スポンサーリンク

ヒロアカ248話ネタバレ考察感想あらすじ!No.1ヒーローの教えとは?

漫画ネタバレ

2019年10月28日発売の週刊少年ジャンプ2019年48号で、248話が掲載されました。

 

いよいよデクにとっては二回目のインターンが始まります。

 

タイムリミットは読者とエンデヴァーとホークス、そして公安しか知りません。

 

しかし様々なことを経験してきたデクたちにとっても、いち早く人々を助けたいという思いが強いのでしょう。

 

かなり気合の入った様子でインターンへと臨みます。

 

前回で現状確認を終え、今回から活動開始と言ったところでしょう。

 

はたしてエンデヴァーはデク、爆豪、轟に何を伝えるのでしょうか?

 

本記事では僕のヒーローアカデミア248話「ひとつ、ひとつ」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

僕のヒーローアカデミア248話のあらすじネタバレ

最初はデクのモノローグから始まります。

 

二度目のインターンが始まり、彼の心の中にあるものが露わになります。

 

14歳で個性を授かったデクは、他のA組やB組のメンバーよりも遅れていると自覚していました。

 

手足を使ってどこに行こうか考えているクラスメートたちに対して、手足の動かし方を学んでいた、という表現には、彼のもどかしさや個性を貰って浮かれていた心への叱咤が伺えます。

 

そしてワンフォーオールの制御系である「フルカウル」を取得し、無意識下で使えるようになったのはつい最近のことです。

 

またその後にはかつての継承者たちによる6つの個性の出現が予言され、現在は一つの個性の制御すらままならない状態です。

 

この状況をデクは早く脱したいと考えていて、なんとか、この来る”何か”に備えなければと彼自身がとても焦っている様が窺えます。

 

そしてそんな中、当て逃げ犯を一人、エンデヴァーが確保します。

 

一足遅れて追いついた爆豪と轟はそのエンデヴァーの個性の使い方に驚くのです。

 

まず、攻撃として使っていたジェットバーンを推進力としていることです。

 

そして次に、そのジェットバーンの熱量を維持、または瞬間的に持っていくことを瞬時にやっていることです。

 

これらを爆豪は既に見ており、同じ個性を持つ轟は炎を使っていなかったためにようやく気付けたようです。

 

そして瞬時に街の地形を判断し、追い詰める判断力を付け加えるようにエンデヴァーは語ります。

 

それを聞くために、サイドキックは3人を先に行かせるのです。

 

冬は準備に時間がかかる、手に発生する汗を爆破の力に変える爆豪に対してエンデヴァーはそれを言い訳にすることの危険性を説きます。

 

授業で落ちるのは成績、そして仕事で落ちるのは人の命であると説くのです。

 

そしてエンデヴァーは爆豪と轟に同じ課題を課します。

 

溜めて放つ、力の凝縮を意識した課題です。

 

最大出力を瞬時に引き出すこと、力を点で放出すること、どちらかを無意識下で行えるまで反復練習を行うことを指示します。

 

そしてそれをデクがかつての徹甲弾と同じ要領であることを提案すれば、自分のものでもないのによく知る幼馴染みに、爆豪は気持ち悪さを露わにします。

 

そして、デクには瞬時に最大出力を放出する、いわゆるワンフォーオールのフルカウルはできていることから、それをエアフォースでの達成を指示します。

 

無意識下でできるようになれば並列思考の助けにもなる、とデクに対して説くのです。

 

努力なしにこれができる者、例としておそらくエンデヴァーの頭の中に浮かんだのはオールマイトだったのでしょう。

 

しかしエンデヴァーはデクと自分を重ね、そうでない者として扱いひたすら地道に積み上げることを説きます。

 

そして、安心して失敗しろ、と3人に告げます。

 

No.1ヒーローであるエンデヴァーにとって3人の失敗で仕事に影響することはない、と言い放つのでした。

 

そしてインターン開始後から一週間が経ちます。

 

轟の姉、冬美さんから夕飯のお誘いがエンデヴァーと3人にきます。

 

おそらくこの発言から現在冬休みであることが想定できます。

 

次回は轟家の確執や轟自身の和解が期待できます。

 

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア248話の感想と考察

前回あたりから、エンデヴァーへの認識が大きく変わりつつあるのではないでしょうか。

 

オールマイト引退前まではとにかくNo.2ヒーローという地位に不満を零す、分からず屋の轟の父、と言った様子でした。

 

しかしそんな影などほとんどなく、多少轟に対して過保護な一面もありますが、爆豪にもデクにも平等に指示を与え、目標を設定しているのを見ると、ヒーローとしての力はやっぱり抜群なのだと改めて思い知らされました。

 

轟と爆豪に関しては個性が似ていることもあり、その指示は的確であることが伺えます。

 

またその際にデクが爆豪に対しても解説じみたことをしているのも少しほほえましくていいですよね。

 

また、個性の種別が異なるデクに対しても、明確な指示を飛ばしているあたり、おそらくあらかじめオールマイトと似た個性であることを把握し、その下調べをしていたのではないかと考えます。

 

前回のセリフからも分かる通り、何かエンデヴァー自身がデクに感じ入るところがあるようなのも非常に気になるポイントでもあります。

 

<< 前話 一覧 次話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました