スポンサーリンク

鬼滅の刃192話ネタバレ考察感想あらすじ!炭次郎が理解した日の呼吸

漫画ネタバレ

2020年2月3日発売の週刊少年ジャンプ2020年10号で、鬼滅の刃192話が掲載されました。

 

191話では、炭次郎の目を覚まさせようと兪史郎や村田たちが必死に看病していました。

 

そして何本も鬼化を解く薬を入れられ、それでも目を覚まさない炭次郎でしたが、決して刀を離すことはありませんでした。

 

一方、無惨の攻撃により柱も含め、対峙していた隊士達がすべて瀕死の状態になってしまいました。

 

生き残ったカナヲに無惨が迫ったその時、目を覚ました炭次郎が戦場に現れたのでした。

 

本記事では、鬼滅の刃192話「廻る縁」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

鬼滅の刃192話のあらすじネタバレ

無惨に対峙する直前、炭次郎は夢の中で縁壱の型を見ていたのです。

 

何回も説明を受けるより、一度の政界の形を見ることで理解度が格段に変わると彼は考えていました。

 

縁壱の動きを見ることによって、炭次郎自身の無駄な動きに気付き、やるべきことを把握することができたのです。

 

炭次郎が炭吉さんの記憶を辿る中で、炭吉さんの妻であるすやこさんが剣の型を見たいとせがみ、それにより炭次郎は縁の剣の型を見ることができたのです。

 

炭吉さんはひとつも取りこぼさずその瞳に焼き付けていました。

 

縁壱の日の呼吸の型を見ている炭次郎は、その感想として、あまりにも美しすぎた、というものでした。

 

日の呼吸の型は息を忘れるほど綺麗で、のちに神楽として受け継がれていった理由があったのです。

 

その証拠に、剣を振るう縁壱は人ではなく、精霊のように見えたと炭次郎は感じています。

 

そして炭次郎は、縁壱のその性格についても、物静かで素朴な人であると見ていました。

 

すやこさんや子供たちが縁壱の剣の型を見ると喜んではしゃぐと、照れくさそうにうつむいていたのです。

 

そしてまた遊びに来てくださいという炭吉さんに、縁壱さんは耳飾りを贈ったのです。

 

これは炭次郎がつけている日輪の耳飾りでした。

 

これを受け取った炭吉の中にいる炭次郎は、遠ざかっていく物悲しい後ろ姿を見送りながら、もうここには来ないのだと悟りました。

 

そして炭次郎なのか、炭吉さんなのか、「貴方は価値のない人なんかじゃない!」と叫びました。

 

耳飾りも日の呼吸も後世に伝えることを約束します、と言った炭吉と炭次郎に対して、穏やかな笑顔で縁壱は礼を言ったのでした。

 

炭次郎は縁壱に感謝の念を伝えながら立ち上がりました。

 

祖先を助けてくれてありがとう、珠世さんの協力で無惨を追い詰めることができた、と。

 

炭次郎は父から伝えられた十二個の型が、何百年も経つのに驚くほど正確に伝わっていたのです。

 

炭次郎は縁壱の型を見ている時に、円舞、碧羅の天、烈日紅鏡、幻日虹、火車、灼骨炎陽、陽華突、飛輪陽炎、斜陽転身、輝輝恩光、日暈の龍・頭舞い、炎舞、と十二個の型を見たのでした。

 

炎柱の情報によると、十三個の型があると言われていましたが、炭次郎はそこで気付いたのです。

 

円舞と炎舞が同じ音の技名であり、父の「正しい呼吸ができれば炭次郎もずっと舞える」という言葉、そして夜明けまでヒノカミ神楽をずっと踊っていたことを思い出したのです。

 

さらに無惨の体の造りを見て確信したのでした。

 

十二の型を全て繰り返すことで円環を成し、これが十三個目の型になることに確信しました。

 

無惨の攻撃を潜り抜けて、夜明けまで脳と心臓を斬り続けることを炭次郎は心に決めたのです。

 

縁壱さんや彼の父のような才覚がないうえに、命が夜明けまでもつかどうか分からない、無惨の自滅に見せかけた逃亡をどう阻止するかもわからない状態です。

 

自信を失いかけ、地獄を見て、死ぬ覚悟もてできている炭次郎は、もう負けることはありません。

 

心を燃やして、負けるな、折れるなと力を籠めなおして、炭次郎は技を繰り出すのでした。

 

やっぱりつながる、と炭次郎は確信し、すべての型を繋いで十三番目の型に挑戦するのでした。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃192話の感想と考察

炎舞と円舞の存在がこうして伏線回収されるとは思っておらず、また十三番目の型が円環状に並べたそのすべての型を行うことで完成するというのも、原初の呼吸というイメージが強くとても格好いい感じがしますね。

 

形勢逆転したかのように見えますが、果たしてうまくいくでしょうか。

 

鬼滅の刃の今までの展開的にも考えてもう一展開位ひっくり返されそうです。

 

そうでないと、禰豆子が間に合いませんし、彼女の走っている理由もなくなってしまいますからね。

 

ネット上の考察では、兪史郎の札をつけている時のカナヲの目が治っているこ都に注目が集まっています。

 

幻術的なもので他の柱や隊士達が死んだように見せかけている、という意見があり、その復活も待たれます。

 

そして炭次郎や善逸、カナヲと伊之助の成長した姿も見たいという気持ちからも、まだここで無惨が倒されることは少し避けてほしい気持ちもあります。

 

特に青い彼岸花についての伏線の回収がまだですし、そのあたりも詳しく聞きたいものです。

 

更に、日の呼吸含めた各呼吸の継承者なんかも見てみたいですし、それを継がせる彼らの姿も見たいものです。

 

兪史郎や禰豆子という鬼側の人も含めた新しい鬼殺隊の姿も見てみたいと思います。

 

今後も鬼滅の刃から目が離せませんね。

 

<< 前話 一覧 次話 >>
鬼滅の刃を漫画BANKやpdfダウンロード以外で無料で全巻読める方法を調査!
本記事では、漫画『鬼滅の刃』の全巻を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法を調査しました...
鬼滅の刃1期アニメ動画をアニチューブやパンドラ以外で無料でフル視聴する方法を紹介!
本記事では、『鬼滅の刃1期』のアニメ動画を全話無料で視聴する方法を紹介いたします。 もちろんアニチューブやパンドラなどの違法動画サイトとは違って、安心して安全に無料視聴できる方法ですので、ぜひ参考にしていただければと思います。...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました