スポンサーリンク

彼女お借りします133話ネタバレ考察感想あらすじ!ドキドキ二人旅行!?

漫画ネタバレ

2020年3月25日発売の週刊少年マガジン2020年17号で、『彼女、お借りします』133話が掲載されました。

 

『彼女、お借りします』133話では、ラストシーンの撮影を、和也一人ですることになりました。

 

八重森に手伝いをお願いしましたが、駅のホームに来たのは水原と和也だけでした。

 

最後の撮影はどうなるのでしょうか。

 

本記事では、『彼女、お借りします』133話「ラストシーンと彼女②」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 132話 一覧 134話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

彼女、お借りします133話のあらすじネタバレ

出発する新幹線に、飛び乗った水原と和也。

 

水原は和也に、来ない二人はどうしたのかと迫ります。

 

和也は、出発前の八重森との電話で、二人が来ない理由を聞いていました。

 

 

この旅行は滅多にないチャンスであり、映画製作で頑張ってきた和也の評価が良い今、行くべきであると八重森の作戦でした。

 

八重森は、瑠夏にもすでに手を打っていました。

 

撮影も和也一人で大丈夫だと言い、やはり水原は和也に想いがあると、自信満々に話します。

 

そして女にも性欲があり、月に一回はそうゆう気分の日が来ると和也に教えます。

 

和也は水原の艶やかな姿を想像し、顔を真っ赤にします。

 

もしかしたら今日、そうゆう気分の日かもしれないとけしかける八重森。

 

欲しいものを手に入れるには、力ではなく、タイミングが大事だと背中を押します。

 

 

和也は水原に、二人で旅行に行かせるためだとは言えず、困って固まっています。

 

水原のスマホが鳴り、八重森からインフルエンザになったとの連絡が入りました。

 

しかし、八重森を心配する和也の様子が変なため、水原はジッと和也を見ます。

 

今度は和也のスマホが鳴り、画面を見ると瑠夏からの電話でした。

 

電話に出ると、いつも通りの瑠夏の声に安心しつつ、今どこに居るのかと和也は聞きます。

 

瑠夏は原宿におり、八重森がインフルの為、撮影が延期したと聞いたようです。

 

瑠夏に今何しているかと聞かれた和也は、水原と二人でいるとは言えず、魚に餌あげていたと嘘をつきます。

 

電話を切り、和也はさすがの水原も怒っただろうと青ざめます。

 

水原はため息をつき、勘違いをしている八重森の策略だろうと気づいていました。

 

和也は次の駅で降りるかと聞きましたが、水原は和也に一人で撮影ができるか確認します。

 

頑張れば出来るというという和也の言葉を信じ、それならさくっと撮って帰って、八重森を驚かせようと、二人でこのまま行くことになりました。

 

水原は怒ってはいないみたいだが、急にこんなことになっても一緒に行ってくれるなんて、自分のことを意識してないからだと和也は落ち込みます。

 

 

トイレに行った水原は、手を洗い、顔にもすこし水をつけ、大きく息を吐きます。

 

以前海に言った、好きじゃなくもないという自分の発言を思い出します。

 

 

その頃和也は席に座り、先ほどの八重森の、女にも性欲があると言う言葉を思い出し、顔を真っ赤にしています。

 

トイレから出た水原は、お菓子などを運んでいた客室乗務員の人に声を掛けます。

 

スポンサーリンク

彼女、お借りします133話の感想と考察

やはり八重森の仕業でした。

 

瑠夏にもしっかり手を打っており、体温計の写真まで送っていました。

 

あれはネットで拾ってきたものなのか、以前自分が撮ったものなか分かりませんが、そうゆうとこはしっかりしていますね。

 

ですが水原には、すべてお見通しでした。

 

まあ八重森なら、こうゆうことをするだろうと思っちゃいますよね。

 

でも次の駅で降りずに、二人で行くことに決めた水原はどうなんですかね。

 

トイレで顔にまで水をつけていた様子は、冷静になろうとしていたってことですよね。

 

やはり意識しているんですよね。

 

じゃないと、海に言った好きじゃなくもないという言葉を、思い出したりもしないはずです。

 

もし自分がこんな状況になったらと考えたら、ドキドキしすぎて撮影どころじゃなくなりそうです。

 

頭の中ではどうしようと焦りながら、それがバレないように平然とふるまうのはかなりの体力を消耗しそうです。

 

二人は、いや和也は無事に撮影を終わらせることはできるのでしょうか。

 

和也の性欲は大丈夫でしょうか。

 

次回が楽しみです。

 

<< 132話 一覧 134話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました