スポンサーリンク

ぼく勉152話ネタバレ考察感想あらすじ!試着室でハプニングが起こる!?

漫画ネタバレ

2020年3月23日発売の週刊少年ジャンプ2020年17号で、『ぼくたちは勉強ができない』152話が掲載されました。

 

ぼくたちは勉強ができない152話は、成幸は春にルームシェアを理珠と関城がしている事を知り、彼女達が住んでいる部屋には幽霊であるみさおがいる事を隠す事にしてから初めての夏になりました。

 

理珠の実家の仕事を手伝うために、水着選びをする事になりましたが成幸は理珠の水着姿を直視できませんでした。

 

そんな成幸を見た関城は彼を挑発させて、理珠と二人きりにさせました。

 

果たして、二人きりになった彼らにどんなハプニングが待ち受けているのでしょうか。

 

本記事では、ぼくたちは勉強ができない152話『[X]=機械仕掛けの親指姫編②』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 151話 一覧 153話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ぼくたちは勉強ができない152話のあらすじネタバレ

時は数か月前の春へと遡ります。

 

成幸は理珠の店でアルバイトをしているようです。

 

そんな彼の元に理珠と関城がやって来て、成幸にルームシェアを始めたと報告しました。

 

関城はいい物件が見つかったと興奮気味に語り、理珠もまた遊びに来てほしいと鼻息を荒くして言うのです。

 

因みにその物件は駅から徒歩4分でつけて、3LDK最上階角部屋で家賃2万円でした。

 

その説明と最近肩が重くなったと言う関城と悪寒を感じ始めた理珠の話を聞いて疑問に思う成幸。

 

気になったのである日、行ってみると部屋内には以前この部屋で出会ったみさおがいたので成幸とみさおは驚きました。

 

驚いた声を聞いて駆けつけた理珠達に成幸はノープロブレムと言って誤魔化したみたいです。

 

みさおはまた成幸と会えた事が嬉しいようです。

 

成幸は以前真冬と来た際に勝手に入っちゃ駄目と注意した筈と言います。

 

みさおは以前来た真冬とは恋人なのかと聞くと、成幸は先生であって恋人ではないと言ったのです。

 

そうしたらみさおは少し考えてから成幸の事をナリリンと呼ぶ事にしました。

 

彼女曰く自分に2回も会いに来てくれた人は初めてだからとの事です。

 

成幸は困惑しつつも彼女が幽霊なわけないからちゃんと紹介すれば理珠達と仲良くなれると思い始めた矢先、再度2人が現れました。

 

驚きながらも成幸は2人にみさおの事を紹介しようとするも、2人にはみさおの姿が見えませんでした。

 

みさおは自分の存在を強く意識しないと見えないのだと言うと、悪戯として理珠のスカートを下ろしました。

 

成幸はみさおを連れてお風呂場へと移動し、理珠の身に危険が及ばないようにみさおと頻繁に会うから悪戯をしないように約束したのです。

 

そして現在に至り、夏になりました。

 

みさおは成幸の肩に乗った状態で、理珠と関城と共にお出かけしていたのです。

 

成幸はみさおは地縛霊だと思っていましたが、みさおは部屋の住人と一緒なら何処でも行けます。

 

理珠は店が海の家に出張するのでその際に着る水着を買うために、皆を連れて服屋にやって来ました。

 

次々と水着を着ていく理珠。

 

小柄ながら豊満な胸を持っている理珠の姿に成幸は赤面し、関城は鼻血を出してしまったようです。

 

成幸が目を背けているのを見た理珠はもしかしてドキドキしているのかと笑みを浮かべながら言い、成幸は余裕だと言って誤魔化します。

 

この様子を見ていた関城はいい雰囲気だと鼻血を出しながら言い、みさおはジェラシーを感じていて、関城の事がまだ怖いと思っているみたいです。

 

成幸は理珠が別の水着に着替えている間、彼女を待っていると突然着衣室に引きずり込まれました。

 

その理由は鏡にホラーな顔をしたみさおが映っていたからでした。

 

そんな中、関城が来たので2人は着衣室のカーテンに隠れる事で難を逃れました。

 

買い物を済ませた4人は帰路についていたのです。

 

因みにみさおは関城の肩に乗っていました。

 

理珠はさっきのお返しだと言って成幸の小指を自分の小指で握りました。

 

ぼく勉を漫画BANKや漫画タウンやzip以外で無料で全巻全部を読める方法を調査!
本記事では、漫画『ぼくたちは勉強ができない』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん漫画BANKや漫画タウンなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法です...
スポンサーリンク

ぼくたちは勉強ができない152話の感想と考察

地縛霊であるみさおが普通に外出できる事には驚きましたね。

 

以前の場合は住人がいなかったせいで動けなかったけど、理珠と関城がいるおかげで自由に動けるのでしょう。

 

住人がいれば自由に動けることを考えれば、みさおは地縛霊の時期が長いのかもしれませんね。

 

次回153話は海水浴の話になりますので、かなりのサービス回になるかもしれないですね。

 

今回の話で水着選びや試着をしていたのでしょうから、間違いなく海水浴をしに行きますし、理珠の実家の手伝いもするでしょう。

 

スケジュールから考えて朝早く海水浴場へとやって来て、何時お客さんが来てもいいように早めにうどんの下準備をし、来るお客さん相手に対応していくのだと思います。

 

昼頃にはピークになって来ると思いますので、世話しなく働くのではないでしょうか。

 

昼を過ぎてしまえば、割と時間的に余裕が生まれると思いますのでその際に成幸達は海で遊ぶのではないかと思います。

 

地縛霊であるみさおも住人と一緒であるなら、普通に外出できる事が明らかになりましたので成幸達と一緒に行動するでしょう。

 

理珠とイチャイチャする成幸に嫉妬して、騒ぎを起こしそうな気がしますね。

 

<< 151話 一覧 153話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました