スポンサーリンク

マイホームヒーロー97話ネタバレ考察感想あらすじ!この親にしてこの子あり

漫画ネタバレ

2020年3月30日発売の週刊ヤングマガジン2020年18号で、『マイホームヒーロー』第97話が掲載されました。

 

マイホームヒーロー第97話は、両親を救うため霊花が暴走…いや、奔走します。

 

洋二が歌仙に見せた離婚届は娘の霊花にも衝撃を与えました。

 

父親の哲雄は洋二たちにまた連れていかれようとしているし、母親の歌仙も付き人によってどこかへ…

 

このままでは家族がバラバラになってしまうと心配する霊花。

 

そんな霊花も洋二たちによってどこかへ連れていかれようとしますがこれを拒否します。

 

霊花は大切なゲストでもあるため、哲雄の時とは違って洋二も無理強いはしません。

 

ただ、村を自由に歩き回られても困ると伝えます。

 

それならば車に戻っていると哲雄からキーをもらい、監視のもと車へと戻る霊花。

 

車内でひとり霊花は想像を働かせ、自分が母親も父親も助けると決意します。

 

その頃、哲雄は屋敷の茶室で洋二から教祖からの報告と、ある提案を持ち掛けられます…

 

 

本記事では、マイホームヒーロー第97話[霊花の決意]のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 96話 一覧 98話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

マイホームヒーロー97話のあらすじネタバレ

【 禊の滝 】

 

洋二は歌仙に哲雄が持って来たものだといって離婚届をヒラヒラと見せます。

 

歌仙はそんな離婚届など、どうせ偽物に違いないと考えていました。

 

しかし、洋二からなぜ離婚届を持って来たのかを質問され答えられないでいる哲雄を見て歌仙は動揺します。

 

そして霊花も父親が離婚届けを用意してきたことに驚き、いったいなぜ?と動揺を隠せません。

 

 

やがて哲雄は男達に拘束され、どこかへ連れていかれようとしています。

 

歌仙もお付きの信者二人に手を引かれどこかへ…

 

この状況に家族がバラバラにされると焦る霊花。

 

洋二はそんな霊花に哲雄とは相談があるだけで、終わったらすぐに帰すと約束。

 

だから安心して案内する所で待てばいいと霊花を別の場所へ連れて行こうとしますが、霊花は断固拒否します。

 

霊花は村にとって大切なゲストであるため、洋二も強引にいうことをきかせようとはしません。

 

洋二は霊花を連れて行くことを諦めますが、だからといって村の中を自由に動かれるのも困ると伝えます。

 

だったら車の中にいると、霊花は哲雄からキーを受け取って来た道を戻ることに。

 

ツナギ姿の男が霊花の後を追い、監視のため後ろにピタリと張り付きます。

 

 

 

【 車内 】

 

霊花は車内で頭をフル回転させ、一体何が自分の家族に起こっているのかを考えます。

 

父親も母親も仲が悪いわけがない。

 

なのに離婚届を父親が書いて持ってきている…

 

それはどうしてか…

 

その理由を霊花は母親が坊主の修行をさせられて東京には戻ってこれないからだと考えます。

 

母親の実家、その周りで協力している洋二たちに憤り、涙をこぼす霊花…

 

しかし、哲雄と歌仙の子です。

 

直ぐに嘆くだけの受動的マインドから、自分で何とかするという能動的マインドへスイッチ。

 

 

 

【 鳥栖家屋敷内・茶室 】

 

洋二は哲雄に教祖からの報告を伝えます。

 

それは霊花を鳥栖家で預かるという旨でした。

 

そして、哲雄に対して教祖(哲雄にとっては義父)は未来のオガミメを連れてきてくれたことに感謝していると。

 

 

昨日までの状況では、霊花をここへ連れてくる以外哲雄には選択肢がありませんでしたが、安元が死に、自分の自首が無くなった今は違います。

 

哲雄は教祖からの伝言を聞き、悔やんでいました。

 

霊花と一緒に村に来るべきではなかったと…

 

哲雄はこれからどうすべきかを脳内で思索。

 

 

洋二は押し黙る哲雄にある疑問をぶつけます。

 

歌仙に話があって会いにきたのはわかるが、何で離婚届なんだと訊ねます。

 

歌仙も霊花もいらなくなったのなら村に置いていけばいいだけの話、でもそんな様子は哲雄からは感じない。

 

ならば考えられるのはその真逆、歌仙と霊花を守るための離婚届?

 

借金か…それとも犯罪にでも巻き込まれたか…

 

洋二はそこまで想像をしていましたが、あえて具体的には聞かず、ただ”何があった?”とだけ哲雄に訊ねたのです。

 

 

哲雄は当然何も答えませんでした。

 

洋二はその頑なな態度を見て、哲雄が離婚届を用意した理由が家族を守るためなのだと確信。

 

もうわかりきってはいましたが、念を押すかのように歌仙と別れたいのかを哲雄に訊ねます。

 

これにはそんなわけあるかと即答する哲雄。

 

それを聞いて安心したと洋二はいい、哲雄にあるプランを持ちかけるのでした。

 

それは家族そろってこの村から脱出することが可能になるプラン。

 

ただし、何も考えずにこちらの言うことを聞けなければ成功しないと告げます。

 

霊花も含め、絶対に従ってもらう必要があると…

 

 

 

【 車内 】

 

霊花は哲雄が遅いことを心配していました。

 

歌仙が身柄を拘束されているから哲雄は自由に動けないんだと考えた歌仙。

 

ならば自由に動ける自分が歌仙を救い出せば哲雄は自由に動けるようになるのでは…

 

そう思った霊花の行動力はまさに親譲り。

 

トイレに案内して欲しいと見張りのツナギ男に話しかけ、トイレまでの道すがら隙を見てツナギ男を用水路に突き落としたのです。

 

直ぐに霊花はダッシュ。

 

歌仙がいた禊の滝を目指すのでした…

 

スポンサーリンク

マイホームヒーロー97話の感想と考察

洋二は教団の必殺揉め事処理人とでもいうべき人間。

 

蛇の道は蛇といいますが、洋二は哲雄が何かしらの犯罪に絡んだことを直感していましたね。

 

あえてそこを根掘り葉掘り聞かないところに洋二の怖さ、これまでにくぐって来た修羅場の多さを感じます。

 

 

洋二の狙いが何なのかはイマイチわかりませんが、洋二は村と下界のパイプ役であり、窓口でもあります。

 

下界と接触を許されているということは、繋がりが下界にもあるということに他なりません。

 

教団が糾弾されることもなく、山奥とはいえ村全体を実行支配するにはオガミメの神力だけでは無理があります。

 

村人に対してや、近隣の町や村にそれなりの何かを与えなければカルト教団村の平和的存続など不可能ではないでしょうか。

 

洋二はいわゆる口止めであったり、揉み消しのための現金であったり、村人が作る作物の現金化であったり、下界で現金を調達する仕事を任されている可能性があります。

 

それがどんな仕事なのかはわかりませんが、この先、窪たちの組織が狙う鳥栖家の資産に絡んだ件と繋がってくるのではないでしょうか。

 

洋二が哲雄たち家族に何をさせるのかわかりませんが、哲雄たち一家を帰すということは、洋二の脚本が教祖の意に反することを意味しています。

 

下界の仕事の関係で、教祖が邪魔になっているのかもしれませんね。

 

<< 96話 一覧 98話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました