スポンサーリンク

約ネバ173話ネタバレ考察感想あらすじ!ラートリーが選んだ選択とは?

漫画ネタバレ

2020年3月30日発売の週刊少年ジャンプ2020年18号で、『約束のネバーランド』173話が掲載されました。

 

約束のネバーランド173話は、ラートリーは真実を知って罪悪感を抱いた兄を始末して、彼の分まで使命を果たそうとしていました。

 

しかし、今エマ達によって一族の使命という名の呪いに囚われていると言われてしまったようです。

 

この言葉にラートリーは兄の行動の真意を理解します。

 

そしてラートリーはエマ達の目の前で負けを認めると、叔父に伝えれば分かる暗号と、人間の世界にもこの世界と変わらないと、鬼は人間の鑑だと言う言葉を残して自ら命を絶ったのです。

 

本記事では、約束のネバーランド173話『prisoners』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 172話 一覧 174話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

約束のネバーランド173話のあらすじネタバレ

ラートリーは世界を守ると言う使命を背負っている自分達の一族が誇りであり、喜びであり、光でありました。

 

特に当主を務めている兄に対しては一番の英雄だと尊敬の眼差しを向けていたみたいです。

 

優しく聡明でかっこよくて誠実で気品に溢れた兄をラートリーは両親や偉人よりも尊敬していました。

 

この事からラートリーは自分はそんな兄を全力で支えるために生まれてきたのだと察したようです。

 

しかし、兄がある記録を見つけた事によって運命が変わり始めます。

 

兄が見つけた資料の記録からユリウスが友達を裏切って約束を締結し、食用児の祖先はユリウスの戦友であった事等が書かれているのを知ったようです。

 

兄はこれまで教えられてきた美談とは異なる真の一族の成り立ちを知り、苦悩してしまいます。

 

その日から兄は世界を守ろうと、食用児をどうすればいいのか等を懸命に考え始めたみたいです。

 

しかし、そんな兄の苦しみがまだ理解できなかった幼いラートリーは資料を読んでユリウスの考えは間違ってないと、私情を押し殺して世界を平和に導いた英雄であり実に素晴らしいと評したみたいです。

 

その話を聞いていた兄はラートリーに前まではそう思っていたが、でも今は罰であり呪いでもあると意味深な言葉を述べました。

 

それから兄は世界や食用児を救おうと動くが、ラートリーはそれは世界を揺るがしかねない事態であり、食用児は必要な犠牲だと言うも聞く耳を兄は持たなかったみたいです。

 

どうすればいいのかを考えるうちにユリウスみたいに私情を捨てて世界を守る事を決意して、配下の者達に兄を裏切者として始末するように命じたみたいです。

 

やがて配下の者が兄の遺体を持って現れ、遺言であるすまないと述べました。

 

その遺言を聞いたラートリーは兄の遺体を抱きしめながら泣き崩れ、例え世界が歪んでいても兄の分まで使命を果たすことを誓ったようです。

 

そして現在に至り、エマから一族と言う運目に縛られているから自由になろうと言われて自分の使命が揺らごうとしていました。

 

しかし、それでも自分達一族の考えは正しいと、使命は罰でも呪いでもないと自身の心の中で自問自答するラートリー。

 

そんな中、兄の遺言の事を思い出し、兄は運命に抗って自由になろうと、ラートリーも自由にさせようとしていたのかと察します。

 

なお生きようと訴えかけるエマにラートリーはその気になれば始末できるのにそれをしないから食い物にされるのだと、人間がしてきた事なんて鬼がしてきた事に比べれば可愛いものだと言ったのです。

 

どの道この状況では自分の負けだと認めると共に人間の世界も鬼の世界と変わらないと、鬼は人間の鑑だと言います。

 

ソリッドと言うコードを叔父に伝えるように言うと、人間の世界で食用児が何が出来るのか見物だと言ってナイフを取りだしたようです。

 

自分は一緒には行けないが食用児が作る新しい世界をあの世で楽しませてもらうと言い残して首元にナイフを突き立てると、エマが止めに向かったと同時に刺したのでした。

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド173話の感想と考察

ラートリーは自ら命を絶ってしまったようですね。

 

ラートリーとその兄が見た真実をどのように解釈したかの違いで溝が深まってしまったので、ラートリーも兄と同じ思いになったのなら兄も命を落とすような事は無かったんじゃないかなと思いました。

 

ラートリーが言い放った鬼は人間の鑑だと言うのも、あながち間違いではないなと思いましたね。

 

鬼は昔人間と激しい争いをしていた経緯から、人間も鬼同様に場合によっては同族を始末する事に躊躇がなく、思想の違いとかで始末する事もあるのです。

 

人間の良い所も悪い所も把握していて、酸いも甘いも嚙み分けているラートリーだからこそ言葉だったんじゃないでしょうか。

 

次回174話はラートリーの叔父の元に行くのではないかなと思います。

 

ラートリーから言われた暗号はエマ達にとってはチンプンカンプンのものであり、自分達で如何にかできるような代物ではないと言えるでしょう。

 

それ故に真実を知るとされている叔父に会いに行く事になると思いますが、まずは王都に行くのではないかと思います。

 

叔父はかなりの年齢だと思いますので、鬼達の中で今の居場所を知っている者を尋ねるのと、死刑を免れたムジカとソンジュの無事を確認しに行くのではないでしょうか。

 

<< 172話 一覧 174話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました