スポンサーリンク

ドメカノ267話ネタバレ考察感想あらすじ!小椚が入手した決定的な証拠

漫画ネタバレ

2020年3月25日発売の週刊少年マガジン2020年17号で、ドメスティックな彼女267話が掲載されました。

 

ドメスティックな彼女267話では、種部からのタレコミで夏生を調べ始めた小椚。

 

その小椚が手に入れた情報は、修学旅行の写真でした。

 

夏生はこのまま小椚に、記事を書かれてしまうのでしょうか。

 

本記事では、ドメスティックな彼女267話「蠢く悪意」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 266話 一覧 267話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ドメスティックな彼女267話のあらすじネタバレ

修学旅行で撮られた、二人がキスをしている写真を見せられた種部は、やっぱりと興奮します。

 

ここまで明確な証拠が手に入るなんて思っていなかった種部は、どうやって入手したのか聞きます。

 

小椚は学校に何度も通い、噂を集めましたが、この写真はお金を出して手に入ったと言います。

 

若い教師にお金を見せるとよく働いてくれ、当時の学年主任の机をから入手したと言います。

 

これで記事がかけると種部は嬉しそうですが、小椚はまだ夏生の周りをしっかり調べて固めたいと言います。

 

週刊ゲンザイは濃密な取材が定評あるので、中途半端な記事では掲載されないそうです。

 

小椚はしっかりと掘って、このネタをトップスクープにすると意気込みます。

 

 

仕事終わりに、喫茶店ラマンへ来た陽菜。

 

マスターに呼び出されたが、実際に呼んだのは桐谷でした。

 

大事な話があるが連絡先を知らなかった為、マスターに仲介してもらったそうです。

 

最初は夏生の小説の評判がいいと話していましたが、本題に入り、学校に週刊記者の人が来たと報告します。

 

陽菜も同じ人に取材を受けたと聞いた桐谷は驚きます。

 

しかし夏生の特集の為に、家族だから受けたと、何も気づいていないようです。

 

桐谷は陽菜に、その記者は、高校時代の二人の関係を知っていると教えます。

 

記者の様子から、陽菜の過去を探っているようだったと言い、陽菜はあまりの驚きに、言葉を詰まらせます。

 

二人のことは、ごく一部の人しか知らない為、もしかしたら学校関係者の人が漏らしたかもと桐谷は予測します。

 

今話題になっている夏生にゴシップがあれば、それが誤報でも真実でも人は信じ、作品を見る目も変わるかもしれないと心配する桐谷。

 

夏生の、小説家としての人生が危ういと言います。

 

 

夏生の引っ越しを手伝う友人たちは、家電争奪戦をしています。

 

そんなとき新人公演のディスクが見つかり、皆で見ることしました。

 

この部屋で色んなことがあったと、思い出を振り返る夏生。

 

 

夏生と瑠衣には式場の下見に来ており、丈のレストランで料理の試食をしに来ました。

 

美味しそうな料理が沢山並び、梶田が考えたというメニューを、ドキドキしながら食べる瑠衣。

 

とても悔しそうですが、美味しいとキラキラした表情をさせます。

 

他のメニューも食べたいとどんどん食べる瑠衣に、あっけにとられている夏生。

 

帰り道、少しお腹が膨らんできたと報告する瑠衣は、夏生にお腹を触らせます。

 

さっき沢山食べたからじゃないのと笑う夏生。

 

 

ドレスとスーツの試着に来た二人、先に着替え終わった夏生は、そわそわしながら瑠衣を待ちます。

 

着替え終え、すこし恥ずかしそうにウエディングドレス姿で出てきた瑠衣。

 

夏生はその姿に見とれ、改めて瑠衣と子供を大事にしたいと伝えます。

 

二人がお互いに支え合うのを実感しているとき、その様子を撮っている人が居ました。

 

姉ではなく妹と結婚とかやばすぎると、下衆顔で笑っている小椚。

 

スポンサーリンク

ドメスティックな彼女267話の感想と考察

とにかく辛いです。

 

やめてとずっと願いながら読んでいました。

 

陽菜も夏生の為にと受けた取材が、悪い奴だったとは思いませんよね。

 

しかし桐谷も行動が早くて、さすがだと思いました。

 

普通にかっこいいですよね。

 

次は夏生の周りを探ると言っていましたが、誰か小椚をとめてくれませんかね。

 

小椚は仕事として探っているので、止める方法はないのでしょうか。

 

それともお金を使って、写真を盗ませたことを叩けば、もう記事は書けなくなりますかね。

 

どうやったら小椚をとめられるだろうと、ずっと考えてしまいます。

 

しかも式場を準備しているところまでついて来てるなんて、最悪です。

 

確かについてくるだろうとは思いましたが、でもツラすぎます。

 

小椚の悪い顔が、引くくらいやばすぎて恐怖です。

 

芸能人の方たちも、いつもこんな生活をしているんですね。

 

大変すぎます。

 

でもその記事を読んでしまうのは、私たちなんですよね。

 

自分の生活を嫌でもずっと見られてしまう芸能人、嫌がる芸能人に付きまとい取材する記者、その記事を読んでいる一般人。

 

プライベートまでは辞めなよと思っても、その記事を読んでいる私たちに、そんなこという権利無いですよね。

 

芸能人の方たちの凄さが分かりました。

 

このまま夏生のことが、世の中に出てしまうのか。

 

次回も気になります。

 

<< 266話 一覧 267話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました