スポンサーリンク

私の幸せな結婚ネタバレ4話あらすじ感想も!薄刀家の血を持つ美世の母親

漫画ネタバレ

『わたしの幸せな結婚』は、ガンガンONLINEにて連載されている顎木あくみ原作による高坂りとの人気漫画です。

 

わたしの幸せな結婚4話では、異能を持たない自分は久堂家の嫁にふさわしくないと痛感する美世。

 

そんな美世のことが斎森家では話題に上がっていたのですが・・・。

 

本記事では、『わたしの幸せな結婚』4話「おかしな婚約者」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 3話 一覧 5話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画『わたしの幸せな結婚』4話のあらすじネタバレ

美世はまた子どもの頃の夢を見ていました。

 

――――― 3歳で見鬼の才があることが分かった香耶と比較される美世は、斎森の家の中でどんどん孤立していきました。

 

「この家に生まれなければよかった、普通の温かい家に生まれたかった」

 

家の中で自分の居場所がなくなってきた美世は泣きながらいつもこんなことを思っていました。

 

唯一美世を大事にしてくれた使用人の花は、美世が蔵に閉じ込められている間に継母にやめさせられてしまいもう会えていないことも美世にとってはとても辛かったのです。―――――

 

涙を流しながら悪夢から覚めた美世。

 

きっと自分は平凡な人間だということを忘れてはいけないと言う戒めの夢だと感じます。

 

そして着替えようとすると着物がやぶけて随分傷んでいることに気づきます。

 

もう寿命だけれど、衣類が少ないので縫ってなんとかしよう、ゆり江に裁縫道具があるか聞いてみようと美世は思います。

 

それから台所に行くと、ゆり江はもう用意を始めていました。

 

今朝は朝食作りはどうするかとゆり江が尋ねると、昨日清霞が明日は作ってほしいと言われたからと伝えると、では朝食作りを手伝わせてほしいと美世に言います。

 

ゆり江の手際の良さに勉強になると思いながら朝食づくりを終わらせ、清霞の元へ2人は朝食を運びました。

 

清霞は美世も「一緒に食べるんだぞ」と言って一口食べると「美味い、ゆり江とは違う味付けだけれど悪くない」と言います。

 

それを聞いた美世は、久しぶりに他人から自分のことを認めてもらえたことが嬉しくて思わず泣き出してしまいます。

 

清霞はそんな美世を見て、褒めたつもりが言い方が悪かったのかなと戸惑います。

 

美世は取り乱して申し訳ないと謝りながら、料理を褒められたのは初めてだったからと言います。

 

清霞は美世の生まれて育った環境が全く見えず、今までの令嬢とは全く違い、名家の令嬢として育ってないのではないかと考え、ゆり江にも聞いてみました。

 

ゆり江も同じように感じることがありうなずくと、清霞はそれとなく美世のことを探って欲しいとお願いします。

 

ゆり江は今回の婚約者に興味を持っている清霞のことが嬉しくて、美世は清霞の嫁として合っていると思うと言います。

 

清霞は斎森家で美世はどのようにして育てられたのか外から探ることにしました。

 

その頃、斎森家では父と辰石の主が言い合いになっていました。

 

辰石の主は長男に美世を嫁がせると言っていたのになぜ久堂家に嫁がせたのかと怒りを表していました。

 

斎森の父は、辰石家と久堂家なら久堂家を選ぶと言い、どうせすぐに久堂家から追い出されてくるだろうと話します。

 

辰石の主は、美世は薄刀家の血を引く母の娘だと言うと、斎森の父はそんなに薄刀の力がそんなに欲しいのかと言います。

 

薄刀の力は、人の心を干渉することができる力で、久堂家には渡したくないと言います。

 

美世の子が薄刀の血を引く異能を持つかもしれないのに、斎森の父が美世のことを価値のない娘だと思っていることに腹を立て、久堂家から追い出されたら辰石でもらうから文句を言うなと言います。

 

辰石の主はなんとしてでも久堂家に美世は渡したくないと思います。

 

スポンサーリンク

漫画『わたしの幸せな結婚』4話の感想と考察

美世の母の出身は薄刀家というところのようですね。

 

それも薄刀の力は人の心を干渉できる異能ということですが、なんだかすごい力を美世の母は持っていたということでしょうね。

 

辰石の主が言っていたのように、美世に異能がなくても子どもは異能を持つかもしれないのなら、その価値を見越して、美世は久堂家の嫁としてふさわしいということになるんじゃないでしょうか。

 

そうしたら久堂家から出て行く必要はないですよね。

 

美世は今自分に異能がないから嫁としてダメと思っていますが、そうじゃないということを早く教えてあげたいです。

 

清霞が斎森家について調べたらきっと美世が使用人のように扱われてきたことはすぐに分かるでしょうね。

 

それに対して清霞がどう思うのか、次の5話が楽しみです。

 

<< 3話 一覧 5話 >>
私の幸せな結婚を漫画BANKやzipダウンロード以外で無料で全巻読める方法!
本記事では漫画『わたしの幸せな結婚』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました