スポンサーリンク

鬼滅の刃202話ネタバレ考察感想あらすじ!炭治郎、戻ってこい!みんなの想い

漫画ネタバレ

2020年4月13日発売の週刊少年ジャンプ2020年20号で、『鬼滅の刃』202話が掲載されました。

 

鬼滅の刃202話は、鬼と化してしまった炭治郎が人々に襲いかかるところから始まります。

 

無惨は死の間際に、「鬼狩りを滅ぼす」という夢を炭治郎に託すため、自身の血と力を炭次郎に注ぎ込みます。

 

無惨が滅びたその後、鬼と化した炭治郎が目覚めました。

 

かつての優しい笑顔の炭治郎の面影はなく、戸惑う鬼殺隊。

 

人を殺してしまう前に炭治郎を“炭治郎のまま”殺せという冨岡ですが、伊之助の脳裏にはいつもの笑顔の炭治郎が浮かび、斬ることができません。

 

本記事では、鬼滅の刃202話「帰ろう」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 201話 一覧 203話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

鬼滅の刃202話のあらすじネタバレ

伊之助に襲いかかる炭治郎。

 

その瞬間、黒くて長い髪が風に舞います。

 

人に戻る事のできた禰豆子が現れ、炭治郎を止めに入りました。

 

正面から抱きつくように、炭治郎にしがみつく禰豆子。

 

炭治郎は抱きつく禰豆子の背中を握り潰し、羽織には血が滲みます。

 

禰豆子は肩に噛みつかれても、炭治郎を離すことはありません。

 

涙を流しながら、鬼になっていた間のことを炭治郎に謝り、炭治郎や優しい人たちが苦しい目に合うことに悔しさを表します。

 

そして炭治郎に向け、「鬼にならずに家に帰ろう」と伝えます。

 

しかし、それに答えることなく雄叫びをあげ、禰豆子の体を爪で削り取る炭治郎。

 

そのまま禰豆子を投げ飛ばそうとしますが、そこに善逸が飛びかかります。

 

炭治郎を背後から押さえ込み、禰豆子が人に戻ってることを泣き叫びながら伝える善逸。

 

それでも、炭治郎の衝動は止まりません。

 

さらに伊之助も泣き叫びながら、元の炭治郎に戻れと騒ぎます。

 

そんな二人に対し、雄叫びをあげ一撃で吹き飛ばしてしまう炭治郎。

 

禰豆子だけはそれでも炭治郎から離れません。

 

炭治郎の背中からは無惨と同じように、鋼と骨の鎖のようなものが飛び出ています。

 

そんな炭治郎にしがみつき続け、炭治郎に「負けないで」と訴える禰豆子。

 

しかし禰豆子の想いは届かず、炭治郎は息を荒げながら善逸に攻撃を向けます。

 

透かさず助けに入る冨岡ですが、陽光灼けもせず赤い日輪刀も効かない炭治郎相手に、殺す算段がつきません。

 

あらゆる血気術で冨岡を攻撃する炭治郎を、禰豆子は身を挺して止めようとします。

 

そんな中、冨岡は炭治郎が目の前の禰豆子を食べようとしない事、自分への攻撃が逸れた事を不思議に思いました。

 

そんな姿に、炭治郎も己の姿に抗っているのでは、と考えた冨岡。

 

炭治郎の自我を取り戻す方法があれば、と一筋の希望がよぎります。

 

その様子を建物の影から見ていた兪史郎。

 

鬼のため陽の元に出られない兪史郎は、自分には何もできないと悔やんでいると、その前をフラフラのカナヲが通り過ぎます。

 

カナヲは懐からある物を取り出しました。

 

胡蝶は珠世とは別に、藤の花から鬼を人間に戻す薬を作っていたのです。

 

カナヲは上弦の弐・童磨との戦闘の末に残った片目は「このためだったんだね」と涙を流します。

 

そして彼岸珠眼で炭治郎の攻撃を掻い潜り、後ろに回り込むカナヲ。

 

とっさに反応した炭治郎の爪がカナヲの目の前を通り、体を切り裂きます。

 

カナヲは傷を負いながらも、胡蝶の薬を炭治郎の背中に刺すことに成功。

 

地面に倒れ込みながらも炭治郎に「禰豆子ちゃんを泣かせたらだめだよ、、」と伝えるカナヲ。

 

その瞬間、無惨の力に取り込まれ奥底に眠っていた炭治郎が、一瞬意識を取り戻します。

 

そして、動きの止まった炭治郎の心臓が大きく跳ね動きます。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃202話の感想と考察

ついに、炭治郎の元に禰豆子が現れました。

 

人に戻った禰豆子が再開できたのは鬼になった炭治郎。

 

悲しすぎる再会をした二人ですが、鬼になった炭治郎に禰豆子が「鬼になっちゃだめ」と言うシーンに、1話目を思い出しました。

 

1話目で鬼になってしまった禰豆子に一生懸命語りかける炭治郎と、今の禰豆子の姿が重なります。

 

200話を越えて、立場が逆転してしまった二人。

 

炭治郎と禰豆子にどれだけの試練を与えるのでしょうか。

 

炭治郎の事を必死に止めようとする、禰豆子、善逸、伊之助、冨岡、カナヲ。

 

善逸を支える形ですが、鬼殺隊員も涙しながら戦っています。

 

炭治郎がこれまでに頑張ってきたその分、今度は炭治郎を守ろうと皆が頑張ってくれているんですね。

 

その様子に炭治郎がどれだけ、人に愛されているのかが伝わってきます。

 

炭治郎向かってギャアギャア言う善逸と伊之助に、いつもの三人っぽさを感じましたが、一瞬で現実に引き戻されました。

 

陽の光も赤い日輪刀も効かない上に、攻撃力も最強な炭治郎。

 

悔しいですが、無惨の思った通りになってしまいました。

 

死んでなおも無惨の脅威を感じているようで、悔しいです。

 

最後は、カナヲの渾身の投薬が成功。

 

炭治郎の意識が一瞬戻り、このまま意識を取り戻してくれることを願います。

 

しかし、目覚めた炭次郎は目の前の有様を見て、どう思うのでしょうか。

 

優しい炭治郎のことだから、自分を責めてしまうのでは…。

 

それでも、やっぱりもう一度、笑顔の炭治郎に会いたいと思ってしまいます。

 

<< 201話 一覧 203話 >>
鬼滅の刃を漫画BANKやpdfダウンロード以外で無料で全巻読める方法を調査!
本記事では、漫画『鬼滅の刃』の全巻を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法を調査しました...
鬼滅の刃1期アニメ動画をアニチューブやパンドラ以外で無料でフル視聴する方法を紹介!
本記事では、『鬼滅の刃1期』のアニメ動画を全話無料で視聴する方法を紹介いたします。 もちろんアニチューブやパンドラなどの違法動画サイトとは違って、安心して安全に無料視聴できる方法ですので、ぜひ参考にしていただければと思います。...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました