スポンサーリンク

五等分の花嫁116話ネタバレ考察感想あらすじ!四葉になりきる三玖、その思惑とは!?

漫画ネタバレ

2020年1月8日発売の週刊少年マガジン2020年6号 で、『五等分の花嫁』116話が掲載されました。

 

五等分の花嫁116話では、四葉の変装をし、三玖が提案してきた作戦。

 

四葉は混乱しますが、三玖の行動の理由が聞けるのでしょうか。

 

本記事では、五等分の花嫁116話「五時間一部屋」のあらすじと感想を紹介していきます

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

五等分の花嫁116話のあらすじネタバレ

一花に電話をする三玖。

 

風が強くなり、電車が止まっているようです。

 

カラオケで四葉と二人、朝まで過ごすと連絡をしています。

 

一花から何かを聞いたようですが、心配しないでと言い、電話を切ります。

 

 

ドリンクバーにいる四葉のとこへ戻ると、他のお客から、双子だと見られています。

 

顔もそっくり、リボンも同じで可愛いと言われ、気まずそうにする四葉。

 

三玖に、何を飲むか聞きます。

 

四葉と同じもの、と答える三玖に驚きながら、四葉はオッケーと返事をします。

 

 

部屋に入り、重い空気の中、四葉は、二人でカラオケに来るの初めてだねと言います。

 

うん、と返事をする三玖。

 

四葉は、電車早く復旧するといいねと言います。

 

三玖はまた、うん、とだけ返事をします。

 

間が空き、今度は三玖が、四葉の名前を呼ぶと、四葉はすぐに、何?と反応します。

 

四葉になり変わるのは冗談だから、と言いながら、リボンをはずす三玖。

 

四葉の真似は出来ても、四葉にはなれない、このジュースは、私には甘すぎると言います。

 

話を聞き、三玖の名前を呼ぶ四葉。

 

三玖は手を叩き、せっかくだし歌おうと言い、四葉もそうだね、と言います。

 

 

あまりカラオケに来ないから、迷っちゃうと言う四葉。

 

三玖も持ち歌がないけれど、少しでも空気が和むような歌がないか、探しています。

 

二乃が家で、しつこいくらい聞いていた曲を見つけます。

 

これなら歌えるかもと、二乃も意外に役に立つなと思いながら、選びます。

 

画面を見ると、二人とも同じ曲を入れています。

 

四葉は、曲が被ってしまったことに謝り、自分は曲を変えるねと言います。

 

まさに五つ子みたいなことが起きたねと、気まずそうに笑う四葉。

 

三玖は、しまった、四葉も同じ記憶から、この曲を選んだだろうけど、と考えます。

 

本当に横取りをしようとしているみたいだ、と焦る三玖。

 

本当はもっと話したいことがあったはずなのに、と思いながら歌います。

 

点数は87点。

微妙な点、もう一度歌いたいと、悔しそうな三玖は、次の曲を選びます。

 

次は私だね、と立ち上がる四葉。

 

しかし、曲が中止されてしまいます。

 

三玖が間違えてしまったようで、四葉に謝ります。

 

四葉はいいよ、また入れたらいいしと言います。

 

三玖が怒っているんだと思っちゃった、と言うと、本当にミスだから、と申し訳なさそうに三玖は言います。

 

でも、怒ってはいる、と言う三玖。

 

その言葉に、ハッとする四葉。

 

三玖は真剣な表情で、私だったら、風太郎に困らせるようなことはしない、と言います。

 

風太郎の返事を迷っていると、一花から聞いたと言い、四葉は風太郎に、少なからず好感持っていたと思っていた、と言います。

 

四葉は、迷っていない、気持ちはずっと前から変わっていない、風太郎のことを想い続けている、と頬を染めながら強く言います。

 

その言葉を聞き、三玖は照れます。

 

まさか四葉から、その言葉を聞く日が来るとは思わなかった、でもそれなら、躊躇する理由はないよねと言います。

 

どうせ前の学校のことでしょ、と言う三玖。

 

四葉は、自分があの時、皆を不幸に巻き込んだのにと言いかけると、三玖は遮るように、四葉の名前を呼びます。

 

笑顔で、私たちのことは気にしないで、付き合っていいんだよ、という三玖。

 

四葉は驚きますが、すぐに三玖は、なんて言うと思った?と前髪を整えます。

 

なんとなくわかってはいたけど、それでも悔しい、四葉が悪いわけではないのにごめんね、と三玖は言います。

 

どうしても感情が荒立ってしまう、それだけ本気だったと話します。

 

もし四葉もそうだったなら、自分達のこの感情を受け止めて欲しい、と言います。

 

四葉は、二乃の気持ちを分かってあげられなかった、怒られて当然だと言います。

 

三玖は、二乃は怒ってるのがデフォルトみたいなものだから、とフォローします。

 

二乃が言っていた、恋愛で私たちは、敵でも仲間でもないって言葉を教えます。

 

その言葉を理解し、うん、と返事をする四葉。

 

三玖は、そう思ってくれているのならと、せめてもの抵抗で、絶対に背中なんか押してあげない、と笑顔で言います。

 

胸に手をあて、三玖の気持ちを受け止める四葉。

 

三玖は、ごめんね、どうか行き場のなくした、私たちの怒りを受け止めてと言います。

 

四葉は少し考え、曲を入れます。

 

最初に、三玖と被った曲です。

 

ごめん、さっきは譲ったけど、やっぱり歌いたい、三玖より絶対うまく歌うからと笑顔で言う四葉。

 

三玖は驚きましたが、私よりいい点を取ってから言って、もちろん取られたら取り返すと言います。

 

望むところ、と答える四葉。

 

 

朝になり、いい天気だねと、声を枯らした二人が、カラオケから出てきます。

 

枯れた声を、帰ったらみんなに笑われちゃうという四葉。

 

じゃあ帰らない?と、三玖が聞きます。

 

ううん、皆に会いたいと答える四葉。

 

その四葉を見ながら三玖は、四葉は一つ誤解していると、心の中で話します。

 

あえて本人には言わないけれど、あの時、今の学校に来る選択をしたから、風太郎に会えたと思います。

 

少なくとも私は、それを不幸だとは思えないと言います。

 

今までの、風太郎との思い出を、思い返します。

 

ポケットからリボンを取り出し、海に投げ、行こう、と歩き始める三玖。

 

風太郎に出会えたから、私は私を好きになれたんだ、と三玖はすっきりした表情で走りだします。

 

 

この恋で成長をした三玖。

 

これから四葉のするべきことは。

 

スポンサーリンク

五等分の花嫁116話の感想と考察

三玖の優しさが溢れたな、と思えた回でした。

 

五つ子皆、姉妹想いで、優しいですが、今回は三玖の話でした。

 

最初、風太郎に会った時の三玖からは、考えられないほどの成長をしましたよね。

 

とても嬉しく、読み終わったあと、じわじわと心に来ました。

 

最初変装してきたときは、いじわるして、四葉の本音を聞き出すのかなとも、思ったんですが、気を使い、空気を和まそうとしていたことから、そうではないと思いました。

 

本当は話したいけれど、うまく切り出せない、あの空間が、こちらにもすごく伝わってきて、ハラハラしました。

 

恋愛で、敵も仲間もないって言葉に考えさせられますね。

 

赤の他人なら、そんなこと一つも考えないようなことでしょうが、姉妹というだけで、こんなにも状況が変わります。

 

とても難しく、お互いを想っていないと、この考えにはならないですね。

 

姉妹愛を感じられる話だなと思いました。

 

 

四葉も少しずつ、自分の意見を言えるようになっていき、三玖も前に進めるようになれて、とても嬉しいです。

 

家に帰ってから、怒らせてしまった二乃とはどう向き合うのか。

 

一花ともまだ話していないので、姉妹それぞれが、四葉にどんな言葉を掛けるのかが、気になります。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

\ 漫画読むなら U-NEXT がおすすめ!/

  • 31日間の無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえる
  • すべての作品が、購入金額の最大40%ポイント還元される
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる
  • 見放題作品数No.1!無料トライアル中でも180,000本以上の動画が見放題
  • 解約がとっても簡単

\ スキマ時間がもっと楽しくなる!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

漫画ネタバレ 五等分の花嫁
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンガのZOO



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました