スポンサーリンク

ハイキュー387話ネタバレ考察感想あらすじ!遂に明かされる影山の過去!

漫画ネタバレ

2020年3月23日発売の週刊少年ジャンプ2020年17号で、『ハイキュー』387話が掲載されました。

 

ハイキュー387話は、アドラーズの影山は赤子の頃からバレーボールに興味を持ち、3歳からよく祖父がコーチをしているママさんバレーの練習に見に行きました。

 

小学2年生になっても、年頃の子供らしく他の子と遊んだり、テレビゲームをするわけでもなくただひたすらにバレーにのめりこんでいき、一番ボールに触れる事が出来るセッターを志したのです。

 

しかし、祖父が病気で命を落とした後は影山は最強の敵である日向と出会うまではたった一人でバレーを続けました。

 

本記事では、ハイキュー387話『最強の敵』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 386話 一覧 388話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ハイキュー387話のあらすじネタバレ

6年前、日向と影山が烏野高校バレー部に所属したばかりの際、菅原は日向に以前敵だった影山が最強の味方になったなと言いました。

 

それが今では再び敵同士になったと少しわくわくしているようでした。

 

時は21年と1か月前に遡ります。

 

まだ赤ん坊の頃の影山は姉である美羽のボールを取っていて、これは自分のものだと言わんばかりに舌でベロベロしているようです。

 

祖父である一与はすぐさま取り返そうとするも、大人顔向けの力でボールを握りしめて離そうとしない影山。

 

影山が3歳になった時、一与と共に体育館へと向かい、美羽が練習を行い、一与が指導をしている中でボールで遊んだりしていました。

 

試合の日になっても影山は体育館へと行こうとしており、一与は余りボールを触れないけどいいかと尋ねたのです。

 

そうしたら影山は体育館が好きだから構わないと言い、一与は何処が好きかと尋ねます。

 

影山は色と匂いだと答えると、一与は分かると言って影山と同じだと言ったのです。

 

小学2年生になり、リトルファルコンズと言うチームに所属する事になった影山は練習に励み、美羽や一与とも練習を重ねました。

 

ある日、チームメイトにゲームを持っていないかと尋ねられた際、持っていないと答える影山。

 

チームメイトはダサいと言ったので影山は思わずムッとしてしまったようです。

 

そんなある日、美羽は髪を切りたくないと理由からバレーをやめる事にしました。

 

因みに美羽の彼氏はそんなくだらない理由で辞めたのかと美羽に言っており、美羽からその話を聞いた一与はショックを受けたみたいです。

 

そのショックを隠すかのように自分の大事を一番分かっているのは自分だと言いました。

 

それからも影山は練習に励んでいましたが、一与は年のせいか付いていけなくなり始めていたのです。

 

そんな中、アドラーズとブラックジャッカルの試合を見ていると一与は影山にどのポジションがやりたいのかと聞きます。

 

そうしたら影山はボールが沢山触れる場所だと答えると、一与はセッターだと答えます。

 

話を聞いた影山は即座にセッターをやる事を決めたようです。

 

試合を生で見に言った際、一与は影山に練習と同様にメンテナンスも大事だと教えます。

 

初めての試合で影山は強力なサーブで試合を優勢に進めていましたが、点差があったのか影山はわざと弱いサーブを打ちました。

 

試合後、観戦していた一与は影山にどうしてサーブを弱くしたのかと尋ねたようです。

 

影山は沈黙を破って試合をもっとしたかったと答えると一与は強くなればもっと試合が出来て、強くなれば目の前に強い相手がいずれ現れると言いました。

 

その後、影山は北川第一中学校に進学し、及川の事を入院中の一与に話したのです。

 

それからも影山は強くなるために練習を重ねていきますが、やがてチームメイトと軋轢が生まれ始めてしまいます。

 

やがて祖父が病で命を落としてしまうと、影山はその悲しみを埋めるかのように練習を行った末、孤立してしまったのです。

 

しかし、時が流れて目の前にいる日向が最強の敵として立ち塞がったので、影山と一与の遺影は笑みを浮かべたようです。

 

ハイキュー最新刊含め無料で全巻全部読める?漫画BANKやhanascan以外で安全に読む方法を調査!
本記事では、漫画『ハイキュー』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKやhanascanなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、最...
スポンサーリンク

ハイキュー387話の感想と考察

今回の話で、初めて影山の過去が明らかになりましたが生まれた時からバレーボールが好きだったんですね。

 

他の事には眼もくれずにバレーボールを練習し続けていたから今では有名な選手になれましたし、日本代表にもなれたと言う事を踏まえると、努力は嘘をつかないと言葉が似合うと思います。

 

祖父が命を落とした後、影山は自分についてくるくらいのプレーが出来る選手がいない上に自分のプレーを見てくれる人もいなくなったから、一人で練習するしか無かったのでしょうね。

 

日向と及川がいなかったら、きっと挫折して辞めていた可能性もあったと思いました。

 

次回388話は第2セットが始まるのではないでしょうか。

 

今回の話は第1セット終了後から第2セットが始まるまでの繋ぎであると思います。

 

第1セットではアドラーズの選手達は今までデータに無かった日向のプレースタイルが把握できたのではないでしょうか。

 

日向は元々出し惜しみするタイプではないので、殆どビーチバレーで培ったプレーを存分に見せてくれたと思います。

 

面識があった影山、牛島、星海も今の日向の実力がどれくらいなのかを把握できたと思いますので、反撃してくるでしょう。

 

それは日向も同じことですので、第2セットでも驚くようなプレーを見せてくれる筈です。

 

<< 386話 一覧 388話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました