スポンサーリンク

五等分の花嫁119話ネタバレ考察感想あらすじ!四葉と二人でデート!?

漫画ネタバレ

2020年1月29日発売の週刊少年マガジン2020年9号で、五等分の花嫁119話が掲載されました。

 

五等分の花嫁119話では、二乃の想いを受け止め、前に進み始める四葉と上杉。

 

上杉が起こした行動とは?

 

本記事では、五等分の花嫁119話「五つ星ツアー」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

五等分の花嫁119話のあらすじネタバレ

電車に乗った四葉と上杉。

 

本日はお誘いいただき、ありがとうございます、と堅苦しい四葉。

 

休みの日に悪いなという上杉に、下を向きながら四葉は、嬉しいと答えます。

 

何だかんだ、学校じゃ二人きりになれなかったから、と上杉が言います。

 

四葉は、あはは、確かに、誰がどこで聞いているか分からない、と気まずい空気が流れます。

 

電車が激しく揺れ、四葉が上杉に、壁ドンをしている体勢になります。

 

上杉が、これ逆じゃない?と聞くと、四葉も、ですかね、と気まずそうです。

 

話を変えようと四葉は、飛行機雲を見つけ、飛行機雲を見るといいことがある、って知ってます?と、上杉に聞きます。

 

上杉は、聞いたことがない、と答え、自分が情けないと落ち込んでいました。

 

この微妙な関係をここで終わらせ、今日は自分の考えたプランで、しっかりリードしようと意気込みます。

 

 

さあ、好きなものを、好きなだけ頼んでいいぞ!俺の奢りだ!と意気揚々という上杉。

 

わーい、ありがとうございます、と言う四葉。

 

上杉が四葉を連れてきたのは、ファミレスです。

 

その様子を、少し離れた席から見ている姉妹の四人。

 

もどかしい、何でデートの行き先が、ファミレスなのよ、と言う二乃。

 

三玖は、初々しくていいと言い、一花も、上杉にしては頑張ったほうだ、とにこやかです。

 

五月は一人、ご飯も美味しいと食べています。

 

上杉が、クーポンを使っているのを指摘した二乃に、ダメなの?と聞く三玖。

 

デートでクーポンはNGだ、と答えます。

 

四葉、そんな奴はさっさと捨てて、私にその席を譲りなさい、フー君、面倒臭いことしてないで、さっさと告って付き合っちゃいなさい、と複雑な心境の二乃。

 

五月は、上杉の気持ちがわかると言います。

 

先日、二乃と一緒にバッティングしてしまい、四葉の覚悟を聞いてしまっただけに、容易に踏み出すことが、出来ないのでしょう、と言います。

 

お互いそれが分かっているから、ぎこちないんだよね、という一花。

 

 

図書館に来た四葉と上杉。

 

上杉は、話題に困ったとき用に、スマホにメモをしていました。

 

スマホを見ている上杉に、何か探しているのかと聞く四葉。

 

上杉は、進学が現実味を帯びてきて、なにか目標か夢とか無いのか、と急な話題を振ります。

 

四葉は、私はやっぱり、誰かのサポートをして、支えることが自分に合っていると思う、諦めから始めたことだが、今ではそれも、誇れることだと気づいた、と話します。

 

上杉は、四葉らしいなと言います。

 

そう思えたのは、上杉のおかげだと言う四葉。

 

二人のぎこちなく、初々しい様子を、二乃はムズムズする!と見ています。

 

上杉は、それでも、具体的な目標があった方がいいんじゃないか、小さい頃の夢とか、と聞きます。

 

四葉は、小さい頃の夢を、覚えているようですが、上杉には、忘れてしまったととぼけます。

 

上杉は、思い出したらちゃんと言えと言い、あいつはあったと言っていた、と二乃の話をします。

 

四葉が、なんでしたっけ?と聞くと、上杉は、二乃が言っていたことを思い出し、日本一のケーキ屋さん、と言います。

 

そんな具体的には言ってないわよ!と、恥ずかしくて、つい出てきてしまった二乃。

 

図書館ではお静かに、と注意され三人は固まります。

 

五月が、気にせずに、とフォローに入りますが、上杉は、お前たちいつから、と驚きます。

 

お邪魔するつもりはなかったんです、どうか気にせずに、ですが、初デートで割引券やスマホを見たりは気にした方がいいかと、と注意をする五月。

 

全部見られていたことと、ダメ出しをされたことに落ち込みながら、四葉を連れて離れる上杉。

 

四葉の後姿を見ながら、もう背中は押さなくてよさそうですね、と微笑む五月。

 

 

上杉は、五月に指摘されたことを、四葉に謝ります。

 

四葉は、どこで何をしてても気になりません、上杉さんとなら、なんだって最高です、と嬉しそうです。

 

四葉の笑顔を見て上杉は、最後に一か所だけいいか?と誘います。

 

 

上杉が連れてきたのは、以前二人で来た公園です。

 

上杉は懐かしいと言い、四葉に、このボロブランコ好きだっただろう、と話します。

 

ブランコに座り、四葉は、今日は上杉の思い入れがある所に、連れてってくれるんじゃ、と聞きます。

 

上杉は、家族でたまに行くファミレス、よく勉強に使う図書館、お前と来たその日から、ここもその一つだ、と答えます。

 

四葉は、本当はまだ迷っている、と話します。

 

姉妹の皆を差し置いて、私だけこんなに、幸せな思いをしていいのかと、この選択は正しいのかと悩む四葉。

 

話をきいた上杉は、四葉に、ここからすごい飛んでいたよな、また見せてくれ、と頼みます。

 

四葉は、え、はい、それならお安いご用です、と軽々とブランコから跳んで、綺麗に着地をしてみせました。

 

どうです、と自慢げな四葉に、上杉は、もし俺がそこまで跳べたら、聞いて欲しい話があると言います。

 

四葉は、上杉の気持ちを察したようですが、今日は調子が良く、いつもより跳んだ為、上杉に無理をしないように、と慌てています。

 

上杉は真剣な表情で、いいから、見ててくれ、と言います。

 

まだ足りないと、かなり激しくブランコを漕いでいる上杉を見て、勢いつけすぎだと、心配する四葉。

 

あまりの激しさに、ブランコの鎖が切れ、上杉はそのまま飛ばされてしまいました。

 

倒れた上杉を見て、四葉は死んだと青ざめますが、四葉!と声を張る上杉。

 

こんな、デート一つこなすことが出来ない、未熟者の俺だが、それでもお前の横に立って、並べる男になれるよう精進する、と言います。

 

正しい道も、間違った道も、一緒に歩いて行こう、だからお前が良ければ、と上杉は自分の中で、思いつく限りの、最大限の言葉を選びます。

 

好きです、結婚してください、と四葉の前に跪き、手を差し伸べる上杉。

 

え、ええ!びっくりしました!段階を飛ばしすぎです!と想像と違ったことに、驚いている四葉。

 

上杉も同じく、早まったと反省しています。

 

付きあう前からそんなこと言われたら、引きます!と四葉が言うので、上杉が、もう一回やり直させて、と頼みます。

 

私じゃなかったらの話ですけど!と言う四葉。

 

じゃあ今のは聞かなかったことに、ん?え?と、四葉の言葉を聞き返す上杉。

 

四葉は、小さい頃の夢を思い出しました、皆が憧れてた、ベタなやつ、お嫁さんです、と笑顔で言います。

 

公園の外から、二人を見守る四人の姉妹。

 

上杉さん約束ですよ、いつかきっと、私の夢を叶えてください、と上杉の手を握る四葉。

 

二人で手を取り合い、夢に向かって歩み始めます。

 

スポンサーリンク

五等分の花嫁119話の感想と考察

二乃とも和解し、やっと二人の時間が出来ました。

 

デートに、姉妹たちがついて来ているのは、やっぱり、と笑えました。

 

ぎこちない二人にムズムズする、二乃の気持ちがわかります。

 

電車の時から、逆壁ドンなどが起き、上手くいかないことに、落ち込んでいた上杉でしたが、それも上杉らしいなと、私は思いました。

 

スムーズにリードする上杉は、やはり違う気がします。

 

ファミレスなのも、クーポン使うのも、上杉らしくて、私は安心しました。

 

最後の公園ですが、上杉が二人でどこに来たなどを、覚えていたことに、すこし驚き、その時から、四葉のことを特別に見ていたのかなと、嬉しく思いました。

 

ブランコの鎖が切れるという、滅多にないアクシデントに、笑えましたが、これも上杉らしいのかなと思いました。

 

最後まで格好がつかない上杉でしたが、まさかのプロポーズに、かなりぶっ飛んでいるなと驚きました。

 

でも四葉からしたら、とても嬉しいですよね。

 

今までで一番いい笑顔で、とても可愛かったです。

 

悩みを吹き飛ばしてくれる上杉に、惚れ直していて欲しいです。

 

 

ようやく結ばれた二人ですが、次回はどうゆう展開になるのでしょうか。

 

まずは受験でしょうか。

 

次回も気になります。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました