スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊215話ネタバレ考察感想あらすじ!判明するフェアリーの能力と柱に起きる異変

漫画ネタバレ

2020年4月15日発売の週刊少年マガジン2020年20号で、『炎炎ノ消防隊』215話が掲載されました。

 

『炎炎ノ消防隊』215話では、ついにフェアリーの宙に浮いている能力について明らかになります。

 

能力には“アドラバースト”が関わっていることが明らかになります。

 

果たして、その原理とは?

 

その一方で焔ビトとの戦いたついに黒野によって終わりを迎えます。

 

しかし、焔ビトは海に漂う物質に変化して柱に向かって移動を始めます。

 

その後、柱に大きな変化が起きます。

 

果たしてその変化とは?

 

本記事では、炎炎ノ消防隊215話『点火』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 214話 一覧 216話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

炎炎ノ消防隊215話のあらすじネタバレ

ショウに斬られた部分が元通りになろうとしていたフェアリー。

 

フェアリーは体の一部を透明にしていたのではないかとショウは思っていました。

 

「いちいち矢の上を移動していては手間だろう」

 

そう言うと、足場に乗っていたショウを宙に浮かせます。

 

そして、フェアリーの能力が引力操作にようるものであると勘付いたショウ。

 

そんなショウに対して、フェアリーは自分の能力の種明かしを始めます。

 

まず、説明したのは万有引力についてでした。

 

そして、能力が明らかになります。

 

「俺の能力は“アドラバースト”を使いその法則に干渉し引力を操る」

 

これは原子に熱を加えた後、アドラバーストで質量をあげて引力を操作できるようにするというものでした。

 

そして、宙に浮く原理はこの能力で物質を地球と同じ質量にさせることによるものでした。

 

能力について知ったことで柱以外でもアドラバーストを使えることを知り驚くショウ。

 

そして、フェアリーは姿を消そうとします。

 

「俺に守られていればよかったのに」

 

消えながらショウにフェアリーはこのように言いました。

 

そして、ショウの守り人のアローに対する皮肉でした。

 

フェアリーが姿を消したことにより、能力の効果が切れて落下を始めそうになるショウ。

 

しかし、アローが矢を放っていたのでそれを足場にしながらフェアリーを探しますが見つかりません。。

 

「そこで見ていろこれから始まる大災害の序章を」

 

ショウに対して最後にその言葉を告げるとショウはあることに気づきます。

 

それは、シンラが落下を始めたということです。

 

シンラが落ちる瞬間を目撃したオグンが彼のもとに向かいますが、それより先に誰が救助してしまいます。

 

そして、その場から姿を消してしまいます。

 

オグンが気付いたときには陸地にシンラとショウがいました。

 

そして、ショウはシンラに触れようとしますが、オグンの呼び声に驚きます。

 

オグンはシンラの安否を確認しようと声をかけようとしますがその時にはショウの姿はその場にありませんでした。

 

一方、黒野の攻撃を吹けてボロボロの巨大な焔ビト。

 

焔ビトは黒野に砲撃を放とうとしますがそれより先に黒野のとどめを受けてしまい崩れ落ちてしまいました。

 

そして、崩れ落ちた焔ビトがいたところには何か物質が漂っています。

 

陸地で見ていたジャガーノートは焔ビトが溶けたと思っていました。

 

その直後、物質は柱に向かって移動を始めます。

 

そして、柱に触れた瞬間その物質は柱を覆い始めます。

 

「“アドラ”の炎よこの世界をテラスがいい」

 

柱のてっぺんにいたフェアリーがこのように言うと、柱から炎が噴き出し始めました。

 

炎が吹きあがったのと同時に目を覚ましたシンラ。

 

しかし、そこはアドラの世界でした。

 

なぜ自分がここにいるのかわからないシンラ。

 

そして、シンラの目の前には誰かが立っています。

 

「お前…」

 

シンラがそのように言ったとき、目の前にいた人物は笑っていました。

 

炎炎ノ消防隊を最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『炎炎ノ消防隊』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊215話の感想と考察

フェアリーの宙に浮く能力にアドラバーストが関わっていたというのは予想外でした。

 

しかし、例えばシンラの光速移動のように柱が使う能力にアドラバーストが関わっていることを考えると、強力な能力にアドラバーストが関わっているのを踏まえるとそれに匹敵する能力なのでアドラバーストなしでは無理だったのかもしれません。

 

そして、ショウVS.フェアリーの間で続いていた焔ビトとの戦闘。

 

前回。黒野が能力で大ダメージを与えていましたが、その後も黒野だけでボコボコニしてさらにはとどめをさしたともうと彼の強さはすごいと思いました。

 

しかし、焔ビトを倒したことにより柱に変化が起きました。

 

これが、ショウにフェアリーが言った『大災害の序章』なのかもしれません。

 

果たしてこの先何が起こるのかとても気になります。

 

修道院の地下にあった柱のように他にもあと7本出ることになると思うのですが、そのたびに巨大な焔ビトとの戦闘になると思うと大災害よりも先に焔ビトのとの戦闘で先に世界が滅んでしまう気がします。

 

そして、シンラがアドラの世界で遭遇した人が誰なのかが次回明らかになると思います。

 

全体像がはっきりしはいないですが、可能性としてはハウメアなのではないかと思います。

 

<< 214話 一覧 216話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました