚』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました