スポンサーリンク

キングダム637話ネタバレ考察感想あらすじ!黄河を渡る秦軍の補給部隊!無事に補給物資は届くのか

漫画ネタバレ

2020年4月2日発売の週刊ヤングジャンプ2020年18号で、『キングダム』637話が掲載されました。

 

介億(かいおく)が率いる補給部隊の兵糧の俵の中身が空であったことに混乱を来す趙軍。

 

介億は自らが囮の兵糧補給部隊である事が早急に趙軍に知れ渡ったことをほくそ笑みながらも、本命の補給部隊が鄴へと補給物資を運び入れることを託します。

 

鄴城内においては兵糧不足による深刻な飢餓状態が進行していました。

 

鄴城を取り戻す算段を巡らす李牧(りぼく)の元に王都邯鄲(かんたん)よりの使者が到着します。

 

本記事では、『キングダム』637話『鄴の命』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 636話 一覧 638話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

キングダム637話のあらすじネタバレ

秦軍の補給部隊の荷物に兵糧は存在せず、焼き払われた俵の中身が空洞と判明。

 

慌てて、他の俵も調べるように指揮官は命じ、その結果として「全ての俵が空であり、補給部隊は見せかけだけのものであり、兵糧を持っていない」事情を舜水樹(しゅんすいじゅ)に報告します。

 

ほくそ笑む介億は想定以上に早く、自軍が囮りであることを少しだけ自嘲し、兵を撤退させるように命じます。

 

困惑し、「宜しいのか?」と疑問に思う部下に対して、「補給の本命が他にある」とだけ返すのでした。

 

その本命の補強部隊は大船を以って黄河を抜けて鄴に補給物資を届けようと画策していました。

 

補強部隊を率いる将軍は青忠(せいちゅう)。

 

彼は霧に紛れて鄴へと邁進せよと言い放ちます。

 

青忠が率いる部隊が列尾を越え、趙国水域に侵入を果たしたことを知った昌平君は口元を右手で隠し、何かを思案している模様。

 

趙軍総大将李牧はその手を読んでおり、舜水樹に「秦軍は必ず黄河を用いて兵糧を運ぼうとする」と既に伝えてありました。

 

舜水樹はその策の裏をかいて介億の部隊が本命であることを考慮していましたが、それが徒労に終わるものの、余裕を崩しません。

 

青忠が進む先には既に趙軍水軍総大将甲鬼央(こうきおう)が率いる大船団が待ち構えていたのでした。

 

焦る秦軍に雨のように矢を降らせる趙軍。

 

秦の水軍は最強だと叫ぶ青忠に対して、「上流と下流てば、水量が違う。よって、水軍そのものに練度の差が生じる」と甲鬼央は秦軍を殲滅せんと行動に移します。

 

鄴城内では、長きに渡る絶食による極限の飢餓状態が続いていました。

 

全兵士は横たわったままで、立ち上がる気力を失ったまま。

 

芋を2つ差し出して来た隊員に「1つはキョウカイに、残りはお前が食べろ」と断る信はこの状況下で苦悩していました。

 

鄴城を見続ける李牧に「我々が鄴城を監視する為、李牧は休んで欲しい」と進言する側近達。

 

何か悪い予感を覚えていた李牧でしたが、側近達の進言を受け入れることとします。

 

そこへ王命を受けた騎馬隊が乱入し、「王命により、李牧を邯鄲まで連行する」と伝えます。

 

それを断る場合は、側近達を皆殺しにして無理矢理でも連行するとも宣言。

 

連行された李牧は罪人の如く手枷を嵌められ、「朱海平原の戦いでの敗戦の咎が原因か?」と質問すると、それに是と答える連行者。

 

「せめて後10日、鄴城を取り戻すまでの猶予が欲しかった」と告げる李牧に「王命は絶対」とだけ連行者は返します。

 

残された舜水樹に託し、大人しく連行されて行く李牧。

 

補強さえ断てば、秦軍は壊滅すると硬く信じる李牧でしたが、李牧の思惑通りに事態は進みます。

 

秦の水軍は趙軍の水軍により壊滅させられ、水軍が用意した兵糧は黄河へと投げ落とされました。

 

補強物資を運ぶ水軍の敗報を受け取った咸陽では廷臣達が激しい混乱に見舞われるも、ただ1人昌平君のみは戦前に王翦から託された頼みに思いを巡らせていたのでした。

 

キングダムを漫画BANKや漫画タウン以外で無料で全巻全部を安全に読める方法を調査!
本記事では、漫画『キングダム』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

キングダム637話の感想と考察

前回の読みが的中する事になりました。やはり、秦軍は水路を利用して補給物資を運ぼうと画策していたようですね。

 

問題はその一手を趙軍李牧に読まれていたと言うことでしょうか。

 

水軍による補給部隊が壊滅してしまった今、列尾を越えた部隊の後続として補給物資を運ぶ部隊が別動隊としているのか? と考えて良いかもしれません。

 

そして、何より趙軍総大将李牧の戦線離脱は大きいです。舜水樹に後事を託した李牧でしたが、趙軍三大天、智将李牧が戦場を離れることで戦況は大きく秦軍に傾くことでしょう。

 

個人的には「遂にこの時が来たか」と言ったところですね。

 

秦軍は最強の部隊もそうでしたが、それよりも多額の金品を他国の重臣に贈賄し、奸臣に讒言(ざんげん)をさせて、名将を粛正させ、将軍を交代させると言った離間の計を達成させるのが実に上手なのですよね。

 

有名なところでは長平の戦いでの白起(はっき)と趙括(ちょうかつ)の戦いでしょうか。

 

この戦いでは戦線を固く守る廉頗(れんぱ)を讒言によって趙括に交代させて、結果として40万とも呼ばれる趙軍兵士が犠牲となりました。

 

王翦(おうせん)が昌平君に託していた願いもこれだったのかもしれません。

 

悲劇の名将と呼ばれる李牧の最後はまだまだ先にはなるでしょうが、あの名将李牧の最後が刻一刻と迫って来ているのは事実です。

 

<< 636話 一覧 638話 >>
https://jpp-zoo.jp/archives/6712
https://jpp-zoo.jp/archives/7155



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました