スポンサーリンク

リビドーズ60話ネタバレ考察感想あらすじ!早速、血液の効果を試す!

漫画ネタバレ

2020年4月2日発売の週刊ヤングジャンプ2020年18号で、『リビドーズ』60話が掲載されました。

 

リビドーズ60話は、中竹達と同盟を組んだイサム達。

 

そのおかげでイサムの血液を大量に入手する事に出来た中竹は早速その効果を試すために、仲間達を連れてアンドロギュノスを探しに行きます。

 

ハヤシの能力でアンドロギュノスを見つけ、ケイの能力でアンドロギュノスを手負いにさせると中竹は血液を使ってアンドロギュノスの核を殴りつける事で破壊したのです。

 

この様子を見ていた間淵は彼らと組めば田丸を止められるかもしれないと思いました。

 

本記事では、リビドーズ60話『…こいつ等なら』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 59話 一覧 61話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

リビドーズ60話のあらすじネタバレ

中竹達と同盟を結んだイサム達。

 

中竹はイサムの血液がアンドロギュノスに対して有効的だと知った中竹は、イサムから沢山の血液を手に入れているようです。

 

沢山の血液を採取されているせいなのか、イサムの顔色はとても悪くなっているみたいです。

 

中竹はある程度の血液を採取して満足すると共に、イサムに血液を作るための鉄分を摂取するように言います。

 

正直、血を抜かれたので目がかすみながらも自分は大丈夫だから今すぐ出発しようと言うイサム。

 

しかし、中竹は出発は明朝だと強調し、政府を相手取るとなると色々準備が必要なのだと言います。

 

ルイに船の方は大丈夫なのかと聞くと、ルイは自信満々に任せておけと言ったのです。

 

間淵は未感染者は小笠原諸島の父島に男、母島に女で隔離され、政府軍の中枢は父島基地であり警備体制は万全で少なくても各島には300人くらいいると説明したようです。

 

この事にクラタは驚き、中竹は中々の大仕事になりそうだと呟きます。

 

すかさず中竹はタカとゲジに目黒で武器調達を命じると、イデ、ケイ、ハヤシは自分についてくるように指示を出したみたいです。

 

中竹はイサムが採取した血液を試すためにアンドロギュノスを探しに行くみたいです。

 

間淵はイサムがアンドロギュノスを始末したのをこの目で見たからと言って同行させてほしいと頼み、ミキヤも記録したいという理由で同行を希望します。

 

中竹は了承するも、命の補償はしないと忠告して車に乗せたようです。

 

アンドロギュノス探しに行く中、ハヤシは運転するイデが吸うタバコの臭さに辟易しており、イデは早く慣れろと言って煙を吹きかけました。

 

この様子を見ていたミキヤは本当に大丈夫なのかと不安を隠せていないみたいです。

 

そして建物前に車を止めると、ハヤシはスピーカーを耳に入れるとエッチな温泉を流します。

 

それによってリビドーズとしての能力が発動し、耳が巨大化してアンドロギュノスの足音を探っています。

 

この様子を間淵は気持ち悪いと思ったようです。

 

その結果、建物の地下にアンドロギュノスがいる事が発覚し、イデはハヤシの指示通りに車を運転させます。

 

そしたら目の前にアンドロギュノスがいたようです。

 

イデはマジでやるのかと中竹に言うと、マジだと言わんばかりに中竹はケイに行くように言うと自分も車から降りたみたいです。

 

中竹はケイに注意を引き付けるように命じると、ケイは女性と犬の写真を見る事で獣人の姿になりました。

 

ミキヤはその事に驚いていると、ケイは素早い動きでアンドロギュノスの腕を噛み千切りますが、アンドロギュノスはあっさり再生させたようです。

 

そして中竹は血液をアンドロギュノスに浴びせると、核の姿が露わになったので中竹は殴りつけることでアンドロギュノスを撃破しました。

 

この様子を見ていた間淵はこれなら田丸を止められると確信する中、中竹はある事に気づいたようです。

 

その頃、田丸はスマホを見ていました。

 

スマホには妻子の写真があり、妻はアンドロギュノスによって始末されていたようです。

 

その事でリビドーズになろうとしていた田丸だったが、薬で抑えるのでした。

 

スポンサーリンク

リビドーズ60話の感想と考察

今回の話で、採取されたイサムの血液の効果が立証された話でしたね。

 

イサムの血液にアンドロギュノスが反応したので、当然と言えば当然ですが採取した血でもアンドロギュノスは核を出現させたことには驚きましたね。

 

血は血でも出たばかりの血でないと効果が無いと思っていましたのでなお驚きましたね。

 

今回の事で抜いた血でも、普通に血を吹きかける事でアンドロギュノスを倒せる事が立証できたのでこれで今まで脅威の存在だったアンドロギュノスは怖くないと言えるでしょう。

 

そして明朝を迎えて、政府を打倒するためにイサム達は出撃していく展開になっていくのだと思います。

 

次回61話はいよいよ出発するのではないかと思います。

 

明朝になってタカとゲジが必要な武器を調達し終えていて、血液を沢山抜き取られていて貧血状態で眠っていたイサムも回復していると思いますので、彼らはいよいよ出発するでしょう。

 

そして邪魔をする者達を蹴散らしていき、ルイの関係者が用意している船に乗ると共に政府の中枢がある父島へと行くと思います。

 

一つ一つの島を制圧していったら時間がかかりますので、中枢を潰せば全てを制圧したと言っても過言ではありませんのでそうするのではないでしょうか。

 

<< 59話 一覧 61話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました