スポンサーリンク

アルキメデスの大戦210話ネタバレ考察感想あらすじ!櫂vs東條 第一ラウンド開始!

漫画ネタバレ

2020年3月23日発売の週刊ヤングマガジン2020年17号で、『アルキメデスの大戦』第210話が掲載されました。

 

『アルキメデスの大戦』第210話は、米国との合意文書に記された中国からの「撤退」の二文字を巡って会議が紛糾します。

 

櫂が言い放った陸軍の中国からの撤退という米国との合意内容に当然陸軍は反発します。

 

特に東條はヒステリックなまでに断固拒否すると怒鳴り散らし、櫂も東條につられてつい大声をあげてしまう有り様。

 

陸軍のあまりに頑なな態度に、海軍大臣の吉田はそもそも論を持ち出します。

 

つまり、日中関係がこじれたのは陸軍が手を広げ過ぎたからではないかと。

 

この海軍の指摘に対して陸軍側は余計に感情的になりヒートアップ。

 

やがて会議場は陸軍vs海軍による不毛な言い争いの場と化します。

 

これを見かねた内閣総理大臣・阿部が仲介に入り、冷静になってこの「撤退」によって日本が得られるメリットをとにかく聞きましょうと、櫂を援護するのでした…

 

本記事では、『アルキメデスの大戦』第210話[満州の価値]のあらすじと感想を紹介していきます

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 209話 一覧 211話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

アルキメデスの大戦210話のあらすじネタバレ

櫂から陸軍の中国からの撤退が合意内容のひとつだと聞かされた東條は瞬時に激高。

 

「撤退」は到底受け入れられないと突っぱねます。

 

櫂が撤退は結果的に満州を守ることなのだと東條に話しますが、頭に血が上っているため東條は聞く耳を持ちません。

 

そんな態度の東條に引っ張られるように櫂まで声を荒げる始末。

 

この状況を見かねた内閣総理大臣の阿部が仲裁に入ります。

 

まずは冷静に櫂のいう「撤退」がなぜ満州を守ることになるのかを聞きましょうと。

 

 

櫂は米国を利用するのだと説明。

 

合意内容の第一項は中国からの撤兵。

 

そして第三項は満州と中国国境地帯への米国の駐在監視部隊派遣の容認。

 

つまり米国を使って中国の満州への干渉を防ぎ、尚且つ中国に展開させている百万の兵も復員させるのだと話して聞かせます。

 

間に米国を置くことで、日米vsソ連という共同戦線的構図を明確にし、さらに悩みの種だった中国匪賊の暴動も抑えられると。

 

 

櫂の話を聞き、阿部や近衛ら政府側は兵の復員を理由にあげれば、国民は撤退を納得するであろうという見解でした。

 

しかし、陸軍は明確で論理的な反論理由なく、ただ頭ごなしに承服しかねるの一点張り。

 

東條も陸軍大臣・畑も感情的になりすぎて合理的判断ができません。

 

そんな陸軍の態度を諫めようと、海軍大臣・吉田は陸軍は少し頭を冷やしたらどうだねと上から発言。

 

さらに吉田は、ここまで日中関係がこじれた原因は陸軍が手を広げ過ぎたからだと、そもそも論を持ち出して非難。

 

吉田に追随する形で山本までが、中国問題は陸軍の失態と無意味な戦局拡大にあると断罪。

 

中国との戦争収拾の目途すら立たない状況に陸軍はどうやって責任を取るつもりだと吉田と山本は詰め寄ります。

 

ここまで言われ放題言われても論理的に反論できない東条と畑は、中国は陸軍の専権事項だから海軍は黙ってろと怒鳴る始末。

 

こうして海軍と陸軍による醜い言い争いの場となってしまった荻外荘…

 

 

この会議場所を提供した近衛が大声で両者を諫めます。

 

もっと冷静になりましょうと話し、櫂から撤退による日本の利益を聞かせてもらいましょうと提案。

 

櫂は全て自分が考え米国とまとめた事にも拘らず、あくまで牟田口との共同案だと前置きし、南満州鉄道株式会社の日本が保有する49%の株式を米国に売却することを決めてきたと話します。

 

これを聞いて東條も畑も絶対にありえないと猛反発。

 

櫂は合理的に考えてもらいたいと説明します。

 

米国が満鉄株を買うという事は、事実上 満州を国として承認したも同然であり、満州に米国資本が投下されれば更なる発展も期待出来るのだと。

 

近衛をはじめ政府側は満州国開発の負担が軽くなること、国際的に評価も高まることなどから、この案を支持。

 

そして米国が株を14億円、米ドルで4億2千万ドルで購入することを櫂が伝えるとさらに政府側は色めき立ちます。

 

その理由は、日本の国家予算の約4割にも相当する額にありました。

 

これだけの米ドルが入れば外貨不足問題も一気に好転が見込めるからです。

 

 

櫂は政府側が合理的に考え、妥結案に賛成する雰囲気を感じ取ります。

 

これで海軍と政府は中国撤退問題に関しては自分の案に概ね賛成の様子、問題は陸軍。

 

櫂は陸軍が感情的であることを逆手に取ります。

 

 

満鉄株が高く売れたのは、それだけ米国が満鉄の価値を高く評価しているからですと説明。

 

満鉄の価値をこれほどまでに高めて頂いたのは陸軍の命を賭した努力の賜物であると熱く強調。

 

さらに櫂は陸軍側に深々と頭を下げ、陸軍の統治成功が理想国家建設の礎となりましたと感謝の意まで表します。

 

全ては陸軍のご尽力によるものですと。

 

東條ら陸軍側は、先ほどまでの小生意気な態度とは真逆の櫂の態度に言葉がありません。

 

空気を読んだ近衛は、政府も陸軍の努力のおかげだと思っていますと櫂をサポート。

 

我々の気持ちに免じて「撤退」の二文字を認めてはもらえないだろうかと陸軍側に伺いを立てます。

 

完全に場の空気に呑まれた陸軍大臣・畑は、やむをえませんなと「撤退」を承服するのでした…

 

アルキメデスの大戦を漫画BANKやrawやpdf以外で無料で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では、漫画『アルキメデスの大戦』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや星のロミなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

アルキメデスの大戦210話の感想と考察

完全に櫂の手の平で皆さん踊っていました。

 

おそらく櫂にとってはいくつかシミュレートした中のひとつに過ぎない展開だったと思われます。

 

東條もそれがわかってはいるようでしたが、やはり理論的、合理的に櫂の案を否定出来ない以上はどうにもなりません。

 

それにしても櫂の演者っぷりが見事でした。

 

合理的で隙の無い理論を振りかざし、小生意気な自分を徹底して印象付けさせておいて、次はひたすら陸軍の功績を称え感謝までする媚びっぷり。

 

政府側も陸軍の気質をどうやらよく理解しているようで、何ら打ち合わせもしていないのに即座に櫂に歩調を合わせましたよね。

 

あの辺はさすが大物政治家とも思いましたが、怖いなとも感じる場面でした。

 

ただ、東條にしたら絶対に「撤退」は承服出来ることではありませんので、何かしらの反対意見を出すハズです。

 

でも櫂相手に理論的な対決を挑んでも負けるだけですよね…

 

ひとつ危惧されるのが、この報告会議で櫂の妥結案が承認されたとしても、会議後、或いは会議中に櫂にスパイ疑惑が浮上したらどうなるんでしょうか。

 

スパイが決めてきた合意など認められるわけありませんよね…

 

櫂がピンチに陥るとしたら、このスパイ疑惑以外にないと思うので、もしかすると特高の藪本が近いうちに登場してくるのかもしれません。

 

<< 209話 一覧 211話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました