スポンサーリンク

鬼滅の刃199話ネタバレ考察感想あらすじ!鬼殺隊、全員の力と想い

漫画ネタバレ

2020年3月23日 発売の週刊少年ジャンプ2020年17号で、『鬼滅の刃』199話が掲載されました。

 

鬼滅の刃199話は、長い戦いの末のようやく夜明けが訪れます。

 

炭治郎、善逸、伊之助、そして駆けつけた柱達の手により追い詰められた無惨。

 

ついに、決着の時が迫ります。

 

本記事では、鬼滅の刃199話「千年の夜明け」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 198話 一覧 200話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

鬼滅の刃199話のあらすじネタバレ

夜明けが訪れ、朝日が差し込む市街地。

 

炭次郎、甘露寺、不死川、伊黒が残る力を振り絞り、無惨の動きを封じます。

 

旭を目にした無惨は押さえつけられているのをもろともせず、甘露寺、不死川、伊黒を吹き飛ばしてしまいます。

 

炭次郎は、その攻撃で自身の片腕が吹き飛ばされようと、無惨を壁に突き刺した刀から決して手を離しません。

 

刃を赤くするために心を燃やす炭次郎。

 

その時、片手で握っていたはずの柄に炭次郎の手より一回り大きな手が。

 

炭次郎の背後から、冨岡が残った片腕で刀を強く握りしめます。

 

2人の力・思いが合わさり、赤く染まっていく炭次郎の日輪刀。

 

その刃には「滅」という一文字が記されています。

 

赤く染まった刀の力に口から血を吐き、陽の光に肌が灼けはじめる無惨。

 

無惨は肉体を守るため、肉の鎧を纏わせるようにし膨れ上がっていきます。

 

その膨れ上がる肉に吸い込まれそうになる炭治郎と冨岡。

 

炭治郎は冨岡が吸収されるのを防ぐためにギリギリのところで後ろへ冨岡を押し除けます。

 

後ろへと倒れ込んだ冨岡は吸い込まれずに済み、炭次郎だけが吸い込まれていきました。

 

肉の塊を纏い、巨大な赤ん坊のような姿となった無惨。

 

無惨はその赤ん坊の姿のまま、身体を灼かれながらも逃げ惑うように歩を進めます。

 

日陰に入らせないよう、攻撃を命じるお館様。

 

生き残っている鬼殺隊達は一丸となり、赤ん坊となった無惨の行く手を阻みます。

 

車両を盾にして無惨を押さえ込もうとする隠の面々ですが、無惨の拳が彼らの頭上に振り上げられます。

 

攻撃の指示を出しつつも、涙ながらに攻撃と後退の指示をくりかえすお館様。

 

その時、頭上から攻撃を放つ不死川の姿が。

 

ボロボロな姿で無惨の振り上げた拳を切り落とします。

 

それでも車両の上を乗り越えようとする無惨。

 

今度はその首に悲鳴嶼が鎖をかけ、鬼殺隊達の力も借りて後ろへと引き倒します。

 

無惨は灼け焦げていく体に悲鳴を上げ、今度は地面の中へと潜り始めました。

 

無惨の体力を削るため、冨岡、不死川、伊黒が限界を超えた体で攻撃を打ち込みます。

 

しかし無惨の動きは止まらず、首にかかっていた悲鳴嶼の鎖も千切れてしまいました。

 

その時、無惨の肉の塊に吸収されてしまった炭次郎が動きます。

 

無惨は大量の血を吐き、動きが止まります。

 

そして陽の光を浴び、大声で叫ぶ無惨。

 

ついに無惨の身体は崩れていきます。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃199話の感想と考察

ついに無惨を追い詰めた炭次郎達。

 

あと一歩というところで、簡単に決着をつけさせてくれない無惨。

 

吹っ飛ばされた柱達には申し訳ないですが、「そうこなくちゃ!」と思ってしまいました。

 

そして、片腕を吹き飛ばされてしまい片手で柄握りしめる炭次郎のもとに冨岡。

 

冨岡も片腕を切られているので、炭次郎の右手と冨岡の左手2人で1人分なんですね。

 

お互いが無いものを補って形になっている、と思うとグッとくるものがあります。

 

そして肉の塊に吸い込まれる時、咄嗟に冨岡を庇う炭治郎。

 

どこでも、どんな時でも本当に優しい子です。

 

炭次郎のことなので、吸収されたまま終わるとは思いませんが。

 

優しいといえば、お館様が鬼殺隊に攻撃と後退を繰り返し指示する姿があります。

 

もう誰1人死んで欲しく無い、という思いからなのでしょう。

 

けれども自身の役目として、無惨を倒す指示を出さなくてはいけない。

 

涙ながらに攻撃と後退の指示をする姿には胸が刺される思いです。

 

死のふちに陥った無惨は、肉体を守るために肉で体を覆いましたが、その姿は巨大な赤ん坊。

 

動く時もハイハイをするようで、叫ぶ姿は赤ん坊が泣いているようにしか見えません。

 

本当に赤ん坊になってしまったかのように感じます。

 

生と死は隣り合わせとよく耳にしますが、死のふちに立たされた無惨がなぜこのような姿になったのでしょうか。

 

今まで死んでいった鬼達には、様々な過去、鬼となった経緯が明らかにされてきています。

 

今後、無惨に関しても色々と明らかになっていくのでしょうか。

 

しかし、油断をしてはいけません。

 

無惨の身体が崩れたのは確かですが、ほんの一部分。

 

そして、思い返してください。

 

無惨は自身の肉体を守るために、肉の鎧を身に纏ったのです。

 

その鎧が砕けたとして、本当に無惨自信が崩れたことになるのでしょうか。

 

無惨の身体の大きさからしたら、30倍以上の大きさになっています。

 

その一部が焼け焦げただけでは、全く安心できません。

 

炭次郎もまだ塊の中。

 

鬼殺隊の皆様には申し訳ないですが、無惨討伐完了まではもう少し時間がかかるのでは無いでしょうか。

 

<< 198話 一覧 200話 >>
鬼滅の刃を漫画BANKやpdfダウンロード以外で無料で全巻読める方法を調査!
本記事では、漫画『鬼滅の刃』の全巻を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法を調査しました...
鬼滅の刃1期アニメ動画をアニチューブやパンドラ以外で無料でフル視聴する方法を紹介!
本記事では、『鬼滅の刃1期』のアニメ動画を全話無料で視聴する方法を紹介いたします。 もちろんアニチューブやパンドラなどの違法動画サイトとは違って、安心して安全に無料視聴できる方法ですので、ぜひ参考にしていただければと思います。...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました