スポンサーリンク

ヒロアカ264話ネタバレ考察感想あらすじ!非情なまでのヒーローの決断

漫画ネタバレ

2020年3月16日発売の週刊少年ジャンプ2020年16号で、僕のヒーローアカデミア264話が掲載されました。

 

263話は、最前線で活躍する上鳴の姿が描かれました。

 

A組の仲間たちと離れ、常闇と共に前線に駆り出されている上鳴が、ミッドナイト、そして常闇の言葉によりはたと何をするべきかを気付き、チャージズマとして覚醒したのです。

 

ヒーローとしての自覚を覚えていく雄英生に比べ、トゥワイスをだましながらも正義を貫くホークスとの対比がとても熱い回でした。

 

本記事では、僕のヒーローアカデミア264話「One’s Justice」のあらすじと感想を紹介していきます。

 

※ここから先はネタバレ注意です。

 

<< 263話 一覧 265話 >>

 

スポンサーリンク

 

\ 最新話も最新刊も無料試し読み!/

31日間の無料トライアル期間中に解約すれば、月額利用料は一切発生しません。
登録・解約方法を事前にチェック

 

僕のヒーローアカデミア264話のあらすじネタバレ

上鳴が前線にて活躍しているころ、アジトから各方面に離れた場所にアジトへとつながる地下鉄の入口のようなものが複数ありました。

 

ヒーローたちはそこにも張り込み、しっかりと細工を仕掛けたのです。

 

そのアジトの地下神殿は行動となっていて、リ・デストロを称える声が響いていました。

 

それとタイミングを同じくして側近がリ・デストロいn近付きヒーローの襲来を告げます、

 

するとにこやかだったリ・デストロの顔から仮面が剥がれるかのように笑顔が消え、恐ろしい表情が露わになりました。

 

一方、活躍を見せる上鳴に、ヴィランが電圧を上げて何ボルトまで耐えられるのか、と保くそ変だとき、「忍法千枚通し」とエッジショットが動きます。

 

同時にミッドナイト、シンリンカムイが敵を拘束、無力化していきます。

 

さらに襲い来るヴィランの足元を揺らがせるのはB組の骨抜柔造、マッドマンでした。

 

そして足を取られたヴィラン達を襲ったのは数々の胞子とキノコでした。

 

これも同じくB組の小森希乃子、シーメイジの活躍です。

 

彼らは広域制圧に適した個性を持つために上鳴と同じく最前線に立っていたのです。

 

あとは任せろ、とギャングオルカが飛び出し、戦闘向きのプロヒーローたちが事態の収束に乗り出したのです。

 

ところが変わり、ホークスはまるでいつものように話していました。

 

襲撃日時は剛翼を使った暗号であるとか、そういったネタばらしをたんたんとトゥワイスに語り掛けます。

 

会議前に解放思想のおさらい、と誘い出し、二倍の個性を持つトゥワイスにはひと時の猶予も与えずに監視する必要があったことも伝えるのです。

 

そこでトゥワイスは「いつもこうだ」と思い返すのです。

 

八斉會をはじめとするオーバーホールとの関係の差異も、いつもトゥワイスが不用意に相手のことを仲間だと信用したからこそ最悪の事態を招いていたのです。

 

信じてあげないとかわいそう、そんなヴィランらしからぬ優しい心根の彼がいつも信じてあげたからこそ、ホークスもこうして内部の調査をすんなりとできたのです。

 

だからこそ、ホークスはトゥワイスにありがとう、と言いながらも彼を許すことはしませんでした。

 

そしてやりなおそう、と声をかけるホークスにトゥワイスはとうとう切れるのでした。

 

俺のことなんてとっくにどうでもいい、そう叫んだトゥワイスはホークスに「分倍河原」と本名で呼ばれてもその怒りを止めることはしませんでした。

 

貴方とは戦いたくない、とつらそうな表情をするホークスに、トゥワイスはてめぇの都合だろう!と叫んで個性を発動するのでした。

 

それをどこかで見ながら、荼毘はニタニタと笑います。

 

お前は悪くない、悪いのはいつだって屑どもだ、とヒーローたちを嘲笑って、彼は戦闘が繰り広げられている場所から遠ざかり、どこか別の場所を目指しているのでした。

 

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア264話の感想と考察

あまりにも苦しい展開に、言葉を失いました。

 

利用する立場であっても、ホークスはトゥワイスを少なからず気にかけていたし、抵抗さえしなければ彼を自分のヒーロー事務所に入れて経過観察をするくらいの気持ちはあったのではないかとすら思えるような表情でした。

 

正直、ホークスにとってはヴィラン連合などただのせん滅対象でしかなく、過去の「貴方は良い人だ」というトゥワイスへの賛辞も皮肉めいたものかとおもっていました 。

 

しかしあれはホークスの本心であり、この期に及んでトゥワイスと戦いたくないという気持ちを持つほど、トゥワイス、強いては分倍河原本人に愛着、ないしはそれに近しい感情を持っていたのだと考えられます。

 

それはトゥワイスも同じであり、哀れな行進(サッドマンズパレード)に登場する彼の分身はみな一様に泣いており、その心の傷の深さがうかがえます。

 

ヒーロー社会の光と闇を見ているかのような展開が前回から続いていますが、こういうっ描写までしっかりと入れることは、多角的な視点で社会を見る必要性を改めて感じます。

 

ヒーローがすべて正しいのか、という問いに対して、このヒーロー漫画において問いただすのは違うような気がしますが。

 

それでも、私はホークスのことを信じたいですし、トゥワイスにはホークスのよき理解者として共にいてほしいと思います。

 

荼毘の目論見も見えてくる次回以降のヒロアカも楽しみですね。

 

<< 263話 一覧 265話 >>

 



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました