スポンサーリンク

私の幸せな結婚ネタバレ5話あらすじ感想も!清霞に嫌われたくない美世

漫画ネタバレ

『わたしの幸せな結婚』は、ガンガンONLINEにて連載されている顎木あくみ原作による高坂りとの人気漫画です。

 

わたしの幸せな結婚5話では、薄刀家の人間だった美世の母親。

 

美世の夢の中に母親が出てきて意味深な言葉を・・・。

 

本記事では、『わたしの幸せな結婚』5話「矛盾する心」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 4話 一覧 6話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画『わたしの幸せな結婚』5話のあらすじネタバレ

ゆり江に裁縫道具を借りる美世。

 

とてもキレイな裁縫道具にこんなにキレイな物を借りてもいいのかと遠慮しますが、ゆり江に新品の裁縫道具の方が良ければ用意しますと言われ、お礼を言って使わせてもらうことにしました。

 

そして美世は今朝清霞の前で思わず泣いてしまったことを清霞は怒っていただろうかとゆり江に尋ねます。

 

斎森の家にいた時は、涙を見せれば醜い、みっともないと継母や異母妹に言われていたので、自分が泣いてしまったことで清霞が不快に思っているのではないかと心配だったからです。

 

それを聞いたゆり江は、清霞が怒るなんてことはないと言い、泣くことは悪いことではないし、自然に流れた涙は流せばいい、そんなことで清霞は怒らないと美世の手を取って話します。

 

美世はゆり江がそう言うなら清霞は怒っていないのだろうと安堵しますが、所詮異能を持たない自分がここにいれるのも一時のことだからと自分を戒めます。

 

ゆり江が昼ご飯の準備をすると部屋を離れ、美世はボロボロになった着物を繕っていました。

 

そんな美世の姿をゆり江はこっそりのぞいていました。

 

 

その夜、清霞が帰ってきて一緒に食事をとっていると、清霞が昼間は何をしているのかと尋ねます。

 

ゆり江に借りた雑誌などを読んでいると答える美世。

 

本当は美世は自分の破れそうな着物を直していると言うと着物をねだっているように思われるし、かといって何でも正直に話すと、斎森での生活や父親のことを告げ口しているようになるのは嫌だと、複雑な胸中でいました。

 

すると清霞が、今度の休日に街に行かないかと誘います。

 

街に行っても自分で使えるお金もないし、小学校卒業以降ずっと斎森の敷地内で過ごしてきたので今さら街へ行ってもどうもならないと思い、自分は行けないと断ります。

 

清霞がなぜいけないのか尋ねると、美世は用事もないし清霞の邪魔になると言うと、清霞は邪魔になんかならないと言い切ります。

 

自分に付き添っていればいいだけだし、久堂家に来た時の着物で出かけたらいい、他に心配なことはあるかと聞かれ、美世はないと言うと、予定をしておくようにと清霞に言われます。

 

美世は旦那さまに不快にさせないように今から準備しなければと思います。

 

その晩、美世はまた夢を見ました。

 

――――― 桜の花びらが舞う木の下で、一人の女性が立っていました。

 

何か言っているのですが聞こえず、美世は「お母様なんと仰ってるの?」と言います。

 

そして小さな美世を母は抱きしめながら、父に「どうかこの子を見捨てないでください」と言います。

 

父は異能とは関係のない家だったら美世を愛せたのにと言います。

 

母は美世に謝ります。

 

そして母は「でも大丈夫。あなたがもう少し大きくなったら・・・」と言います。―――――

 

そこで美世は夢から覚めます。

 

美世は出かける準備をしながら、母はすごくきれいだった、と夢を思い出します。

 

自分もきれいに手入れをすれば母のような艶のある髪になるだろうかと思った瞬間、それは無理だと思う美世。

 

そこへゆり江が部屋に入ってきました。

 

美世にきれいですよと声をかけると、化粧はしませんかと尋ねます。

 

美世は化粧は苦手で道具も持っていなくてと答えると、ゆり江は道具ならあると言ってゆり江が化粧をしてくれました。

 

ゆり江に笑顔で見送られながら、2人は清霞が運転する車に乗って出かけていきました。

 

スポンサーリンク

漫画『わたしの幸せな結婚』5話の感想と考察

美世はなんでも正直に清霞に話したいけれど、話したら異能がないこともバレてしまうし、斎森の家でのこともバレてしまうという葛藤が、見ていて辛いですね。

 

言いたいけれど言ったら久堂家から出て行かないといけないですしね。

 

でも清霞もゆり江もいい人なので、正直に言っても大丈夫な気がするのですが、異能がないという決定的なことがあるとやっぱり出て行かないとダメなのでしょうか。

 

久堂家の嫁の条件がもう少し詳しく知りたいところですね。

 

それと美世の母親の「大きくなったら・・・」というのが気になりますね。

 

この言葉をそのまま受け取ったら、薄刀の家の者は幼い頃から能力を発揮するわけではなく、ある程度成熟してから異能を身に付けるということでしょうか。

 

そうなると、美世ももう19歳なのでそろそろ異能の力を持つ頃かもしれませんよね。

 

そうしたら何の遠慮もすることなく、久堂家の嫁として迎えられるのではないでしょうか。

 

大きくなったらというのがいつ頃なのかが分からないし、美世自身も分からないことなので、早く美世の能力が開花してほしいなと思います。

 

次の6話では美世と清霞が初めて二人で出かけるのでどんな展開になるのか楽しみです。

 

<< 4話 一覧 6話 >>
私の幸せな結婚を漫画BANKやzipダウンロード以外で無料で全巻読める方法!
本記事では漫画『わたしの幸せな結婚』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました