スポンサーリンク

ドメカノ266話ネタバレ考察感想あらすじ!獄中からの密告!

漫画ネタバレ

2020年3月18日発売の週刊少年マガジン2020年16号で、ドメスティックな彼女266話が掲載されました。

 

ドメスティックな彼女266話では、獄中の種部から週刊記者に一通の手紙が届き、小椚は種部に会いに行きました。

 

種部の思惑は何なのでしょうか。

 

本記事では、ドメスティックな彼女266話「種部ふたたび」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 265話 一覧 267話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

ドメスティックな彼女266話のあらすじネタバレ

種部は、会いに来てくれた小椚の行動の早さに感心しています。

 

小椚に記者としての今までの業績を聞き、不倫スクープだと小椚が答えると、種部はニヤリとした表情をします。

 

種部は社会の膿を取り除き、ジャーナリストの鏡だと小椚を褒めます。

 

本題に入り、種部の手紙に書かれていた、夏生についての話は何だと小椚は聞きます。

 

あの姉弟には、男女の関係があると話す種部。

 

自分が夏生を刺した時のことを振り返り、血が繋がってない兄弟なのに体を張ってまで助けるかと不審に思っていました。

 

種部は二人の関係が分かる写真も持っており、それだけを世間に公表してもいいが、もっと何かマズいことをしていると確信しています。

 

教師だった陽菜の不自然な異動が怪しいと目をつけ、その時に夏生と関係を持っていたと考える種部。

 

陽菜は辞職したのに、夏生は作家デビューをし、自分も二人に嵌められ利用されたと話します。

 

今話題になっている夏生に、こんな話題があればきっと大ニュースになると、種部は小椚に託します。

 

 

小椚は会社に戻り、上司に夏生と義姉との関係を話すと、事実なら大スクープだと裏取りをしっかりして来いと頼まれました。

 

陽菜の勤務先のホテルに現れた小椚は、夏生の特集の為にと嘘をつき、陽菜に話を聞きかせて欲しいと声を掛けます。

 

陽菜は夏生の取材だとドキドキしながら、気合が入っていました。

 

小椚は普通の取材と同じように、夏生がどんな人かと質問すると、陽菜はすごい勢いで話し始めます。

 

結構な時間話し続けた陽菜にお礼を言った小椚は、陽菜の仕事の経歴について聞きます。

 

何も疑ってない陽菜は、前職の教師のときのことを素直に話します。

 

小椚は最後にと、夏生のことをどう思っているか聞くと、陽菜は愛する自慢の家族だと笑顔で答えます。

 

 

次に小椚が向かったのは、夏生の高校でした。

 

帰宅しようと校門から出てきた桐谷に声を掛け、陽菜のことについていくつか質問をし始めます。

 

陽菜の不自然な異動について、噂程度でもいいから何か情報はないかと聞きますが、桐谷は何も知らないと断ります。

 

小椚は陽菜の生徒との関係について触れ、情報をくれたら謝礼金を弾むと煽ります。

 

桐谷は立ち止まり、出版社として品性を欠くことをやめなさいと怒ります。

 

凄い剣幕に圧倒された小椚でしたが、すぐ他の教師に取材を始めます。

 

 

小椚は陽菜の異動先の伊豆大島まで足を運び、そこでも高校の前で取材をしていました。

その次は大学にも行き、お金をだしてまで情報を集めた小椚。

 

 

再び種部と面会し、種部は明らかな小椚の表情の違いに気づきました。

 

小椚は一枚の写真を種部に見せます。

 

その写真は、二人の関係がバレた修学旅行の写真でした。

 

スポンサーリンク

ドメスティックな彼女266話の感想と考察

種部からの復讐劇が始まりそうです。

 

獄中にいても、外の情報は分かるんですね。

 

夏生たちの幸せを壊すのは、またしても種部です。

 

どれだけ種部の闇は深いのか、かなりゾッとしますね。

 

かなりプライドが高いんでしょうね。

 

プライドが高い人は、自分のプライドが傷つけられたと思い、復讐心が強いですよね。

 

確かに今の夏生に陽菜とのことが世間のニュースに流れたら、すごい大ニュースになるでしょう。

 

私としては、二人は血が繋がってないし、家族になったのは自分達の親が決めたことなので、別に関係を持ったとしてもおかしくないと思います。

 

家族になったから、そういう感情は消すべきと急にはできないし、色々あってもその人の人生であり、大人になった今、それぞれが幸せに過ごせているのなら問題はないと思います。

 

ただ、そうゆうことを不潔だ淫らだと、人の考え方や価値観に納得できずに騒ぐ人が沢山いるので、騒がれるのは間違いないでしょうね。

 

夏生は普通の一般人なので、この記事をもみ消すことも出来ないでしょう。

 

このまま夏生の小説家人生も、幸せな家庭も種部の密告によって崩れていくのでしょうか。

 

誰でもいいから、救世主が現れて欲しいと願うばかりです。

 

次回の小椚と種部の行動が気になります。

 

<< 265話 一覧 267話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました