スポンサーリンク

五等分の花嫁118話ネタバレ考察感想あらすじ!二乃と四葉、互いの想い!

漫画ネタバレ

2020年1月22日発売の週刊少年マガジン2020年8号で、五等分の花嫁118話が掲載されました。

 

五等分の花嫁118話では、再び話し合う二乃と四葉。

 

二乃は四葉の話を聞いてくれるのでしょうか。

 

本記事では、五等分の花嫁118話「五月の思い出」のあらすじと感想を紹介していきます

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

五等分の花嫁118話のあらすじネタバレ

幼い頃の二乃は、一人で先に進もうとする四葉を、どうして一人で行くの、と不安そうに見ています。

 

空き教室の後ろで向き合う、二乃と四葉。

 

姉妹たちは、ずっと仲良くやってきたのに、一人何も言わず突っ走る四葉のことを、疎ましかったと言う二乃。

 

五つ子の輪を乱し始めたのは、四葉だと言います。

 

四葉は、自分勝手でごめん、と頭を下げます。

 

昨日も二乃のこと考えず、押し付けるばかりだったが、今も考えてることは同じだと言う四葉。

 

四葉の願いは、上杉との交際を認めてもらうことです。

 

二乃は、まだそんな甘いことを言っているのね、と呆れます。

 

なんで私が認めないといけない、と言いかけたとき、教室の前の方でガタッと物音がしました。

 

今のは何?と驚く二人。

 

チューという声が聞こえ、ネズミか、と安心します。

 

 

教室の前の方で隠れていた、五月と上杉。

 

上杉が教室から出ようと、扉を開けようとした音でした。

 

やっぱり扉を開けるのは厳しい、身動きが取れないぞ、と五月に言います。

 

密着してくる上杉に、五月は、あまり近づかないでください、と顔を赤くしています。

 

こんな所、四葉達には見せられない、と体育座りで、自分の膝に顔をうずめる五月。

 

上杉は何か思いついたようで、失礼と一言入れ、五月のポケットに手を伸ばします。

 

五月が驚いた為、今度は二人でチューチュー、とネズミの真似をします。

 

お前暴れんな!と怒る上杉。

 

五月は、上杉が急に手を伸ばしてきた為、驚いたと言います。

 

なんのつもりかと聞くと、上杉は、スマホで二乃たちを外に出そうと考えたようです。

 

しかし自分が今、持っていないため、五月のを借りようとしました。

 

五月も納得し、それならとスマホを貸そうとしましたが、ハッと何かに気づき、やっぱり駄目だと言います。

 

今はこの教室が暗いため、バレずに済んでいますが、画面の光でバレると説明します。

 

上杉も、一理あるなと納得し、このまま、大人しくしとくことしかないと諦めました。

 

五月は自分のスマホを、強く握りしめています。

 

下田の言う通り、このモヤモヤの正体が、嫉妬だとしたら、なんて悪い子なんだろうと考えています。

 

 

二乃は、もうお昼休みも終わってしまう、と教室から出ようとします。

 

待って!と、二乃の手を掴む四葉。

 

今更なんなの、私なんて無視して付き合えばいいじゃない!と、二乃は四葉の手を振りほどきます。

 

四葉は、これは自分と上杉、二人だけの問題じゃないと思っていると言います。

 

二乃と上杉のこれまでの関係、三玖や一花、五月と上杉が過ごしてきた日々を無視なんて、自分には出来ないと言う四葉。

 

四葉なりの覚悟を持って伝えに来た、四葉の願いは、上杉との関係を認めてもらうことです。

 

二乃が、だからそれは、と何か言いかけますが、四葉は遮り、只それは今じゃなくていいと言います。

 

数か月、数年、どれだけ時間が掛かるか分からないけれど、上杉のことをどれだけ好きなのか、この思いの強さを見てて欲しい、きっと負けてないからという四葉。

 

二乃は少し考え、たとえ今の四葉に謝られたり、説得されたとしても、納得はできないでしょうと言います。

 

それをわかった上で、あんたは茨の道を進むのね、と四葉に問います。

 

上杉を好きなくらい、姉妹のことも好きだと答える四葉。

 

その言葉に二乃は、全く馬鹿ね、と言います。

 

 

ガタンッと物音が鳴り、またネズミの鳴き声がします。

 

五月は、何を動揺しているのだと上杉に聞くと、してねーよと顔を赤くしている上杉。

 

二乃は物音がした方を見ながら、だけど四葉らしいわ、と言います。

 

五つ子の枷から解き放たれて、突き進んでいく、四葉の背中が気に入らなくて、羨ましかったと話します。

 

あんたはまだ私を競い合う相手として見てくれるかしら、と四葉に聞く二乃。

 

四葉は、勿論だよ、私たちはずっと、お互いを意識しながら生きていくんだ、と答えます。

 

時には仲間、時には敵、そんな、と四葉の言葉に、ライバルよねと続ける二乃。

 

二乃は四葉に、三玖とは話したかと聞きます。

 

うんと答える四葉に、三玖になんて言われたかと聞くと、怒ってると言われた、と四葉は言います。

 

それを聞き、口下手なんだからと微笑む二乃。

 

二乃は、昨日のことが無ければ、大人しく祝ってあげるつもりだったが、四葉が言うなら自分も言うわ、と話し始めます。

 

往生際が悪いのかもしれないが、二乃の上杉への気持ちは、収まる気がしないと言います。

 

ここで勝負は終わっていない、少し後ろで二人の行く末を見ててあげる、ほんの少しでも隙なんて見せたら、私が彼を奪ってやる、と涙目で言う二乃。

 

四葉は、二乃の想いを受け止め、うんと返事をします。

 

 

そろそろいいかしらね、と言い、ネズミの二人出てきなさい、と教室の前の方に向かって言う二乃。

 

気づいていたのか、と驚く上杉と、決してやましいことをしていたわけじゃ、と焦っている五月。

 

四葉は二人に気づいてなかったので、いつからそこに、もしかしてずっと聞いて、と青ざめます。

 

顔を赤くしながら、すまんと謝る上杉に、四葉も顔を真っ赤にし、二乃―!と怒ります。

 

てっきり知ってて言っているのかと思った、と言う二乃。

 

二乃は上杉に、聞いていたわよねと言い、そうゆうことだから、努々油断しないようにねと小悪魔のような笑顔で言います。

 

汗を流しながら、肝に銘じてくよと言う上杉。

 

五月は二乃らしいと笑い、上杉に、厄介な姉妹に手を出してしまいましたねと言います。

 

五月は以前、皆のことを考えると、素直におめでとうと言えない、と言う言葉を思い出しています。

 

二乃は四葉に、推薦のことをつい言い返しちゃったけど、本当のことだから、自信持ちなさいと応援しています。

 

その二人を見て五月は、下田の予想は外れだと、微笑んでいました。

 

二乃は、何笑っているの、と五月を不思議そうに見ます。

 

二乃と四葉を見て、ずっとモヤモヤしてた感情が無くなったからかもしれません、と胸に手を当てる五月。

 

どうゆうことだ、と上杉が聞くと、あなたには内緒です、と五月は言います。

 

 

五月の通っている塾で、以前相談に乗った女の子が泣きながら、好きだった人がクラスの女の子と付き合っていた、という報告を聞く五月。

 

五月は残念そうに、そうでしたか、と話を聞き、下田は、今時の中坊は進んでんなー、と頭に手をやります。

 

女の子が、こんなことなら好きにならなきゃ良かった、と言います。

 

五月は、辛いですよね、でもこれで終わりではありません、と優しく話します。

 

たとえ実らなかった恋であったとしても、彼を好きだった思い出、そんな自分が輝いていた記憶は、何事にも代えがたい宝となると言います。

 

この恋は、これからのあなたを、より輝かせてくれるはずだ、だからあなたも手放さないで、この恋の記憶を、と女の子の手を握る五月。

 

それを聞いていた下田は、五月にしては、やけに力強い言葉だなと言います。

 

何かあったな、と下田が目を輝かせると、なんのことでしょうと逃げる五月。

 

スマホに手を伸ばし、裏面を見ると、以前上杉と上杉の妹と撮った、プリクラが貼ってあります。

 

心の中で、上杉におめでとうという五月。

 

五月は、二乃と四葉の二人を見届け、自分の気持ちにも気づきました。

 

モヤモヤも解消し、これからまた前に進めそうです。

 

これからの姉妹と上杉の未来は、どうなるのでしょう。

 

スポンサーリンク

五等分の花嫁118話の感想と考察

上手く話せなかった二乃と四葉、ずっとモヤモヤしていた五月。

 

それぞれの問題が解決した回でした。

 

二乃はちゃんと祝おうとしていたんですね。

 

しかし四葉が謝ってきたことで、腹が立ち、素直に祝えなかったんですね。

 

しかし今回の話し合いで、二乃も本当の思いも言え、二乃らしいセリフだったと思います。

 

上杉に、いつでも狙っているという、小悪魔的な笑みは、私のなかで一番好きな表情になりました。

 

四葉は、まさか上杉が聞いているとは思わなかったので、かなり恥ずかしかったとは思いますが、どれだけ上杉のことが好きか分かりました。

 

そして五月、ずっとモヤモヤしていた正体が、嫉妬と言われ、否定し続けていましたが、二乃と四葉を見て、すっきりしたようでよかったです。

 

塾の女の子にも、かなり説得力のある、アドバイスが出来ていました。

 

みんな恋をへて、大人になっていくんですね。

 

姉妹たちの成長と、上杉の成長、大人になっていく過程を見れて、とてもほっこりします。

 

次回のことには触れていなかったので、次の話が分かりませんが、とても楽しみです。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました