スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊213話ネタバレ考察感想あらすじ!フェアリーを倒すべく駆け付けたのは誰?

漫画ネタバレ

2020年4月1日発売の週刊少年マガジン2020年18号で、『炎炎ノ消防隊』213話が掲載されました。

 

『炎炎ノ消防隊』213話ではグスタフや大黒の前に現れたフェアリーはシンラを奪って逃げようとします。

 

特に黒野は追いかけようとしますが、ある事がきっかけで追うことができなくなってしまいます。

 

原因は焔ビトにありますが、果たしてその理由とは?

 

そんな状況の中、フェアリーを倒そうとある人物が登場します。

 

果たしてその人物とは?

 

そして、その人物はフェアリーを倒すことができるのか?

 

本記事では、炎炎ノ消防隊213話『空中武闘』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 212話 一覧 214話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

炎炎ノ消防隊213話のあらすじネタバレ

フェアリーが出現して上を見上げる大黒とグスタフ。

 

その直後、横たわるシンラが宙に浮かびます。

 

さらに、大黒が海上に飛ばされてしまいます。

 

大黒は黒野の名前を叫びますが、彼は大黒を見捨てようとしていました。

 

「今回の現場で俺に何かあれば労災責任がお前に行くように処理済みだぞ‼」

 

大黒のパワハラ発言を受けて黒野は自分の能力で大黒を救助します。

 

しかし、煤でスーツが汚れたことが気に食わない大黒はさらにパワハラ発言をします。

 

そして、シンラを救助するよう指示しますが、その時フェアリーがシンラを担いで逃げようとしていました。

 

その後、大黒はグスタフに自分を守るよう指示。

 

それを受けて隊員に警護を指示します。

 

グスタフの指示を受けますが、大黒がどのような人物が隊員たちは気になっていました。

 

そして、大黒のことを知る隊員曰く、彼の人間性は最低だけれど最高の結果を出すので若手は大黒についていきたいと思っている人がいるらしいということでした。

 

大黒についての説明が終わった直後、陸地では大爆発が起きてあたりが大炎上。

 

瓦礫が爆風で飛んできますが、大黒は自分の能力で黒野は守ります。

 

大黒は焔ビトが火を吹いたことに気づきます、驚きを隠せない表情をしています。

 

彼の視線には砲台のような口をした焔ビトの姿がありました。

 

スコップの身を心配する一方で焔ビトが上陸した時のことを心配するジャガーノート。

 

一方、周りは大炎上の状況や負傷者の把握でパニックになっていました。

 

そして、上空でこの様子を見ていたフェアリーはこのように言います。

 

「さあ巨人を止めろ」

 

「時は来たんだその力を人間は持っている」

 

焔ビトの攻撃の破壊力や被害状況を踏まえて大黒は黒野に焔ビトの撃退を優先することを指示します。

 

そのことは、ジャガーノートは焔ビトへ攻撃をしていました。

 

「その巨人を倒さねば儀式は進まぬ」

 

「そんな火力じゃ足りないぞ」

 

上空で見ていたフェアリーはこのように言っていました。

 

その直後、フェアリーに向かって柱が飛んできます。

 

柱が飛んできたことに気づいた直後、さらに柱が飛んできます。

 

しかし、それらはフェアリーを狙ったものではありませんでした。

 

その直後、柱を足場にしてフェアリーへ迫る人物が登場。

 

それはショウでした。

 

ショウは攻撃しようと刀を抜こうとしますが、フェアリーがショウに向かって手をかざした瞬間海に向かって突き落とされそうになってしまいます。

 

しかし、飛んできた柱を足場にして再びフェアリーに接近します。

 

今度は抜いた刀がフェアリーの首元に迫ろうとしますが、その直後ショウは上空に飛ばされてしまいます。

 

その直後、下にいるアローにアイコンタクトをおくるショウに対してアローは柱を放ちます。

 

そして、ショウはそれを踏み台にしてフェアリーに向かって急降下。

 

フェアリーを斬ったショウですがフェアリーは不敵な笑みをこぼしていました。

 

炎炎ノ消防隊を最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANK以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『炎炎ノ消防隊』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最後まで...
スポンサーリンク

炎炎ノ消防隊213話の感想と考察

シンラの救出のためなのかはまだ確証が持てませんが久しぶりにショウが登場。

 

彼の登場により、この先どうなるかがとても楽しみです。

 

続いて、フェアリーの能力についてですが、シンラに触れずに宙に浮かせたり、相手を吹き飛ばしたりしています。

 

そのことを踏まえると空気を操作することで浮いたり吹き飛ばしたりと言ったコントロールができるのではないかと思いました。

 

また、アローが放った柱に関しては何も干渉していないので人体限定で作用するのかもしれません。

 

ただ、柱を足場として使うために撃っているので、今の段階では可能性の話です。

 

さらに、ショウがフェアリーを斬っていますが、これでフェアリー撃退というのは絶対にありえないと思います。

 

本体はフェアリーと言うだけあって小さいのかもしれませんが間違いなく生きています。

 

そして、次回はショウVSフェアリーが続く一方、焔ビトVSジャガーノート&黒野という展開になると思います。

 

焔ビトを倒すことができるのかというのも気になりますが、焔ビトが攻撃を放った時に言っていたフェアリーの言葉も気になります。

 

「焔ビトを倒せ」と解釈できるフェアリーの発言ですが、倒した時にその真意が明らかになると思うので、それが明らかになることを期待したいと思います。

 

<< 212話 一覧 214話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました