スポンサーリンク

ランウェイで笑って136話ネタバレ考察感想あらすじ!停電した会場で千雪は!?

漫画ネタバレ

2020年4月8日発売の週刊少年マガジン2020年19号で、ランウェイで笑って136話が掲載されました。

 

ランウェイで笑って136話では、外の大雨は更に強まり、雷が落ちたことで会場の電気が落ちました。

 

真っ暗になった会場で、ランウェイ途中の千雪は一体どうするのでしょうか。

 

本記事では、ランウェイで笑って136話「相当な運」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 135話 一覧 137話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ランウェイで笑って136話のあらすじネタバレ

停電したことで舞台裏のスタッフたちは慌て、会場にいる観客たちにアナウンスをしようと動くスタッフ。

 

そのスタッフを呼び止め、会場の熱を下げないために自分が行くと、テルミは懐中電灯を受け取ります。

 

 

真っ暗の中、テルミがステージに向かって歩いていると、観客たちがトラブルなのか演出なのかと話しているのが聞こえます。

 

観客の熱が冷めないうちにと急いでいるテルミは、何か違和感を感じます。

 

急に暗くなったのに、会場が落ち着いているからでした。

 

周りを見渡すと、5万人のペンライトが真っ暗な会場を照らしていました。

 

テルミはペンライトのおかげだと気づき、ステージ中央にライトを向けると、何かに反射しました。

 

それは千雪が持っていたバックでした。

 

千雪は、バックに映る観客のペンライトの景色を、皆に見えるようにしています。

 

観客たちは演出だと思い、千雪の持っているバックが綺麗だと夢中になっています。

 

 

テルミは舞台裏に戻り、あとどのくらいで電気が回復するかスタッフに聞きます。

 

10秒ほどで戻ると聞いたテルミは、会場の熱は保てると確信しました。

 

電気が復活し、会場が一気に歓声で湧き上がります。

 

観客たちの興奮が伝わる舞台裏では、セイラがトリの準備を進めます。

 

千雪の様子が気になっているセイラに、靴を履かせている育人。

 

シャルのために用意した靴は、セイラには小さいようですが、意地でも履こうとしています。

 

セイラのマネージャーは、来週あるニューヨークでのショーのために、足を痛めて欲しくないとセイラを止めます。

 

騒がしい声に気づいたテルミが駆け付けると、マネージャーは真剣な表情でテルミに足が入らないことを伝え、今後の仕事のためにと、トリを降ろしてもらうよう頼みます。

 

セイラはマネージャーにお節介だと怒鳴り、千雪にチャンスをあげたくないと悔しそうです。

 

激しい雨が降り、シャルが来れなくなり、停電が起きたこと、鏡のバックを持っていたこと、靴が入らないこと、この連続の出来事に神は、千雪にもう一度チャンスをあげろと言っているかのようだとテルミは固まります。

 

トリを千雪にすると決めたテルミ。

 

セイラがテルミに食いつきますが、テルミはセイラの方がモデルとして上だと言います。

 

今回のこのトリは、千雪を試すためだと説明します。

 

時間が無い為、舞台袖で着替えることを育人に頼みます。

 

スポンサーリンク

ランウェイで笑って136話の感想と考察

会場の停電に驚きましたが、まさかペンライトのおかげで、なんとかなるとは思っていませんでした。

 

千雪も動揺した描写は無く、すぐバックに気づき演出かのように振る舞う機転のはやさ、さすがですね。

 

この偶然が重なり続け、千雪にチャンスが来るなんて、誰が想像していたのでしょうか。

 

恐ろしいほどの運の持ち主、そして奇跡。

 

現実のショーで、こんなことなかなかないですよね。

 

セイラもかなり悔しそうでした。

 

マネージャーが足を痛めると心配するほど、無理やり履こうとしてたとこから絶対に千雪に譲りたくないんだなと分かりました。

 

しかし入らないものは履けません。

 

マネージャーは大変だなと思いました。

 

本人がどれだけやりたいと言っても、無理なことは止めなければいけないのですから。

 

そのあとどれだけ怒られようが、本人のことを一番に考えてくれる人達なんですね。

 

次回137話では千雪がトリを務めることになると思いますが、どんな服の魅せ方をしてくれるのか、とても楽しみです。

 

<< 135話 一覧 137話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました