スポンサーリンク

エデンズゼロ89話ネタバレ考察感想あらすじ!ファイとハーミット、勝者はどっち?

漫画ネタバレ

2020年4月9日発売の週刊少年マガジン2020年19号で、『エデンズゼロ』89話が掲載されました。

 

『エデンズゼロ』89話は、マスター・ノアからドラッケンの『闇の錬金術士』以外にもう一つの異名を聞かされます。

 

果たして、その異名とは?

 

そして、通信が途絶えて消えそうなったノアは、最後にあることレベッカに告げていました。

 

それは前回の世界の時のことだったようですが、それは一体何だったのでしょうか?

 

一方、激化するファイとハーミットの戦闘。

 

意外な結末を迎えますが、この戦いの結末とは一体何でしょうか?

 

そして、勝者は一体誰でしょうか?

 

本記事では、エデンズゼロ89話『ハーミットVS.ファイ』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 88話 一覧 90話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

エデンズゼロ89話のあらすじネタバレ

ドラッケンの異名である『闇の錬金術士』は闇金と自身の能力からつけられたものでした。

 

さらに、彼の力は銀河六魔将ともいわれるほど強大なものでした。

 

そして、彼にはもう一つ異名がありました。

 

その異名を知るのはマスター・ノアでした。

 

「不死者ジョー」

 

このことを聞かされて驚くハッピーたち。

 

その後ノアは話そうとしますが、通信状況が悪くなってしまい雑音が入ってしまいます。

彼が最後に言おうとしたこと。

 

それは、レベッカは29号世界でドラッケンの弱点を見つけているはずであるということでした。

 

そして、ノアについてレベッカは質問しようとしますが通信が途絶えてしまいホログラムのノアは消えてしまいました。

 

結局、ノアが味方だったのかわからず困惑するシキ。

 

レベッカは、そのことはわからないものの目的がドラッケン撃退であるのは共通であったということを認識していました。

 

一方、ワイズはノアが言った『不死者』という言葉をどこかで聞いた気がしますが思い出せずにいました。

 

そして、ブルーガーデンにいたノアはこのように言いました。

 

「ここでドラッケンを倒せなければ私もこの星も死ぬことになるのだから」

 

レベッカはノアが言った弱点のことを考えていますが、29号世界での出来事をいくら思い出そうとしてもわかりませんでした。

 

一方、戦闘が続くファイとハーミット。

 

ハーミットは乗ったドローンを使ってファイへ銃撃しています。

 

油断していたファイはついに本気を出します。

 

そして、ファイは炎上します。

 

ファイが放った炎で仮想デバイスにダメージを与えドローンは機能停止して落下。

 

さらに、ドローンの銃を取ってハーミットに攻撃。

 

さらに本体を投げ飛ばして彼は逃げてしまいます。

 

その時、ファイが向かったのは隠し武器庫でした。

 

そして、彼はライフルでハーミットを狙い撃とうとします。

 

しかし、ハーミットはその攻撃を回避します。

 

その直後、プリズンマトリックスを発動させるハーミット。

 

プリズンマトリックスが発動してすぐに武器庫のたくさんの銃の銃口がファイを狙っていました。

 

この状況にファイは驚いてしまいます。

 

「ネットワークでつながってる武器は全部ハッキングできるの」

 

そこでファイが気になったのは、なぜ自分がここにいるのがわかったのかということでした。

 

ハーミットがわかった理由。

 

それは、アンドロイドには熱感知やサーモグラフィがあり、体温が高いファイを感知できるのは当然のことでした。

 

「狙撃手には絶望的に向いていないわね」

 

ハーミットの映像のようなものが現れてこのように言った直後、本来ファイの武器であるたくさんの銃でファイを撃ちます。

 

しかし、弾はエーテルコーティングしており、ファイを気絶させるだけでした。

 

ファイが倒れる音を外で聞いていたハーミットは最後にこのように言いました。

 

「痛みを知っているから優しくできるの」

 

「それが私の心」

 

スポンサーリンク

エデンズゼロ89話の感想と考察

まず気になったのは、ドラッケンの『闇の錬金術士』以外の異名が彼にはあるということ。

 

しかも『不死者』であること。

 

その時、ドラッケンが液体の中に入っているようですが、これが『不死者』につながるのかもしれません。

 

そして、弱点を29号世界で見つけているはずであるとノアが言っています。

 

29号世界で、ドラッケンはエーテルギア抽出する装置とキャットリーパーは覚醒後ではないと抽出できないと言っています。

 

一見すると、エーテルギアを抽出する装置を破壊さえすればドラッケンはレベッカの能力を奪うことができなくなるのでこれが弱点であると思いました。

 

しかし、『不死者』とはリンクしないので、他にドラッケンには弱点があるというのは確実だと思います。

 

この先、レベッカたちはそれを見つけることができるのかとても気になります。

 

一方、で今回のタイトルにもありましたが、今回でファイとハーミットの戦いに決着がつきました。

 

29号世界でもそうでしたがファイの活躍がそこまで多くなかったので、ファイはエレメント4最弱キャラと言う印象を持ってしまいました。

 

また、次回90話はダイチとシスターの戦闘になるようですが、これは2人の拷問対決になりそうな気がします。

 

さらに、この流れで行くと次は『ウィッチvs.ラグナ』、最後に『ホムラvs.シルフ』というタイトルになってそれぞれの戦いが結末まで描かれると思います。

 

どのような結末になるのかとても楽しみです。

 

<< 88話 一覧 90話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました