スポンサーリンク

約ネバ174話ネタバレ考察感想あらすじ!新たな未来のために前を向く!

漫画ネタバレ

2020年4月6日発売の週刊少年ジャンプ2020年19号で、『約束のネバーランド』174話が掲載されました。

 

約束のネバーランド174話は、今の立場を捨てることが出来ないと判断して自ら命を絶つ事にしたラートリー。

 

エマ達は救えなかった事を悔やむも、今の自分達に出来るのは輝かしい未来を見せる事だと言って前を向いたようです。

 

エマ達が全員で人間の世界に行く約束の全員の中にはイザベラ達シスターも含まれていたので、イザベラ達はエマ達に感謝します。

 

そんな中、王兵達が動き出している事をエマ達は知り、どのような行動をとるのでしょうか。

 

本記事では、約束のネバーランド174話『新しい世界①』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 173話 一覧 175話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

約束のネバーランド174話のあらすじネタバレ

エマはラートリーにも手を差し伸べて一緒に生きようと言いました。

 

対するラートリーは立場をそう簡単には捨てられないから、一族としてこの場で命を散らすと心の中で呟いてナイフで首を掻っ切ったみたいです。

 

しかし、そんなすぐにはあの世に逝く事は無かったようで、意識が朦朧としている中でエマ達が懸命に治療をしている光景が薄っすらと映っていました。

 

こんな自分のために何故助けるのだと、何でそんな顔をするのだと疑問に感じるラートリーはエマにもしGFに生まれていたら友達になれたのかなと言う言葉を思い出し始めたようです。

 

一瞬その光景を浮かばせたラートリーだったが、決してなれるわけがないと、仮に誘われても断固断ると断じました。

 

そしてもう治療はいいと、これからエマ達が作る世界は自分にとって眩し過ぎると感じているようでした。

 

そんなラートリーの精神世界に鬼が現れ、思ったより楽しめたと、1000年間ご苦労様と言葉をかけました。

 

エマ達の懸命の治療も空しく、ラートリーは本当にあの世へと旅立ってしまったようです。

 

救えなかったことに絶望するエマ達ですが、新たな世界を手に入れて見せるために涙を拭って前を向きます。

 

そしてイザベラ達シスターの元へと向かうと、彼女からこの後どうするのかと聞かれます。

 

対してエマ達は一旦退くと言い放ったみたいです。

 

その理由は周囲は2000の王兵がいるのと、まだやることが残っているからでした。

 

それと同時にエマはイザベラ達に笑みを浮かべたのだが、イザベラ達にとっては何が何だか分かりません。

 

エマはここへ来たらイザベラ達に伝えようとしていた言葉があったと言いつつ、全てが終わったらイザベラ達も人間の世界へ行こうと言ったのです。

 

実はエマは約束を結ぶ際に食用児だけではなく大人もだと言っていました。

 

勿論イザベラ達次第だけどと言いつつ、全部終わって約束を履行したらイザベラ達や他の農園の子供達や大人達も人間世界へと連れていくつもりだったと語るエマ。

 

しかし、シスター達はこれまでしてきた事を踏まえると気が進まず、イザベラは気持ちだけ受け取ると言います。

 

そんな中、レイがごちゃごちゃ五月蠅いと言って、悔いがあるなら人間の世界で晴らせると言ったのです。

 

レイ自身は生きていたからこそ償える罪も晴らせる悔いもあると言いつつ、もう誰も恨まないし恨んでないから一緒に行こうと言い、他の子供達も行こうと誘いをかけ始めたようです。

 

イザベラは心の中で辛くないはずなのに、ショックなはずなのに、母親に裏切られたのに何で許せるのかと疑問に思いつつ謝り、涙を流しながら有難うと口にしました。

 

そしてエマ達は再び出かけることにし、イザベラ達はこの裏切りはまだ外には漏れてないからと言う理由でGFに残ることにしたようです。

 

ノーマンはシスロに退避すると連絡を取ると、シスロから王兵が持ち場を離れて外橋へと向かっていると言う報告を受けます。

 

援軍が来たと思って慌てる子供達ですが、シスターが機械を使って王都からの連絡の映像を見るのでした。

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド174話の感想と考察

やはりラートリーは自ら命を絶ってしまったみたいですね。

 

エマ達も救えなかった事に悲しんでいましたが、悲しむよりも前を向いていい未来を作ってあの世にいるラートリーに見せた方が供養になるのではないかと考えたのでしょう。

 

そしてエマ達がシスター達も連れていこうとしていた事には驚きでした。

 

エマ達からしたらシスター達は鬼に食われないように生き残るためには手段を選ばない姿を見ていてある意味犠牲者なのだと思って、そうしたのではないかなと思います。

 

王兵達が新たに迫っているようですので、一体どうなっていくのか気になるところです。

 

次回175話は王兵は味方である事をエマ達が知るのではないでしょうか。

 

エマ達がラートリーと戦っている間に、王都ではムジカやソンジュが始末されそうになっている中、レウウィスがやって来てムジカとソンジュは国を救おうとしていて、悪いのは女王を始めとした者達だと言ったため、王都は彼の手によって制圧されました。

 

それ故に王兵達はエマ達を捕まえるためではなく、エマ達を助けるために呼ばれたのではないかと思います。

 

シスター達がある事に気付いたようですのできっと王都の事なのではないでしょうか。

 

シスター達の口から今来ている王兵達はエマ達の味方だと伝えるのだと思います。

 

<< 173話 一覧 175話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました