スポンサーリンク

約ネバ171話ネタバレ考察感想あらすじ!レウウィス登場で形勢逆転!

漫画ネタバレ

2020年3月16日発売の週刊少年ジャンプ2020年16号で、『約束のネバーランド』171話が掲載されました。

 

約束のネバーランド171話は、エマ達から逃げ出したラートリーは何とか味方を呼ぼうとするも呼べず、何かを考えようにも閃かない状態にありました。

 

そんな中、王都から連絡が入り、レウウィスが現れてムジカとソンジュの処刑を止められた事、レウウィスが真実を話した事を知らされるのです。

 

それ故に計画は破綻し、今度こそ自分は敗北したのだと察しますがそれでもただではやられないと言わんばかりにエマ達を道連れにしようとしていました。

 

本記事では、約束のネバーランド171話『敗北』のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 170話 一覧 172話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

約束のネバーランド171話のあらすじネタバレ

敗北を認められないラートリーは恥もプライドも掻き捨てながら逃げ出していました。

 

そんな中でも何か手立てがあるはずだと考え、王兵に連絡をして援軍を寄越すように言ったのです。

 

連絡に出た王兵は援軍を出したくても外橋を壊されているから動けないと、今全力で方法を探っていると答えました。

 

対してラートリーは言い訳せずに鳥でも蝙蝠でも食って飛べと激怒しながら言い、人間の癖にその暴言は何だと言わんばかりに王兵はカチンと来たのです。

 

ラートリーは電話を切ると役立たずと罵ると目の前にシスター達が現れ、別の場所からもシスターが現れたので彼はかなり苛ついていました。

 

逃げながらもシスター達の心臓のチップを起動させようかと、保管庫の食用児を利用しようとも考えますが全てシステムを復旧させないと不可能だったのです。

 

そんな中、電話が鳴ったのでラートリーは出ると王都で起こった出来事に思わず呆気にとられたかのような声を上げます。

 

時は少し遡り、王都ではソンジュとムジカが国賊として処刑されようとしていたのです。

 

ソンジュは無念の表情をしており、ムジカは心の中でエマ達に謝っていました。

 

早く処刑しろと唸り声を上げている皆だったが、ある人物が出現した事で静まり返ったのです。

 

その様子に処刑人の疑問に思い、生き残った五摂家の家来衆はその人物の姿を見て騒然としました。

 

その人物の正体はレウウィス大公だったのです。

 

王兵達は行方不明だったのではなかったのかと思いながら跪き、生きていたのかと聞きます。

 

対してレウウィスは自分は命を落としたと思っていたが意図せず生きていたと答えたのです。

 

そして周囲の状況を確認すると大体の事情を察したレウウィスは自分が留守中に五摂家の家来衆が随分と偉くなったものだと、ラートリーに乗せられてしまうと嘆かわしいと言いました。

 

そしてレウウィスは視線をソンジュに向けると久しぶりだと言って、彼を斬りつける事で邪血を噴出させたのです。

 

レウウィスはこの地は病毒の忌み嫌われた血だと説明すると共に、それを飲み干したことで民衆は騒然としました。

 

レウウィスは邪血は病毒ではなく自身の姉であるレグラヴァリマの出任せであり、人を食べずに退化を避けられる奇跡の血だと説明したのです。

 

しかし、700年前にレグラヴァリマは民衆を支配するために邪血を持つ者達に無実の罪を着せて始末した事をレウウィスは伝えると民衆は驚きます。

 

そして今も同じことを繰り返そうとしている事を滑稽だと断じるレウウィスは2人を英雄を讃えるのでした。

 

ソンジュはレウウィスは政、民の苦しみ、正義などに一切興味のない男なのを知っているので何故このような事をするのかと聞きます。

 

レウウィスはらしくないと言いつつ、ラートリーの言いなりになるようでは支配体制は限界であると、エマ達と出会った際に考えを変えたと言うと、真の賊は女王と五摂家であり、処刑を直ちに中止して現政権の幹部を捕らえるように命じたのです。

 

その事を電話を通じて聞いていたラートリーは負けた事を認めました。

 

そんな中、エマが一人で現れ、彼女を見たラートリーは約束を結んだのはエマであると食用児から聞いていたので彼女を始末して約束をご破算にして食用児を道連れにしようとするのでした。

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド171話の感想と考察

 

エマ達は問題なく制圧している裏側で、捕まったムジカとソンジュはどうなっているのかずっと心配していました。

 

今回の話で処刑されそうになりましたが、レウウィスが来てくれたおかげで何とかなって良かったです。

 

鬼の王家出身であり、大公でもあるレウウィスだからこそ皆彼の言葉を受け入れたのだと思います。

 

あと残るはラートリーを何としても倒すだけですので、悪足搔きを起こす前に捕まえてほしいです。

 

次回172話はラートリーが懸命に抵抗するのではないかと思います。

 

ここまで負けたという事実を受け入れる事をせずに、ラートリーはただひたすらに逃げて逃げましたが何もいい案が思い浮かばず、援軍も得られない状態にあったのです。

 

しかも追い打ちと言わんばかりに今にも処刑寸前だったムジカとソンジュがレウウィスの手によって救われ、しかも真実までも話されてしまいましたので敗北したのだと遂に受け入れました。

 

しかし、ラートリーはただで負ける気はなく、エマ達を巻き添えにしようとしていました。

 

もしかしたら農園ごと木っ端微塵にしようとしているのかもしれませんね。

 

追い詰められている人物程、危ない事を考えている可能性が十分にありますので、木っ端微塵にする可能性もあるでしょう。

 

<< 170話 一覧 172話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました