スポンサーリンク

死神サイ殺ゲーム18話ネタバレ考察感想あらすじ!バトルロワイアルが開催される!?

漫画ネタバレ

2020年4月15日発売の週刊少年マガジン2020年20号で、『死神サイ殺ゲーム』18話が掲載されました。

 

死神サイ殺ゲーム18話は、謎の孤島へと飛ばされた正心は、沢山の死神達も来ている光景を目にします。

 

同時に谷津田と合流して島の中心へと向かうとそこには姫乃を始め、自身達を含めた52人の死神の代打ちが集結しているに気付いたようです。

 

舞台にいる死神であるルシフェルは死神バトルロワイアルを開催すると宣言します。

 

この島では夜会が3回行われ、勝つたびに次のステージへと進んで最終的に最後まで勝ち抜けた者にはどんな願いも叶え、脱落した者にはサイコロ振った目×寿命1万日分を支払うと言うルールでした。

 

そして第一回戦である丁半賭博が始まります。

 

本記事では、死神サイ殺ゲーム18話『死神バトルロワイアル』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 17話 一覧 19話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

死神サイ殺ゲーム18話のあらすじネタバレ

夜会に参加する事になった正心でしたが、突然謎の島へ飛ばされてしまうと同時に沢山の死神がこの島に向かっているのを目撃し、何が始まるのだと、ここは何処なのだと困惑しているようでした。

 

そこへバッチが現れたので、正心は何なんだよこれはと、さっきまで美術館にいたのにと色々言いますが、バッチはこれは夜会でありしかも特別な奴だと言います。

 

そして今回の番人はかなりやばい番人なので生き残るように念押しするバッチ。

 

そんな中、男性の声がしたので正心は自分以外の人もこの島に飛ばされていて、美術館の人達も飛ばされたのかと感じていました。

 

そしてこの島で何をしようとしているのかと思っていると、男性が姿を現しましたがその正体は谷津田でした。

 

しかし、谷津田も夜会でここへと飛ばされたのは初めてらしく、何が起こるのかが想定できていません。

 

そんな中、多くの死神が島の中心へと向かっているのを目撃した正心と谷津田は取りあえず中心へと向かったみたいです。

 

そこには大型ビジョンがあるステージと多くの代打ちがいたので、谷津田はフェス会場みたいだと呟きます。

 

正心は老若男女問わず代打ちがいて、皆困惑していると感じているようでした。

 

困惑している人達の間を傘で顔を隠しているゴスロリ姿の女性が優美に歩いており、正心はこの場所では不釣り合いの格好だと察し、彼女が番人なのではないかと思い始めます。

 

その女性が正心に近づくと、その正体が露わになります。

 

その女性の正体は姫乃であり、この事に正心と谷津田は驚いたようです。

 

姫乃曰く今の姿は夜会の時の戦闘服であるとの事であり、自分と正心は運命で結ばれているのだと喜んでいました。

 

そんな中、大型ビジョンに映像が流れるとロック風の女性が上空から現れました。

 

その女性こそ万人のルシフェルであり、バッチはイカレていると言い放ったのです。

 

未だに困惑している代打ちに対してルシフェルは少人数でちまちまやるくらいなら派手にやりたいから、52人の代打ちをこの島に飛ばしたのだと言うと正心達は驚いたようです。

 

因みに代打ち達がいる島は海の真ん中にあり、地図には存在しない島でこの夜会のために用意した死神島です。

 

ルシフェルはこれから夜会をしてもらうけど、願いを叶えられるのが一人だけじゃ可哀そうだから特別に最終決戦を勝ち抜けた人全員の願いを叶えると宣言します。

 

しかし、負けた場合は元の場所へと戻すけど、サイコロの出た目×1万日分の寿命を払ってもらうと言ったようです。

 

この事に反発した代打ち達にルシフェルは文句があるならこの場で全員始末すると言い放ったので、黙るしかなくなりました。

 

第1試合目は半丁賭博であり、丁か半のどちらかを選び、当たった人だけが2回戦へ進めると言うルールでした。

 

正心はどちらを選ぶか悩む中、谷津田はもうどっちが出ているのか分かっていたので気づくのがまた自分の方が早かったと口にします。

 

谷津田の言葉から正心は出る目は半だと確信したようです。

 

スポンサーリンク

死神サイ殺ゲーム18話の感想と考察

ルシフェルは見た感じバンドの歌手みたいな存在であり、暗い場所でやる夜会が気に入らないから今回のようなバトルロワイアルで大いに盛り上がってほしいと思ったのでしょうね。

 

しかし、それは大勢の人の寿命を奪い取ることにもなりますのでこの夜会に呼ばれた死神達はバッチみたいにイカれていると思っているのだと思いますね。

 

何とか正心達には生き残ってほしいですね。

 

次回19話は丁か半かが明らかになるのではないでしょうか。

 

谷津田はすぐに何が出るのか分かっており、正心も彼の言葉から考えて必ず半が出ると確信しました。

 

正心と谷津田はルシフェルの態度からヒントを得て、それを正解に導いたのだと思います。

 

ルシフェルはサイコロを入れた際によく見ていてねと言いましたが、その際のサイコロの目は5と4であったのです。

 

そしてルシフェルはそのままサイコロが入った籠を置いたのでサイコロの目は、最初に見せた時とは逆になっているのではないかと思います。

 

サイコロの5の目の反対は2であり、4の目の反対は3です。

 

2と3を足すと5になり、5は奇数になるので半という事になります。

 

この事を谷津田はすぐに気づき、正心も谷津田の言葉からこの事に気づいて半と言ったのだと思います。

 

そして姫乃も正心と同じ半のところに行くでしょう。

 

<< 17話 一覧 19話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました