スポンサーリンク

首を斬らねば分かるまい20話ネタバレ考察感想あらすじ!地獄の果てで迎えてくれた人

漫画ネタバレ

2020年3月23日発売の週刊ヤングマガジン2020年17号で、『首を斬らねば分かるまい』20話が掲載されました。

 

『首を斬らねば分かるまい』20話は阿片中毒になり、変わり果てた姿の朝霧と再会した幸乃助。

 

もう助からないと言う達臣の言葉も聞き入れず、阿片中毒者の集落でもある『阿片窟』から連れ帰る事にしました。

 

本記事では、『首を斬らねば分かるまい』20話『朝霧の幸せ』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 19話 一覧 21話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

首を斬らねば分かるまい20話のあらすじネタバレ

変わり果てた朝霧に驚きながらも幸乃助は声を掛けますが、当の本人は意識も朦朧として覚えていないようです。

 

色男だし阿片一口で良いからこの身体を買ってくれと、着物をはだけて見せる身体には、以前の面影はありませんでした。

 

達臣はその様子を重症だと断言します。

 

全身がやせ細り青白く生気が抜け、食欲は減衰し不眠・幻覚・言語障害といった中毒者の症状そのものであり。もはや幸乃助を誰かも思い出せずただ死を待つのみだと達臣は現実を突き付けます。

 

それが、知らなかったとはいえ幸乃助が吸ってしまった阿片の恐怖であり、朝霧の姿をただ見つめます。

 

諦めろと言い放ち、達臣は馬車へ戻ろうとしますが、幸乃助は朝霧を車に乗せました。

 

助けられやしないという達臣の言葉にも耳を貸さず、以前達臣が買い上げた吉原の楼に置いて欲しいと頼みます。

 

以前、朝霧が働いていた吉原の葉桜楼の亀五郎に飼われていた方がまだ幸せだったかもしれないと、達臣は笑います。

 

籠の中の鳥ではあるものの、実の父親を殴る事も無ければ阿片中毒になる事も無かったわけで、この世のままならなさを幸乃助も痛感する事になりました。

 

無事に吉原の楼に着いた三人。

 

布団に寝かせながらも阿片が効いている今は、朝霧には小鳥が寄って来る幻覚が見えるくらいの調子の良さで快感に包まれている様子ですが、夜になれば阿片は切れて人間ではなくなると達臣は宣告します。

 

そして、幸乃助と朝霧は二人きりになり夜がやって来ました。

 

阿片の『禁断症状』は想像を絶する苦しみであり、頭痛・吐き気・全身の痛みと言ったありとあらゆる身体的不快感に襲われ続けます。

 

阿片を吸えばそれは治まりますが、同時にそれは再びやって来る苦しみへのその場しのぎにしかなりません。

 

理解していても身体は止められず、死ぬまで阿片を求めのたうち回り続けるという、阿片中毒者そのものの朝霧にも、決して退かない幸乃助は口づけします。

 

苦しみの中、朝霧はようやく幸乃助を思い出します。

 

吉原を出た後、女郎上りが一人で生きて行く事が出来なかったと話してくれました。

 

家も無く食い扶持も稼げず、一夜の宿を求めて身体を売る『夜鷹』になって行く中で阿片に出会い、暮らしの侘しさも阿片を吸っている時だけは忘れられたと朝霧は言います。

 

痩せこけたみすぼらしい身体と朝霧は自らの過ちを後悔しますが、幸乃助は美しいよと抱き締めます。

 

涙を流しながら、二人は身体を交え朝霧は幸せを実感しました。

 

そんな夜の一方では阿片の売買が行われており、その買い手は沙夜でした。

 

スポンサーリンク

首を斬らねば分かるまい20話の感想と考察

幸乃助の朝霧に対しての想いというのはどれほどなのかという所がポイントになって来ると思います。

 

一番好きなのは勿論洞門沙夜です。

 

誘われたからと言って誰とでも身体の関係を持つような男ではありません……と思いましたが拒否しているのは幼馴染の晴美だけで、あとは拒まない状態でした。

 

朝霧との関係は、達臣に連れて行かれた店でたまたま会い自分の初体験の相手だったという事でした。

 

それがきっかけとなり、脱女郎の為に幸乃助は奮闘しました。

 

今回もその流れで朝霧を助けようという事なのかもしれません。

 

幸乃助にとっては朝霧もまた沙夜とは別な意味での『大切な人』であり、人生を掛けるに値する存在なのかもしれません。

 

達臣に言われた通り、もしも幸乃助に合わなければ父親と喧嘩別れする事も無く、阿片中毒にもならず故郷に帰る事を夢見て日々生きる女郎として今も生きていたかもしれません。

 

朝霧の幸せを思って行動したものの、それが逆に不幸への架け橋となってしまった事で、幸乃助はその責任を感じているのかもしれません。

 

意識を取り戻した朝霧ですが、このまま治るほど阿片中毒は軽いものではないでしょう。

 

次回21話以降もどうなって行くのか楽しみです。

 

そして、最後に阿片売買を行う沙夜が描かれていましたが、その意図は果たして……というところから次は始まって欲しいです。

 

斬首刑から絞首刑へと時代が変わって行こうとしている中で、自分の生き方そのものを変えざるを得ない沙夜もまた、時代に翻弄される一人です。

 

だからと言って本人が阿片に興味を持つとは思えないので、次の展開に期待です。

 

<< 19話 一覧 21話 >>
首を斬らねば分かるまいを漫画BANKやzipやraw以外で無料で読める方法を調査!
本記事では漫画『首を斬らねば分かるまい』を無料で読むことができるのか調べてみました。 もちろん星のロミや漫画BANKなどの海賊版サイトやpdfやzipなどの違法ダウンロードとは違って、安心して安全に無料読みできる方法ですので、...



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました