スポンサーリンク

チェンソーマン65話ネタバレ考察感想あらすじ!地獄!闇の悪魔VS一行!桁違いの強さに挑む!

漫画ネタバレ

2020年4月6日発売の週刊少年ジャンプ2020年19号で、「チェンソーマン」第65話が掲載されました。

 

「チェンソーマン」64話では、デンジや公安のデビルハンター、クァンシと人形の悪魔となったトーリカが地獄に引きこまれてしまいました。

 

空には無数のドアが敷き詰められており、地面には根元から切り落とされたような無数の指が落ちている世界。

 

早川がエンジンを入れてデンジを起こしますが、血が足りないためか完全なチェンソーマンになれません。

 

一方、魔人や悪魔たちは地獄にいる強力な悪魔たちの存在に恐怖し、殺してくれと願います。

 

一足遅く、宇宙服を着た人間の上半身と下半身の列の真ん中に姿を現した「闇の悪魔」。

 

何をされたか分からないまま一行は両腕を切り落とされました。

 

人形の悪魔であるトーリカはマキマを殺せる力を闇の悪魔に願い、現実世界のサンタクロースはついに闇の悪魔の肉片を手に入れるのでした・・・。

 

本記事では、「チェンソーマン」第65話「闇の悪魔」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 64話 一覧 66話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

チェンソーマン65話のあらすじネタバレ

マキマを殺せる力をトーリカが願ったことで、デンジは激しく反応します。

 

人形の悪魔というだけのこともあり、闇の悪魔に無表情のまま首をもがれたトーリカ。

 

その隙をつき、日下部が石の悪魔の力で闇の悪魔を攻撃します。

 

しかし、闇の悪魔は石にはならず、その腕には突然に苦しむ怪物の姿が現れました。

 

「石の悪魔」と呟く日下部。

 

闇の悪魔が石の悪魔を石よろしくバラバラに握りつぶすと、日下部も同じようにバラバラになってしまいました。

 

暴力の悪魔がコベニに「俺の仮面を取って隠れてて」と伝えます。

 

両腕が無くなったビームは流れ出る血をデンジに飲ませ、何とかチェンソーマンにしようとエンジンを入れました。

 

「どうか蘇って・・・オレ達の願いを・・・」

 

デンジに願いをかけるビームでしたが、闇の悪魔が指先を動かしただけでバラバラになってしまいます。

 

恐怖のあまり魔人たちが動けずにいる中、クァンシと玉置が闇の悪魔に蹴りかかりますが、次の瞬間。

 

クァンシ、玉置、さらに動けないでいた魔人たちまで全員が身体をバラバラにされて崩れ落ちてしまいます。

 

闇の悪魔の背後から、仮面が外れ筋骨隆々となり見違えた暴力の悪魔が飛び掛かっていきました。

 

しかし、闇の悪魔が理解不能な言葉を発すると、暴力の悪魔は身体のほとんどを削り取られて倒されてしまいます。

 

ここでいよいよ、立ち上がったデンジが動きました。

 

デンジには相手が闇の悪魔だろうと恐れる様子は一切ありませんでした。

 

完全では無いものの右腕からチェーンソーを出し、闇の悪魔に飛び掛かります。

 

しかし、チェーンソーで闇の悪魔を切り裂くことは出来ません。

 

倒れていく仲間たちの姿に、姫野を救えなかったことを思い出し動揺する早川。

 

闇の悪魔の胴体に当たる4つの頭と、祈るように合わせられた4つの両手。

 

デンジの身体が独りでに捻れていき、身動きが取れないまま倒れました。

 

身体の大半を削られていた暴力の悪魔は、口の中から新たな腕を出して飛び掛かります。

 

ですが、突如として現れた鈴のついた刀に貫かれ、攻撃が闇の悪魔まで届きません。

 

刀につけられた鈴の音が鳴り響きます。

 

「俺はまた・・・俺は・・・」

 

動揺と混乱のあまり動けずにいた早川のすぐ側まで、闇の悪魔は迫ってきていました。

 

その様子を黙ってみていることしか出来ない天使の悪魔。

 

果たして、一行はこのまま全滅をしてしまうのでしょうか・・・?

 

スポンサーリンク

チェンソーマン65話の感想と考察

もはや、何が起こっているのだか訳が分かりません。

 

名前をつけられた重要なキャラクター達が次から次へと死んでいく絶望感たるや相当なものです。

 

唯一、闇の悪魔に対抗できる可能性のあると思われたデンジも、いともたやすく倒されてしまいました。

 

こうなると、この後の展開として考えられるのは、地獄で死ぬと現実世界に転生できるという悪魔たちの話ですね。

 

地獄で死んだ人たちは、実は全員、現実世界に戻っただけだったという展開が一番無難で受け入れやすいです。

 

しかし、この作者はそんな安易な展開に好まないような気がします。

 

死んだキャラは本当に死んでいるのでしょう。

 

このまま早川が闇の悪魔に殺されそうになったところで、天使の悪魔が割って入り、他人から吸い取った寿命を皆に渡して生き返らせるとか。

 

なんだかしっくりきませんね。

 

それであれば、やはり早川の右瞳に住んでいる未来の悪魔が鍵になるというのはどうでしょうか。

 

実はここまで見てきた光景の全ては見せられた未来の光景であり、現実はまだこの展開にはなっていない。

 

ここから逆回しに話が進み始めたりすると、非常に面白い気がします!

 

以上、引き続き66話以降も目が離せないですね。

 

<< 64話 一覧 66話 >>
チェンソーマン漫画BANKやpdf無料ダウンロード以外で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では漫画『チェンソーマン』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後ま...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました