スポンサーリンク

死神サイ殺ゲーム15話ネタバレ考察感想あらすじ!妹の命を懸けた姫乃とのクイズ対決!

漫画ネタバレ

2020年3月25日発売の週刊少年マガジン2020年17号で、『死神サイ殺ゲーム』15話が掲載されました。

 

死神サイ殺ゲーム15話は、妹の萌香を助けるために夜の遊園地で正心は姫乃とクイズ勝負をすることになりました。

 

そして審判を務める谷津田は、正心に自分も死神憑きだと伝えると正心は驚きを隠せないようです。

 

クイズのルールは早押し対決で、先に5P獲得した方が勝利と言うものです。

 

そしてクイズが開始されると、姫乃が瞬く間に優勢に進めていくと共に敗者への対価を口にします。

 

果たして、彼女が望んでいる対価とは何なのでしょうか。

 

本記事では、死神サイ殺ゲーム15話『新たな代打ち』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 14話 一覧 16話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

死神サイ殺ゲーム15話のあらすじネタバレ

姫乃は監禁している正心の妹の萌香の写真を正心に見せると、自分は死神の代打ちであると、萌香の命を懸けて自分と勝負をしようと告げます。

 

対する正心は萌香は捕まっている事と、姫乃が代打ちである事に驚いているようです。

 

姫乃の死神はいいから黙ってバッチを連れてこいと言い放ちます。

 

そして姫乃は今から1時間後、19時に東京メトロポリタンパークに来るように告げたのです。

 

1時間後、正心はバッチと共に東京メトロポリタンパークへとやって来たようです。

 

そこには谷津田がいたので、正心は驚きを隠せないみたいです。

 

谷津田は姫乃から立会人をするように言われてここにいると告げると、正心は2人が結託しているのではないかと混乱し始めます。

 

そこへ姫乃も現れると、何故谷津田まで巻き込んだのかと話し始めるようです。

 

谷津田を巻き込んだ理由は彼も死神の代打ちであったからです。

 

しかも彼に取り憑いている死神は夏期講習の際に見た死神だったのでありました。

 

今回は立会人として公平な審判を約束すると告げる谷津田。

 

因みにバッチと姫乃に取り憑いている死神のデンタは腐れ縁であり、戦う運命にあるようです。

 

姫乃はもし正心が勝ったら萌香を解放するが、負けた場合は自分の言う事を聞いてもらうと言って観覧車へと向かい、正心も後を追います。

 

ゲームの説明をしようとする姫乃ですが、正心が萌香の安否を確認したと言い出したのでスマホをビデオ通話にしたのです。

 

今のところ無事だったので谷津田がモニター越しからゲーム説明をし始めます。

 

ルールは谷津田が出す問題を早く答え、5P取った方が勝利と言う簡単なものでした。

 

どんな問題が出るかは谷津田次第なので姫乃も分からない状態にありますが、正心は相手が青蘭高校クイズ研究会のエースなので気を引き締めます。

 

こうしてクイズが開始されますが、正心が答える前に姫乃が答えていくのであっという間に姫乃がリーチになってしまう状況になってしまったのです。

 

モニター越しの谷津田はそろそろ例の件を言った方がと姫乃に勧めると、彼女はもし自分が勝ったら正心にしてもらいたい事があると言います。

 

誰かを始末するとか、萌香の代わりに命を絶つ事等ではないかと思う正心。

 

そんな彼の考えとは裏腹に姫乃はもし勝ったら告白してもらうと言ったのですが、恋愛ごとに疎い正心はチンプンカンプンでした。

 

この事に動揺した姫乃はミスを連発し、その代わり勢いづいた正心が問題を答えていく事で逆転勝利しました。

 

この頃には観覧車が回り終わっており、正心は外に出るとそこには拘束から解かれていたが呆れている表情をの萌香がいたのです。

 

今回の一件は萌香、姫乃、谷津田による正心と姫乃をくっつけさせるドッキリだったようです。

 

萌香は姫乃とは代打ち時代の頃から知り合いであり、姫乃の思いを知って協力していました。

 

空気を読んでほしいと迫った姫乃に正心は謝ると共に、萌香から言いたいことを言えばと勧められたので何時から代打ちをしていたのかを聞いたみたいです。

 

この事にがっかりする姫乃を見た萌香も呆れており、谷津田に付き合わせた事を謝ります。

 

対して谷津田は萌香のためならと好意のあるような視線を萌香に見せますが、当の本人も正心と同じように鈍感だったみたいです。

 

スポンサーリンク

死神サイ殺ゲーム15話の感想と考察

死神の代打ちとしてではなく、普通にクイズ対決は初めてではないかなと思いましたね。

 

萌香の命が懸かっているので普通ではないのですが、それでも純粋なクイズ対決が行われるのは新鮮だなと感じてしまいました。

 

それにしても姫乃が正心の事が好きだとは思いませんでしたね。

 

萌香が姫乃と関わりがあったそうですが、姫乃がどうして正心の事が好きになったのかは明らかになりませんでしたが、何処かで明かされるのかなと思います。

 

きっと萌香から正心の人柄とかを聞いていて、クイズ交流会で知り合った際に萌香の言っていたことは本当だったと思って恋心を抱いたのでしょう。

 

しかし、鈍感な正心の事ですから、その事もきっと忘れているのではないかなと思いますね。

 

次回16話から新シリーズが開幕するようです。

 

正心はこれまで交通事故に遭って負傷してしまった萌香と父親を救うために代打ちとして頑張っていました。

 

その結果、萌香を助けることに成功しましたが、父親は助けることが出来なかった上に叶えたい願いも無くなってしまったので、次に何をすればいいのか分からない状態にあります。

 

しかし、それでもやらないといけない事を探すために萌香、姫乃、谷津田と共に探すことになるのではないでしょうか。

 

<< 14話 一覧 16話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました