スポンサーリンク

ブラクロ246話ネタバレ考察感想あらすじ!ダンテの目的とスパイ

漫画ネタバレ

2020年4月6日発売の週刊少年ジャンプ2020年19号で、『ブラッククローバー』246話が掲載されました。

 

ブラッククローバー246話は、ダンテの猛攻で気を失っていたアスタは脳内で悪魔の言葉を聞いていました。

 

同じ頃、ヤミの一撃を喰らったダンテは悪魔の力で傷を回復させると、冥府の門を開いて悪魔達を呼び寄せると言う目的を語り、同時にそのためにはヤミとウィリアムの魔法が必要だと言い放ったようです。

 

更にスペード王国では黒の暴牛のメンバーがスパイとして侵入していました。

 

果たして、スパイの正体とは一体誰なのでしょうか。

 

本記事では、ブラッククローバー246話『クリフォトの樹』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 245話 一覧 247話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ブラッククローバー246話のあらすじネタバレ

ダンテにコテンパンにやられたアスタは精神世界の中にいました。

 

その中では悪魔がダンテへの殺意、怒り、憎しみを呟いており、その姿にアスタは唖然としているようです。

 

そしてアスタは意識を回復させるが、暴走していた時の事を何も覚えていないせいか何がどうなったのかも分かりませんでした。

 

それにさっきまでダンテにボコボコにされていたので体も全く動けませんでしたが、氣だけは探れました。

 

ゴーシュがダンテに刺されていた事を思い出したアスタはゴーシュの様子を氣で探ると、僅かに氣が感じられたので良かったと安堵しているようです。

 

そしてダンテの様子も探ろうとしたらヤミがダンテに一閃を喰らわせている光景を見ました。

 

ヤミはマナゾーンを凝縮させてマナを濃くさせた事による居合は絶対に外れないと豪語したようです。

 

対して一撃を喰らったダンテは高笑いを浮かべながら、自分にこちらの魔法を使わせるとはと言いながらヤミの攻撃による傷を回復させました。

 

ダンテが使った魔法はヤミですら分からず、バネッサもさっきまで使っていたのとは違う魔法だと感じ取っているようです。

 

ダンテは嫉妬、怒り、憎悪は溜まらないと言いつつ、ヤミの事を素晴らしいと評するとここまで退屈だったと呟きます。

 

ダンテは魔法を得てからどんなに活躍しても、どんな敵を倒しても、どんなに賞賛されても、どんな女を愛しても悪意を見たせなかったみたいです。

 

それ故にヤミと言う存在が素晴らしい世界を開いてくれると期待していました。

 

対するヤミはゾクッとしていて、気持ち悪いと言ってダンテにイカレオシャレヒゲと言うあだ名をつけたようです。

 

同時に自分は冥府を繋ぐ鍵ではないし、そんな謎の力は無いと言いました。

 

対してダンテは世界と冥府を繋ぐものはクリフォトの樹と言う魔法の径路であると、この樹を生み出すのに必要なのは闇魔法を使うヤミと世界樹魔法を使うウィリアムだと言ったのです。

 

ウィリアムの事を知っているのかと心の中で驚愕しながらも、世界と冥府が繋がったらどうなるんだと聞くヤミ。

 

その質問に答えるかのようにダンテはこの世界に悪魔がやって来て、この世界は悪魔で溢れた世界へと変わるのだと言い、あらゆる悪意で埋め尽くされるのを想像すると高笑いを浮かべ始めたようです。

 

この答えにフィンラル達は言葉も出ず、アスタも怒りを滲ませているようでした。

 

この答えに対してヤミはダンテをこの場で倒さないといけないのだと感じ取りました。

 

その頃、スペード王国の城では、漆黒の使徒になった者達が城内を見回っているようです。

 

彼らはクローバー王国のスパイが潜り込んでいるかもしれないという話をしていました。

 

そんな中、フードを被った何者かがダンテの部屋で何かを探しつつ、ある資料に目を通していると見張りの魔法騎士が現れ、攻撃を仕掛けるもフードの人物の姿はありませんでした。

 

そうしたらフードを被った人物は魔法騎士の影から出てくると足を掴んで影の中へと引きずり込みました。

 

フードを被った人物は影の中から出てきて歩くと、身に着けている鞄は黒の暴牛のものでした。

 

ブラッククローバー最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANKやraw以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『ブラッククローバー』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

ブラッククローバー246話の感想と考察

ダンテに一撃を喰らわせたヤミですが、これで終わりではなかったみたいですね。

 

ダンテはこちらの魔法と言っていたところから重力魔法は元々圧変えて射て、こちらの魔法とは悪魔の魔法なのではないかと思います。

 

アスタの悪魔の魔法とは恐らく違い、かなり強力なのではないでしょうか。

 

もしそうだとすれば、ダンテが退屈が紛らわして悪意を増幅するために冥府の門を開こうと目論むのも無理ないんじゃないかなと思います。

 

そして2人の戦いはここからが本番だと思いますので、どんな戦いになるのか楽しみです。

 

次回247話はスパイの正体が明らかになるのではないでしょうか。

 

恐らくこのスパイはここ最近侵入してきたものと思います。

 

そうでなければ、ダークトライアドが各地に襲撃したことを知らせるはずですから、それが出来なかったとなるここ最近侵入したのではないでしょうか。

 

アスタ、ヤミ、バネッサ、ゴーシュ、ヘンリー、グレイ、フィンラルはダンテの元にいますし、ノエルはハート王国にいますし、ラックやマグナ、ゴードン、チャーミーには隠密行動には向いていませんし、ゾラは適任だとは思いますが彼は灰魔法の使い手で影魔法は扱えません。

 

それを踏まえるとまだ登場していない新たな団員なのではないでしょうか。

 

<< 245話 一覧 247話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました