スポンサーリンク

なれの果ての僕ら12話ネタバレ考察感想あらすじ!新たな実験が始まる!

なれの果ての僕ら

2020年4月1日発売の週刊少年マガジン2020年18号で、『なれの果ての僕ら』12話が掲載されました。

 

なれの果ての僕ら12話は、ネズは桜庭に9時半になったらリーダーと副リーダーは調理実習室に来いと言われましたので、そこへ向かうと他のリーダーと副リーダー、そしてみきおと合流します。

 

みきおは監獄ロックでロックンロール実験を行うと口にし、内容はリーダーは看守は残りは囚人であり、囚人に対しては何をしても良くて顔を殴ったりしてポイントを集め、ポイントが多かった班は実験を免除、少なかったら2人命を落としてもらうというものでした。

 

因みに全部の班が同点だったら解放すると言うみきお。

 

果たして、新たな実験で惨劇が起こってしまうのでしょうか。

 

本記事では、なれの果ての僕ら12話『赤と黒』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 11話 一覧 13話 >>

 

スポンサーリンク

なれの果ての僕ら12話のあらすじネタバレ

みきおは調理実習室であと少しだと意味深な言葉を呟いていました。

 

そして桜庭はネズに9時半だから行こうと言いますが、ネズは何の事だからさっぱりでした。

 

桜庭曰く解散する前にみきおは9時半になったら各班のリーダーと副リーダーは調理実習室に来いと言われているとの事です。

 

そして調理実習室に来ると、みきおを始め月岡、長谷部、橘、梶原、早乙女、葉月がいました。

 

全員揃ったのでみきおは明日する予定だったけど気が変わったから実験をすると言い放ち、桜庭は皆疲れているから明日にしてと進言したのですが、みきおの声音が変わったみたいです。

 

明らかに怒りに満ちた口調で命令するなと言って拳銃を突きつけるみきおに、桜庭は撃ちたければ撃てと言います。

 

そうしたらみきおは銃口を葉月に向けたので、桜庭は謝るから撃たないでと言ったのでみきおは土下座して調子に乗った事を謝罪するように言ったのです。

 

桜庭はその通りにするとみきおは彼女の頭を踏んづけ、桜庭は仲間じゃないんだから次逆らった容赦しないと言い放ちます。

 

その様子を見ていたネズは桜庭にだけ当たりが強すぎると思っているみたいです。

 

そして口調が元に戻ったみきおは監獄ロックでロックンロール実験をすると宣言します。

 

みきおは学校は監獄で、リーダーは看守であり、残りは囚人として、看守は囚人に何をしても言いと述べると月岡はこれはスタンフォード監獄実験だと自分が考えていた仮説と一致したと呟いているようです。

 

同時にこのメンバーは罠にはかからないが、ポイントの方が気になっているみたいです。

 

そんな月岡の思いを察したかのようにみきおは顔を殴れば10P、骨を折れば50P、爪を剥いだら70P、始末すれば1000Pを上げると、ポイントが多い班は明日の実験が免除であり、少ない班は2人命を落としてもらうと、実験終了は午前0時だと言います。

 

そしてネズはもし同点だったどうするんだと聞くと、みきおはその場合は残りの実験をやめて解放すると告げたのです。

 

何を企んでいるんだと問い詰めるネズに、自分は皆の善性を試したいだけだと言うみきお。

 

しかし、まだ言いたげなネズを制するかのようにみきおはここまでと言って解散させ、最後に仲間であることを信じていると口にしました。

 

そんな中、橘はネズが言いたかったのは囚人のジレンマであり、何もしなければ大きな利益を得られるが誰かがポイントを獲得すれば誰かが命を落とすので、この実験は皆の信頼を推し量るものだと察しているみたいです。

 

早乙女はネズの肩に手を置くと、何もしないでいようと無言のメッセージを交わしたみたいです。

 

月岡は裏切れば生き残れるが、裏切られれば始末されると思いながら教室に戻るとしょーやんが雨宮の友達の小清水の遺体を外に投げて、脱出できるか確認したので雨宮が激高して掴みかかろうとするも、しょーやんに殴られる光景を目にします。

 

様子から大体の事を察した月岡はどうやっても脱出出来ないと言うしょーやんに言っている事は一理あると言いつつ、勝手な行動をした罰としてビンタし、内心で10P獲得したと内心で呟いていたようです。

 

スポンサーリンク

なれの果ての僕ら12話の感想と考察

また新たな実験が始まりましたが、みきおが桜庭に対して冷たいのが気になりますね。

 

みきお達は生徒であり、桜庭は教師なので仲間外れと言う意味合いがあるかもしれませんが、もしかしたら桜庭は知らないうちに小学生時代にみきおを苦しめた事があり、それをみきおは根に持っているのでしょう。

 

山口も学級裁判が始まる前に心の中で桜庭の事をけなしていたので、恐らく間違いないと思います。

 

次回13話は月岡を始め、橘が暴走するのではないかと思います。

 

月岡はみきおがやろうとしている事はスタンフォード監獄実験だから、自分や他のメンバーが引っかからなければ大丈夫だと思っていましたが、ポイント制だと知ってもしかしたら他のメンバーが裏切るのではないかと思ったのではないでしょうか。

 

それ故にしょーやんと雨宮が騒ぎを起こしていたのを理由にしょーやんを叩いてポイントを得ました。

 

全ては生き残るためだと思ってここから過激な行動をとる可能性もあるでしょう。

 

そして橘もまた暴走するのではないかと思います。

 

橘は雨宮をいじめていた事が皆に伝わり、信頼を完全に失ってしまったと共に投げやりにもなり始めていたのです。

 

投げやりになったのだから他の面々がどうなっても構わないと思って、既に負傷している倉本や山口を痛めつけてポイントを取るのではないかと思います。

 

<< 11話 一覧 13話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました