スポンサーリンク

呪術廻戦101話ネタバレ考察感想あらすじ!夏油VS冥冥!虎杖VS脹相!同時開戦!

漫画ネタバレ

2020年3月30日発売の週刊少年ジャンプ2020年18号で、『呪術廻戦』第101話が掲載されました。

 

「呪術廻戦」100話では、七海が釘崎と長髪の呪詛師との戦いに合流しました。

 

釘崎そっちのけで呪詛師に仲間の配置と数を確認する七海。

 

呪詛師はまともに応えないが、それを見越した七海は強烈な一撃を喰らわせます。

 

何度も攻撃を喰らい、あまりの威力に呪詛師も許しを乞おうとするがその暇もなく、呪詛師は七海に撃破されます。

 

一方、呪言師の狗巻の協力もあり、虎杖は渋谷駅構内にたどり着きます。

 

そこで虎杖を待ち受けていたのは、虎杖への復讐を望む脹相の姿でした。

 

本記事では、「呪術廻戦」第101話「渋谷事変⑲」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です

 

<< 100話 一覧 102話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

呪術廻戦101話のあらすじネタバレ

七海からの話で、伊地知の無事を知った釘崎と新田。

 

新田と釘崎は室内におり、十分に発信された情報が伝わっていなかった。

 

封印されてもねばるあたり五条悟らしい、と評価する釘崎。

 

禪院たちと合流して地下5階に向かうため、待機して欲しいと新田・釘崎に伝える七海。

 

一緒に向かう意思を見せる釘崎ですが、「これからの戦いは1級で最低レベルだから足手纏い」だと七海に一蹴されます。

 

一方、渋谷駅構内で戦う冥冥と憂憂のもとに夏油が姿を現します。

 

夏油は五条が倒したと聞いていた冥冥は、仕留め切れなかった五条の落ち度、もしくは夏油と五条がグルになっているのではと想像します。

 

しかし、五条には規格外の強さがあることを思い返し、すぐに邪推だったと考え直す冥冥。

 

恐らく目の前の夏油は偽物だ、という結論に達しながらも「君を買っていたのに残念だ」と彼女は声をかけます。

 

「かつての先輩を手にかけるのは私も残念」と、特級特定疾病呪霊「疱瘡神(ほうそうがみ)」を呪霊操術で呼び出す夏油。

 

手持ちの呪霊は去年の五条との戦闘時に使い果たしたが、質は衰えていないと夏油は続けます。

 

念のため地下5階の人間を残しておきたい、ソイツを祓えたら自分が相手をすると冥冥に伝え、夏油はその場を去っていきます。

 

次の瞬間、「疱瘡神(ほうそうがみ)」が領域展開をし、冥冥を黒い棺桶に閉じ込めます。

 

憂憂が心配そうに見守る中、「疱瘡神(ほうそうがみ)」が「墓」と唱えるとしめ縄の巻かれた巨大な岩が降ってきて棺桶を押し潰しました。

 

「疱瘡神(ほうそうがみ)」はさらに「3、2」とカウントダウンを始めますが、「1」を唱える前に冥冥が岩を破壊して表に出てきました。

 

「幾年振りかな、私の命に指がかかるのは」と斧を構えながら決める冥冥。

 

その様子に憂憂はときめきが止まらず「姉様・・・!」と思わず漏らしてしまいます。

 

一方、駅構内を五条目指して進んでいた虎杖は、構内にまるで人がいないことに疑問を抱いていた。

 

そんな時、構内にいた脹相と邂逅した虎杖。

 

瞬時に弟の仇だと認識した脹相は、赤血操術「百斂(びゃくれん)」で血液を限界まで圧縮します。

 

その血液を呪力で強化し一点から打ち出す奥義「穿血(せんけつ)」を虎杖に繰り出す脹相。

 

正面から受け止める虎杖だったが、あまりの威力に上体を反らし攻撃をさばきます。

 

脹相は再び「百斂(びゃくれん)」からの「穿血(せんけつ)」繰り出しますが、それをかわし、虎杖は脹相に「逕庭拳(けいていけん)」をぶつけます。

 

打撃の後に呪力による衝撃が時間差で襲う「逕庭拳(けいていけん)」に驚く脹相。

 

虎杖の左腕の傷は深く、痛みは我慢できても思うように動かすことが出来ません。

 

でも、「だからこそ左で攻める」と決意を固める虎杖。

 

にらみ合う二人。

 

脹相は虎杖に、「弟は最後に何か言い遺したか?」と尋ねます。

 

スポンサーリンク

呪術廻戦101話の感想と考察

釘崎はここでフェードアウトです。トリッキーな戦い方をするキャラですから、今回の戦いでは扱いづらいんでしょうか。

 

この先は最低でも1級以上の戦闘力が必要と七海は言いましたが、伏黒は後から合流してくる可能性は高いです。

 

潜在能力で言えば虎杖、伏黒はすでに1級クラスだと思いますし、宿儺の見立てですが伏黒は大きな力を秘めているようです。

 

釘崎も1級のポテンシャルがあるとは言われていますので、新しい武器の登場、もしくは必殺技の登場で伏黒や虎杖を超えて欲しいですね。

 

そして、いよいよ始まった虎杖と脹相の因縁の対決。

 

虎杖の黒閃が炸裂し脹相を吹き飛ばすシーンを期待しますが、脹相も一筋縄ではいかないでしょう。

 

パワーアップの秘策があると思われます。

 

そして、虎杖が極限まで追い詰められ、宿儺が表に現れ一気に逆転して勝利するという流れが妥当でしょうか。

 

今の考察は、君は悪いが圧倒的な強さを見せる宿儺を久しぶりにみたい私の期待からくるものですが、充分考えられる可能性だと思います。

 

今後の戦いのことを考えると、宿儺を出さなければならないほど追い詰められるのは真人との戦いのときの方がいいかもしれません。

 

そう思うと、やはり虎杖自身の力で脹相には対処してもらいたいところです。

 

別で気になるのは、渋谷駅構内にあったはずの人の姿が見えないということ。

 

もしかしたら、地下5階には夏油のさらなる企みが蠢いているのかもしれません。

 

以上、引き続き102話以降も目が離せないですね。

 

<< 100話 一覧 102話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました