スポンサーリンク

五等分の花嫁115話ネタバレ考察感想あらすじ!学園祭が終わり、いつもの日常に!?

漫画ネタバレ

2019年12月25日発売の週刊少年マガジン2020年4・5号で、『五等分の花嫁』115話が掲載されました。

 

五等分の花嫁115話では、四葉の想いを聞いた風太郎。

 

これから、二人の楽しい毎日が来ると思いきや?

 

本記事では、五等分の花嫁115話「五通りの朝」のあらすじと感想を紹介していきます

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

五等分の花嫁115話のあらすじネタバレ

朝の駅、男の子二人が、学園祭で付き合いだすカップルが多いって本当か、と大きな声で話しています。

 

自分達には、そのような出来事が無かったからか、そんなカップルを馬鹿にしています。

 

その会話を聞き、風太郎は気まずそうにします。

 

そこに、待たせてごめん、と駆け寄ってきたのは、一花です。

 

寝坊したようですが、準備に時間かかったと、言い訳をします。

 

風太郎は、呼び出すのはいいが、昨日の今日じゃなくていいだろう、と言います。

 

一花は、学校休みなんだし、息抜きに付きあって、とお願いします。

 

四葉にもちゃんと連絡してあるから、心配しないで、と言う一花。

 

少し間が空き、さっさと行こうと言う風太郎に、元気よく、一花は返事をします。

 

 

ボーリングや、スポーツなどができる施設に来た二人。

 

一花は、仕事関係の人たちと出かけると、食事になるからと、楽しそうにバトミントンをします。

 

かなり息切れをしている、風太郎。

 

周りの人に大人っぽく見られる為、こうゆう遊びに付きあってくれるのは、姉妹たちと風太郎だけだと、一花は言います。

 

風太郎はそんな一花に、目立ってはいるが、大人っぽいはわからないと言います。

 

出来ればそのままで居てほしい、そうゆうとこに惹かれたから、と言う一花。

 

その言葉を聞き、思わず空振りをしてしまう風太郎。

 

こんなこと言ったら、四葉に怒られるかなと、一花は笑います。

 

少し考え、四葉から何も聞いていないのかと、風太郎は聞きます。

 

昨日は久々に、お父さんと一緒に食事だったから、風太郎のことはあまり話題に出なかったかも、と一花は言います。

 

何かあったのか、お姉さんに言ってごらん、と一花はネットをくぐってきます。

 

 

一花に、昨日の出来事を話す風太郎。

 

一花は、恋バナをする女子みたいに、かなり興奮しています。

 

その反応を見て風太郎は、どこが大人っぽいんだと、呆れています。

 

昨日、四葉に好きだと言われた後の話をします。

 

風太郎の手を取ろうとするも、謝り、まだやらなくちゃいけないことがある、という四葉。

 

その話を聞き、一花は、付き合ってないの!と驚きます。

 

一花がなんでだろうと言うと、風太郎は、やはりそう思うか、と理由がわからない様子。

 

一花が今日起きた時には、すでに四葉は居なかったそうです。

 

やらなくちゃいけないことは何だろう、と考える一花。

 

風太郎は、こうゆうことは分からないから、何か地雷を踏んでしまったのかと、かなり不安のようです。

 

一花は、まだ付き合ってないんだと、風太郎を見つめます。

 

まだ風太郎は、誰のものではないと、手を伸ばす一花。

 

しかしその手は、風太郎の背中を勢いよく叩き、シャキッとする!と励まします。

 

四葉は好きって言ったんだから、両想いだ、くよくよしてると嫌われるよ、とアドバイスをします。

 

風太郎は驚きましたが、一花にお礼を言い、感謝をします。

 

一花は以前、二乃に言われた言葉を思い出し、今ならわかる、これでいいんだよね、と心の中で二乃に問いかけます。

 

その二乃は、四葉と会っている様子です。

 

 

帰り道、風太郎から四葉に好きって言ってないよね、と確認する一花。

 

風太郎は、そんなわけ、と思い出しますが、あるな、と言っていないことに気づきます。

 

やらなくちゃいけないことがあるのは、風太郎の方なのでは、と一花が言います。

 

風太郎は焦りますが、直接言うのは、恥ずかしいようです。

 

ウブだねと笑う一花は、また練習相手になってもいいよと、からかいます。

 

からかうのが楽しいと言う一花、風太郎は本気で悩んでいるんだぞ、と真剣です。

 

 

二乃に突き飛ばされ、尻もちをつく四葉。

 

二乃はかなり怖い顔で、ふざけないで、もう一度言ってみなさい、と四葉を睨みます。

 

四葉は緊張した様子で、立ち上がりながら、昨日のことと今までのことを、謝りたいと言います。

 

あんたが私に、それをいう意味が分かっているかと、二乃は聞きます。

 

二乃がずっと、風太郎を好きなことは知っていたはずで、それがわかってて昨日を迎えたはずだ、と二乃は言います。

 

今あんたに心配されたくない、と大きな声になる二乃。

 

しかし四葉は、大切な家族だから心配だと、思いを伝えます。

 

二乃は考え、それならここまでだ、この関係が続くなら、姉妹の縁を切ると言います。

 

四葉は青ざめます。

 

 

家に帰りついた一花。

 

リビングで勉強をしている五月に、一人かと声を掛けます。

 

三人ともまだ出かけている、と答える五月に、まだ風太郎たちが、付きあってないことを報告します。

 

五月もどうしてだろうと考え、風太郎にこうなって欲しいと望んだはずなのに、と言います。

 

おめでたいし、応援もしたい、二人の関係に口出しも出来ない、しかし皆のことを考えると、素直におめでとうと言えない、と本音を言います。

 

その話を聞き、一花は風太郎に頑張れと、心の中で応援します。

 

 

風太郎は、狸の置物向かって、好きだという練習をしています。

 

一花から、自分の中の最大限の愛情表現をすればいいと、アドバイスをもらっています。

 

一花にお礼を言い、マスターできそうだと、頑張っている風太郎。

 

 

夜になり、一人で海に来た四葉は、真剣な表情です。

 

風太郎か皆か選ばないといけない、でも私は、と何か考えているようです。

 

そこに、体が冷えちゃうよと、四葉を心配しながら現れたのは、四葉の変装をした三玖です。

 

四葉は驚き、三玖の名前を呼びながら、固まっています。

 

わたし四葉、という三玖。

 

何事だと、三玖の行動がわからない四葉。

 

三玖は考えたと言い、自分が選ばれないのなら、四葉になり変わって、風太郎と付き合う作戦と言います。

 

口を大きく開け、驚いている四葉。

 

どうかな、と三玖は聞きます。

 

四葉は考え、ダメじゃないかな、倫理的に、と返事をします。

 

 

三玖は何を考え、この行動のとったのか。

 

四葉のやらなければいけないこととは?

 

スポンサーリンク

五等分の花嫁115話の感想と考察

四葉の想いを聞いた、その後の話でした。

 

せっかく両思いだと分かったのに、まだ付き合ってなかったなんて。

 

確かに、姉妹だからこそ、うやむやにしたくないですよね。

 

四葉の気持ちもわかるし、もちろん二乃の気持ちもわかります。

 

二乃からしたら、風太郎が選んだという結果を受け止め、あとは応援をしていくつもりだったんでしょう。

 

しかし、四葉が自分に気を使っている、と腹が立ったんでしょう。

 

謝罪もいらないですよね。

 

二乃の立場からしたら。

 

四葉は四葉で、今まで風太郎への想いを、閉じ込めていたような感じなので、正々堂々と戦っていた、三玖や二乃とは違うと、負い目があるのでしょう。

 

二乃から縁まで切ると言われてしまいましたが、これから和解できるのでしょうか。

 

 

一花はまだすぐに、風太郎への想いは断ち切れないでしょうが、応援するようでした。

 

五月は皆の気持ちを汲んで、何とも言えないようでしたね。

 

 

そして三玖、四葉の変装をし、すごい作戦を提案してきました。

 

これも四葉を想っての、三玖なりの気遣いなのでしょうか。

 

自分もつらいだろうに、四葉の心境を考え、行動してくれたことに、姉妹愛を感じました。

 

ただ、まだこの行動の、本当の意味を聞いていないので、次回、三玖と四葉の思いが聞けることが楽しみです。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました