スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい175話ネタバレ考察感想あらすじ!許すか許さないかで迷うかぐや

漫画ネタバレ

2020年4月16日発売の週刊ヤングジャンプ2020年20号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』175話が掲載されました。

 

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜175話は、早坂達を拘束した雲鷹はかぐやに早坂は裏切者であると伝えるが、既にかぐやは現場に到着しており、好きにしろと言い放ちます。

 

ショックを受ける早坂に、かぐやは彼女からの言い訳を求めているようです。

 

かぐやは早坂がした事は許せない事だが、許したいとも思っていました。

 

そんなかぐやは早坂に対して、どうしたいのかと問い詰めたのでした。

 

本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜175話『早坂愛の友達④』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 174話 一覧 176話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

かぐや様は告らせたい175話のあらすじネタバレ

早坂はかぐやの兄であり、四宮家の長男である黄光からかぐやの行動や言動の全てを逐一報告するように申し渡されていました。

 

四宮家はかぐやの父親である雁庵、跡取りの有力候補の黄光の派閥の事を指しているみたいです。

 

立場的には弱い早坂家が生き残るためには、四宮家の跡を継ぐであろう黄光に従うしかないと自分に言い聞かせた早坂。

 

そしてかぐやに仕えるメイドとして挨拶しに行くと、かぐやは嬉しそうな表情をしながらそうだった良いのにってずっと思っていたと喜んでいました。

 

かぐやは赤ちゃんの時に早坂と一緒に育っていたことを覚えている様子でした。

 

こうして早坂はかぐやの傍に付くと共に、黄光へと報告する毎日を送ります。

 

あやとりを教えようとしてくれた事、食事をするときは一人では寂しい事、かぐやは純粋で繊細で孤独な人だと言う事の全てを報告していました。

 

かぐやに取り入っている間に彼女からシュシュをプレゼントされた事が脳裏に浮かんだ早坂は、怖いと感じている事があるみたいです。

 

そして現在に至り、雲鷹は早坂は黄光に逐一かぐやへ報告している事を知っており、ドブくさい鼠の密告者と罵ります。

 

しかし、狡猾な立ち回りをする早坂の事は評価している雲鷹は自分に付けば良いが、拒むなら裏切り者としての末路を辿ってもらうと脅しをかけてきました。

 

対して早坂は雲鷹には従わない態度を取ったようです。

 

10年も傍にいたら情も沸くかと呟いた雲鷹はその情を断ち切ろうと、かぐやに電話をかけて早坂は裏切っていた事を報告しようとしていました。

 

早坂がかぐやを巻き込みたくなかったのは黄光に密告していたことがバレて、彼女に嫌われるのを恐れたからでした。

 

隠すためだったら自分はどんな罰を受けても、命を落とすまで罪悪感を抱き続ける覚悟でした。

 

しかし、雲鷹によって全てバラされてしまい、項垂れてしまう早坂。

 

かぐやから早坂の事は好きにすれば良いと言われた雲鷹は場所を移そうとした時、電話を切っていたかぐやが現れて好きにすれば良いと言ったのは早坂に向けたものだと言います。

 

雲鷹に軽く挨拶したかぐやは早坂に目を向けて今の話は本当かと問いかけると、早坂は皇帝の返事をします。

 

言い訳でもしたらどうだと、自分は裏切り者が嫌いなのを知っているはずなのに早坂は一番最悪の形でしたから許せないと言い放つかぐや。

 

正直、もしかしたら許されるかもと思っていた早坂はショックを受けます。

 

かぐやはこのままだと雲鷹に酷い目に遭うかもしれないのだから、言い訳の一つでもしたほうがいいと言ったのです。

 

しかし、何時までも付き合っていられないといった様子で雲鷹は連れていこうとします。

 

そんな雲鷹を今早坂が言い訳しているところだと言って殴り飛ばしたかぐや。

 

かぐやはこれまで許せないって思った人を許した経験が無く、許したいと思ったのも初めてであるのだが、どうすればいいのか分からない様子でした。

 

早坂に自分はどうすればいいのか、早坂はどうしたいのかと問い詰めるかぐやでした。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい175話の感想と考察

かぐやの言動からは早坂がした事は本来絶対に許せない事ではあるが、許したいと言う気持ちがあるようですね。

 

恐らく一般の人だったら言い訳も聞かずに切り捨てていたのではないかと思います。

 

相手が幼い頃から付き合いの長い早坂であったので言い訳するならするように言ったのでしょう。

 

本来なら早坂がごめんなさいと言って謝罪して、かぐやがいいよと許せば一件落着なのだと思いますが、かぐやは四宮家での教えを大切にしているのでこれまでは自分に対して悪しき事をした者は切り捨ててきたので上記の手順が分からないのでしょう。

 

正直、まだかぐやから許されるチャンスがある早坂が彼女に対して何と言うのかが気になりますね。

 

次回176話は早坂の答えが明らかになるのではないでしょうか。

 

早坂はかぐやの言葉で一度は絶望してしまいましたが、かぐやの許したいと思ったのも初めてという言葉を聞いた際、もしかしたら早坂家とかどうとか黄光がどうとかは関係なく、自分の心の中で抱いている本当の気持ちを言えば許してもらえると思っていると思います。

 

それに言い訳があるなら言ったほうがいいと言われた際に、何か言おうとしていましたのでその続きをこの場で言うのではないでしょうか。

 

<< 174話 一覧 176話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました