スポンサーリンク

約ネバ172話ネタバレ考察感想あらすじ!対話を試みようとするエマ

漫画ネタバレ

2020年3月23日発売の週刊少年ジャンプ2020年17号で、『約束のネバーランド』172話が掲載されました。

 

約束のネバーランド172話は、農園はエマ達にほぼ制圧され、王都もレウウィスによってソンジュとムジカの死刑が白紙になったので、ラートリーは敗北を受け入れます。

 

しかし、ラートリーはその代わりとして目の前に現れたエマを始末することで彼女が結んだ約束を無効して他の子供達を道連れにしようと目論み、少しずつ距離を詰めるのです。

 

そんなラートリーの思惑とは別にエマは話があると言いました。

 

果たして、エマは一体ラートリーと何を話すのでしょうか。

 

本記事では、約束のネバーランド172話『自由』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 171話 一覧 173話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

約束のネバーランド172話のあらすじネタバレ

敗北を受け入れたラートリーは目の前にいるエマを始末すれば約束は無効になり、他の子供達を道連れに出来ると思って少しずつ接近していきます。

 

エマと背後にいる子供達は警戒心を崩さないぞと言わんばかりに銃を構えているようです。

 

頼むから撃たないでくれと言いながら前に進むラートリー。

 

彼はこの戦いに負けたから自分の人生は終わりであり未来はないと思っていました。

 

そしてエマ達は変革と華々しい未来が待っているのに、自分は転落と地獄が待っているなんて理不尽だとラートリーは思っているようです。

 

どうせ地獄を見るくらいなら、エマ達諸共地獄送りしようとしていました。

 

少しずつゆっくり進みながら、何でもするし負けを認めるから撃たないでと命乞いをしながら前へと進みながらあと少しだと思っているラートリー。

 

しかし、銃を構えていたエマが銃を下ろして始末しに来たのではなく、話をしに来たのだと告げたのでラートリーは思わず驚きの声を上げました。

 

そして内心では一体何を言っているのだと感じているみたいです。

 

エマは自分達はラートリーやその関係者に対してどんな攻撃もするつもりはないから自分達を自由にしてほしいと要求しました。

 

話を聞いていたラートリーは自分を生かして話をするつもりとは何処まで甘いのだと心の中で馬鹿にしながら、接近を続けるようです。

 

時は農園に攻め入る前に遡ります。

 

ラートリーを許そうとエマが提案した際、食用児の一人はその提案を拒否し、エマに対してラートリーを同情しているのかと尋ねたのです。

 

対してエマはラートリーがしてきたことは許せないし、憎いとはっきり言いました。

 

食用児に酷い事をした事、農園のシステムを作った事等をひっくるめて許せないと言うエマ。

 

一旦現在に至ります。

 

しかし、だからと言って憎んだり恨んだり始末して解決するという連鎖にはエマはうんざりしているようです。

 

自分達はただ自由になって笑いたいために戦ってきたのだと、もう何者にも囚われたくないと言いました。

 

再び過去に遡ります。

 

本当は許せないけど許せる心を持つことが必要であり、例え話し合いにならないとしても対話を放棄をする気はないと言ったのです。

 

反発していた食用児は呆れながらも出来るところまでやろうと言ったので、まさか賛成されると思ってなかったのかエマは驚いているみたいです。

 

そうしたら他の食用児達も賛同し始めました。

 

現在に至り、目的を勝利と対話のために戦ったので、実際襲撃した鬼達は負傷こそすれども急所は避けられていたので生きていたのです。

 

鬼達も、ママ達も、初代ラートリーも、自分達も立場上命を奪ったりすることがあると思うが、立場を差し引いたら憎しみ合わずに済むのではないかとエマは言います。

 

エマはラートリーのしてきた事は許せないが、ラートリーなりに色々苦しんできたのは自分達と同じであり、皆で自由になろうと言ったのです。

 

そして1000年の苦しみを終わらせて一緒に生きようと手を差し伸べるエマに、ラートリーは気圧されているようです。

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド172話の感想と考察

エマらしいと言えばエマらしいですし、彼女の決意は子供はまだしも大人でもそう簡単には出来ません。

 

しかし、エマはここまで色々な事を経験してきたからこそ言える決意なのでしょう。

 

本当はラートリーの事は許せない思いがあるとは思いますが、許さないと自分の決意を実現できない上に許せる心を持たないと自由にはなれないと考えた末の結論なのだと思います。

 

このような考えに行きついたエマと彼女の思いを理解してくれた子供達は本当に大人な考えをしているなと思ってしまいましたね。

 

エマの考えを聞いたラートリーがどう行動するのか、気になるところです。

 

次回173話は、ラートリーはエマの言葉に納得したと見せかけて襲うのではないでしょうか。

 

今回の一件でラートリーはたかが食用児やシスターによって農園を制圧され、王都でもレウウィスによって処刑も無くなり、形勢が全部ひっくり返されたのでプライドはズタズタになっているだと思います。

 

エマが手を差し伸べたのを見て、今の彼からしてみれば勝者の余裕にしか感じられず、エマが語った言葉もあくまで子供が考える理想論だと思っている筈でしょう。

 

それ故に彼女の差し伸べた手を掴んだと同時に、不意を突いて始末しようとするのだと思います。

 

<< 171話 一覧 173話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました