スポンサーリンク

死神サイ殺ゲーム17話ネタバレ考察感想あらすじ!何処かに飛ばされる正心達!

漫画ネタバレ

2020年4月8日発売の週刊少年マガジン2020年19号で、『死神サイ殺ゲーム』17話が掲載されました。

 

死神サイ殺ゲーム17話は、死神革命軍に加わらないかと正心と姫乃に誘いをかける虹川。

 

虹川のやばさを感じ取る正心に対し、虹川はこの返事は次の夜会の時にでもと言って去っていきました。

 

そして未だに何の願いも持たないまま正心は夜会へと参加する事になりましたが、番人は正心達を始めとした参加者をある場所へと飛ばしたみたいです。

 

飛ばされた場所は何処かの島の海岸であり、その島を目掛けて多くの死神が向かっていました。

 

果たして、この島に何があるのでしょうか。

 

本記事では、死神サイ殺ゲーム17話『革命』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 16話 一覧 18話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

死神サイ殺ゲーム17話のあらすじネタバレ

死神の代打ちであり、死神の力で世の中を変えようとする死神革命軍の虹川がデート中の正心と姫乃の元に現れ、スカウトします。

 

正心は虹川が人をあっさりと始末した事、多面体サイコロを使っていた事にヤバさを感じているようでした。

 

虹川は死神の力を使ってこの世界を変えたいのだと、この素晴らしい能力を何かを成すために使わないと勿体ないと言います。

 

続けて自分達は死神と契約して寿命と引き換えに夜会に勝てばどんな願いも叶えられ、一時能力(ワンタイムスキル)でいかなる時でも発動できると口にする虹川。

 

正心は何をするつもりかと言うと、虹川は例えば死神の代打ちが数人協力して一時能力(ワンタイムスキル)を発動させたらどうなるかと聞きます。

 

虹川はそうすれば自衛隊駐屯地を機能停止にさせて制圧する事も、総理大臣を拉致したり出来ると言い放ったのです。

 

死神の力でそんなことが出来るのかと驚愕する正心。

 

虹川は自身の死神を召喚させながら自分の申し出を受けるか、この場で命を落とすのかと笑いながら迫ってきたようです。

 

彼と契約している死神を見たバッチとデンタは驚愕の表情をし、バッチは元番人のラムズだと言いました。

 

バッチ曰くラムズは番人の時から変な奴であり、わざと不公平な審判をしたり、理由もなく寿命を奪ったりしていたから番人から下ろされたとの事です。

 

正心は姫乃を下がらせるもこのままでは始末されると思う中、虹川は限りある寿命を使って金が欲しいと言う願いを叶えても仕方ないと、戦いには目的が必要なのだと今何の願いもない正心にとって耳が痛い言葉を発します。

 

しかし、それでも虹川みたいなテロリストの仲間には絶対にならないと心に誓ったようです。

 

正心達が何も言わなかったので虹川は死神の鎌を手にして、それを振るったが正心の喉元で止めました。

 

その理由は今日は挨拶に来ただけだと、将来有望な若手代打ちを始末するわけがないからでした。

 

そして夜会で会った時に答えを聞かせてほしいと言って去っていきました。

 

一旦助かったのだと呟いた正心はバッチにあの多面体サイコロは何だと尋ねると、デンタが上級代打ちになれば手に入るが今の正心と姫乃では勝利数が足りないから無理だと言ったようです。

 

デンタ曰く代打ちにはランクが決められており、夜会での勝利が増えれば増える程上がっていき、夜会で戦う相手は基本同じくらいのランクの相手になっているとのことです。

 

特別な夜会だった場合には多面体サイコロが支給されるが、勝ってランクを手に入れた方がいいとデンタは言います。

 

話を聞いた正心は虹川と会うのは自分が彼と同じランクにまで上がった時かと呟いたようです。

 

そして夜会の日になり、正心は会場へと向かっていたが未だに願いは何もないままでした。

 

今回の夜会の会場である東京国立美術館へ足を踏み入れた正心は短気そうな壮年の男性、ギャル風の女性、初対面の正心に気軽に話しかけるフレンドリーな男性がいました。

 

そしたら絵の中にいる女性の番人が今日は特別な夜会だから特別な場所でやってもらうと言って4人を何処かの島の浜辺に飛ばしたみたいです。

 

正心が目を覚ますと数十体の死神達が集まってきたので、何が始まるんだと驚愕の表情をしていました。

 

スポンサーリンク

死神サイ殺ゲーム17話の感想と考察

虹川はかなり危険な考えを抱いているようですね。

 

まぁ、死神の能力を使って自衛隊駐屯地を制圧しようとしたり、総理大臣を連れ去ろうとしている事から危ないのは間違いないと思います。

 

それに彼と契約している死神が元番人を務めていたラムズはきっと人間のように自由に振舞いたいから番人時代に様々な問題を起こして下ろされた際、死神の能力で革命を起こそうとしている虹川と意気投合したのではないでしょうか。

 

多面体サイコロが登場したことからこれからの物語で随所に出てくる可能性が高いと思います。

 

多面体という事なのでこれまで紹介された能力以外の能力もあると思いますので、それが一体どんな能力になるのかとても気になるところですね。

 

次回18話は多面体サイコロを使った夜会になるのではないでしょうか。

 

本来の夜会は本来行われるべき会場で行われるのですが、謎の島に飛ばされた事や沢山の死神が来た事で間違いなく多面体サイコロを使う夜会なのだと思います。

 

それにデンタが特別な夜会の場合は特例として多面体サイコロを使うと言っていましたし、正心達をこの島へと飛ばした女性の番人も特別な場所と言っていましたのでなおの事多面体サイコロを使うのではないでしょうか。

 

<< 16話 一覧 18話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました