スポンサーリンク

呪術廻戦99話ネタバレ考察感想あらすじ!釘崎VS呪詛師!怒りの七海!

漫画ネタバレ

2020年3月16日発売の週刊少年ジャンプ2020年16号で、『呪術廻戦』第99話が掲載されました。

 

「呪術廻戦」98話では、虎杖&伏黒が呪詛師・粟坂を撃破し、帳を壊すことに成功しました。

 

同じく、オガミ婆と戦っていた猪野は、禪院甚爾(とうじ)をその身に降ろしたオガミ婆の孫に手も足も出ないまま敗北。

 

伏黒に連れられ戦線を離脱します。

 

戦いを終えたオガミ婆は、言うことを聞かない孫の異変に気付きます。

 

オガミ婆の孫は禪院甚爾に身体を乗っ取られており、オガミ婆をその魔手が襲います。

 

そして、98話の終わりには、遂に頼れる脱サラ呪術師である七海がその姿を現しました。

 

本記事では、『呪術廻戦』第99話「渋谷事変⑰」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です

 

<< 98話 一覧 100話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

呪術廻戦99話のあらすじネタバレ

何者かに傷つけられ、倒れた伊地知を見て怒りを湧き上らせる七海。

 

同じくして、人間を襲って回る改造人間と呪霊を渋谷で迎え撃っていた真希、直毘人のもとに、釘崎と新田が駆けつけます。

 

新田の情報から伊地知が襲われたかもしれないと聞き、きな臭さを感じた真希は釘崎、新田に伊地知のもとへ向かうように指示を出します。

 

渋谷を駆ける釘崎と新田は、長髪の呪詛師と鉢合わせます。

 

その口ぶりから伊地知を襲った呪詛師であると推測した釘崎は、新田に戦う振りをして逃げるように進言し、一人で呪詛師と対峙します。

 

手が柄になっている奇怪な刃物を投げる呪詛師。

 

それをハンマーで払いのける釘崎。

 

呪具頼りの戦い方をする呪詛師は中距離タイプである可能性が高いと踏んだ釘崎は、迷わず懐に飛び込みハンマーを振るいます。

 

しかし、どういうわけか戦いの合間で呪詛師に、新田が逃げていることに気付かれてしまいました。

 

呪詛師を追った先で負傷し倒れる新田を見つけた釘崎。

 

倒れて動けない新田に蹴りの追い打ちをかける呪詛師。

 

怒りに任せて呪詛師に飛び込む釘崎でしたが、これまたどういうわけか弾き飛ばしたはずの奇怪な刃物が天井から降ってきて、そのまま釘崎を切りつけます。

 

切り傷自体は浅かったのですが、今度は手の部分が飛んできて、釘崎の顎にクリーンヒット。

 

動けなくなってしまった釘崎に、「俺の術式が絡むと、強いだけで勝てる世界じゃなくなる」と言い放つ呪詛師。

 

同時に、自分でも術式をよく理解していないことも漏らします。

 

釘崎は身体の自由を取り戻すために、少しでも時間を稼ごうと話を続けます。

 

お前達は何がしたいのかと問う釘崎。

 

五条悟を封印したいらしい、と他人事のように返す呪詛師。

 

時間を稼ぎたい釘崎は、お前達じゃなくお前自身は何がしたいのかと畳みかけて質問します。

 

「サッカーが大好きで大得意な人がサッカーの無い世界に生まれたらどうする?」

 

呪詛師は続けて答えます。俺が楽しければそれでいい、と不気味な笑みを浮かべます。

 

倒れて身動きの取れない新田を刃物で切りつける呪詛師。

 

我慢が出来なくなった釘崎は、時間を稼ぐのを忘れ、ふらふらした状態のまま呪詛師に襲い掛かります。

 

二人の決着が着くか着かないかというところで、物音がし、二人は動きを止めます。

 

物音の先に、怒りの形相をした七海が現れます。

 

「黒じゃないスーツも殺していいんだっけ?」

 

呪詛師が不気味に笑います。

 

スポンサーリンク

呪術廻戦99話の感想と考察

今回は、久々に登場した釘崎と呪詛師の戦いがメインのストーリー。

 

釘崎の新しい技が炸裂し敵を倒すのかと思っていましたが、一筋縄ではいかない展開になってきました。

 

呪詛師の術式も気になりますが、100話では合流した七海の全力戦闘が見られるかもしれないため、個人的にはかなりワクワクしています。

 

釘崎はスカッとする倒し方をするキャラじゃないので、七海の方が見応えがあります。

 

また、思いがけず復活した禪院甚爾が今後どのような役割を果たすのかも100話以降の重要な見どころだと思われます。

 

伏黒との親子再会もありそうですが、五条の封印を問いた後に因縁の再会、今後の倒すべき敵となっていきそうな予感がします。

 

禪院甚爾は五条の過去編で圧倒的な強さを見せており、当時の五条を追い詰めた唯一のキャラクターです。

 

術式や呪力が無いのに、驚異的な体術を武器に五条を追い詰めました。

 

私は今後、五条悟の封印はどうにか解くことが出来る、という予想をしています。

 

五条のキャラクターが強すぎて、退場してほしくないという想いがあるのも事実ですが、今後の展開を考えても五条はまだまだ必要なキャラクターです。

 

封印が解けると思うと、今度は夏油(中にいる何か)との戦いに話がシフトしていくと思われますが、特級呪霊たちとの戦いに区切りが着くと考えると、新たな敵として禪院甚爾が加わる構図は十分考えられると思います。

 

以上、引き続き100話以降も目が離せないですね。

 

<< 98話 一覧 100話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました