スポンサーリンク

カイジ349話ネタバレ考察感想あらすじ!予想外の来訪者

漫画ネタバレ

2020年4月20日発売の週刊ヤングマガジン2020年21号で、『賭博堕天録カイジ』349話が掲載されました。

 

『賭博堕天録カイジ』349話は、 キャンピングカーが紛れ込むにはうってつけの場所であるキャンプ場で宿泊する事を決めたカイジ達。

 

そこへ思わぬ来客があり、『見』を決めたカイジ達は一体どう出るのか。

 

本記事では、『賭博堕天録カイジ』349話『桃源』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 348話 一覧 350話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

カイジ349話のあらすじネタバレ

これまで悩ませてきた宿泊場所に最適な場所である『キャンプ場』へカイジ達は向かいました。

 

ひだるまではなく、ひだまりオートキャンプ場は入るとすぐ右の事務所で受付をして、自分達が借りる区域の番号札と施設内のトイレ・コインシャワーや炊事場などの地図に加えて、夜間の緊急連絡先に施設内のルール・マナーが書かれた『ひだまりの掟』を貰い、いざキャンプ場へ向かいます。

 

この時期はまだ朝も早い3月で、しかも平日であることから、キャンプ場は閑散としていました。

 

カイジ達以外の利用者は2組ほどで、人目に付きたくないカイジ達にはこれ以上ないほどの好条件です。

 

渡された番号札をフロントガラスから外に見せるように置き、徒歩5分ほど来た道を戻って事務所の隣にある売店コーナーに向かいます。

 

キャンプに使うモノはなんでも揃っていて、焚き火用の薪や炭・着火剤に七輪や飯盒に調理器具と品揃えは充実しています。

 

冷蔵コーナーには食材もあり、肉・ハムに野菜にギョーザにヤキソバといった具材だけではなく、カップ麺やおにぎりといったコンビニ御用達の食べ物やスナックもあります。

 

カイジ達は調理する気は無いのでそれらとビールやチューハイを大量に買い込み、どまん中号という母船へ帰ります。

 

いつものスーパーの駐車場やコインパーキングといった街中とは違い、ここならキャンピングカーは目立ちもせず、カイジ達も余裕の表情で食事は進みます。

 

自分達の為にあるようなものなのにとまで言うほど、カイジはキャンプ場が気にいったようです。

 

夜中の警察からの職務質問もここではあるはずもなく、安心感は何者にも代えがたいとカイジが言っている矢先、車の窓はノックされました。

 

車内の空気は一気に凍り付き、こんな所まで警察が来るのかと思ってしまう3人ですが、無粋の極みとカイジは否定します。

 

お金を払って一晩ここで泊まるだけという旨を説明すると、ノックの主は分かってると怪しいものでは無い事を主張します。

 

木崎と石高と名乗る同じくキャンプ場で酒盛りしているおじさん達は、ドアの向こうからカイジ達に語りかけます。

 

キャンプ場に来たのに外に出ず、売店で買ったカップ麺やおにぎりで夕食してんだろと見事に言い当てます。

 

それはもったいないと力強く言った後、満天の星・清新な風に川のせせらぎという心が洗われる大自然の中で酒盛りできる夜、おじさん達と飲もうというお誘いでした。

 

迷うカイジですが、人目に付きたくない逃亡者である事をマリオは強調し有り得ないという事にカイジも同意しますが、尚も続くお誘いにカイジは再び揺れます。

 

というのも、キャンプ場に来てひたすら車にこもっている方が異様で逆に目立つと誘いに乗るように説得しますが、チャンは嫌な予感がすると帝愛である可能性も示唆します。

 

キャンピングカーを狙っているという事実がある以上、カイジもそれは否定出来ず、窓から外を見ますが、そこに見えたのは単なる泥酔親父であって帝愛には見えないと判断します。

 

尚も続くお誘いと、そのしょうもない内容の会話にチャンとマリオも帝愛ではないと判断して誘いに乗る事にしました。

 

スポンサーリンク

カイジ349話の感想と考察

キャンプはおろかキャンプ場という場所にも行った事は無いので、どういうものかわかりませんでしたが、少なくともこのひだまりオートキャンプ場はそれなりにお金も掛かるでしょうが、器具もレンタルできるので手ぶらでキャンプ出来るような施設のようです。

 

そんなキャンプ場でもいつものように車の中で食事を済ませようとしているカイジ達。

 

確かにカイジが言うように、わざわざキャンプ場に来たのにずっと車の中にこもっているのは異様な事かもしれません。

 

そしておじさん達が言うように、キャンプ場に来たのに大自然を満喫しないのも勿体ない事です。

 

ここでおじさん達が言っていた『心が洗われる大自然』という表現は、キャンパーやそういった自然の表現の一つかもしれませんが、黒崎GMも『心の洗濯』というワードを口にしていたので、伏線になっているのかと思いこのおじさん達を疑ってしまいます。

 

今は寄っていますが、ビラでカイジ達の顔を見た事がある債務者という可能性もまだあります。

 

今回の話で気になりましたが、運転手のチャンも酒を飲んでいるので緊急事態で運転して逃げる事が出来ませんが大丈夫なのでしょうか。

 

今回の出会いが吉と出るか凶と出るかは次回次第です。

 

<< 348話 一覧 350話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました